2018年06月11日

2018高校親善試合 花巻東-関東一

花巻東vs関東一.JPG   花巻東vs関東一 試合結果.JPG


6月3日 江戸川区球場 試合時間 2時間20分

___000 000 000=0  4安打、1四_球、1失策
___100 310 00X=5  7安打、8四死球、1失策
(花) 田中〈3回1/3〉、佐藤靖〈2/3回〉、伊藤〈4回〉-佐藤千
(関) 藤本〈6回〉、畠山〈3回〉-石𣘺

▽二塁打  齋藤、宮田、冨樫(関)


関東一は初回、一死一・三塁から4番石𣘺(#2)の左前適時打で1点先制。
4回は一死二・三塁から6番宮田(#6)の右越え2点適時二塁打と満塁から
の押し出し四球で3点。5回は相手バッテリーエラーで5点目を挙げ、着々と
リードを広げていく。投げては、藤本(#1)、畠山(#10)の投手リレーで花
巻東打線をわずか4安打に抑え込んで得点を許さず、5-0で関東一が花巻
東を降した。


初回、関東一の先頭打者・齋藤(#8)の打ったあたりは左中間へと落ちるヒ
ットとなったが、齋藤は一塁を回ってもスピードを緩めることなく一気に二塁を
陥れた。花巻東の内外野は齋藤が二塁まで走ってくるとは全く思っていなか
ったようで、相手の隙を見事についた好走塁だった。

花巻東は長距離遠征の疲れもあったのか、攻守にやや精彩を欠いていたか
な。投手は3人登板したが、4連続を含む8四死球を与える乱調ぶりで5回ま
でに5失点。打線のほうは、3回一死一・三塁の場面でスクイズを仕掛けるも
投飛併殺でこれを潰すと、後はチャンスらしいチャンスも作れずに完封負け。
今春の岩手県大会で優勝してきた実力の片りんを見せることはできなかった。
posted by hiro at 00:23| Comment(0) | 野球観戦(高校) | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

2018J2 千葉 vs 山口

2018年6月2日(土)
J2リーグ第17節(フクダ電子アリーナ) 観客 9,787人

ジェフ千葉   (前半2-1、後半0-1)   レノファ山口FC


2-1と1点リードで迎えた後半アディショナルタイム、DF6前貴之にヘデ
ィングシュートを決められ、土壇場で同点に追いつかれてしまった。前の
ゴールは、6分あったアディショナルタイムの4分のところで決まったゴー
ルだった。同点後もさらに攻勢に出た山口に決定機を作られたが、シュ
ートはゴールの枠にいかず、事なきを得た(←実は一昨年のホームゲー
でも同じようなことがあった)。あわや勝点1どころか0になってもおかし
くないところだった。


攻撃は非常にいい形を作れていたとは思うけれど、やはり取るべきとこ
ろで取らないとこうなってしまうという典型的な試合だった。一昨年ジェフ
に在籍していたGK44藤嶋栄介の好セーブ連発にしてやられたというの
もあったんだけどね。藤嶋はジェフ在籍時、試合に出られそうな状況のと
きにけがをして出場機会を失うという不運に見舞われ、結局年間の試合
出場は0に終わった。でも今こうして山口で正GKとして活躍しているとい
うのは、敵ながらうれしいことでもある。藤嶋自身もフクアリのピッチに立
つことができて、思うところはあったんじゃないだろうか。


藤嶋に対してはおおむね歓迎ムードだったジェフサポーターも、現在J2
得点ランキングでトップをひた走るFW19オナイウ阿道には試合中もブ
ーイングを浴びせ続けた。一昨年オフ、ステップアップのために浦和レッ
ズへと移籍していったのに、今シーズン、J2山口へのレンタルという形
で敵としてフクアリへと戻ってきたわけだから、ブーイングされても仕方
ないと言えば仕方ないわ。でもまあ浦和に移籍した時点で、いずれJ2
チームにレンタルされてジェフと対峙することになるんだろうなというの
は概ね予想できたけどね。

試合では一番点決められたくない選手だったわけだけど、きっちり恩返
しの1ゴールを決められてしまった。「身体能力の化け物」という印象そ
のままに、後半もゴール前に飛び込んできて打点の高いヘッドを放ち、
シュート自体は決まらなかったけれど、「阿道怖いわ、なんだよお前…」
と強烈な印象を植え付けられた。せめてもの救いは、試合終了間際で
地獄に突き落とされた同点ゴールが阿道の得点ではなかったことかな。


試合を通じての決定機と被決定機の数を考え合わせると、ドローという
結果はむしろ妥当だったのかもしれない。ジェフも第11節の甲府戦と第
15節の横浜FC戦では、後半アディショナルタイムの同点ゴールで相手
から勝点2を削り取ってきたわけで、この試合ではそれを逆に山口にや
られてしまったということだ。山口は勢いがあって強かった。上位に位置
しているのも理解できる、そういうチームだった。


関連記事
「2017J2 千葉 vs 山口」  「2016J2 千葉 vs 山口」
posted by hiro at 23:58| Comment(0) | サッカー(2018ジェフ) | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

2018千葉県大学春季二部三部入替戦 千葉大-日大生産工

千工大茜浜運動施設.JPG   千葉大・鈴木智博投手.JPG
_________________千葉大 鈴木智博 投手(3年・水戸一)


6月2日(1回戦) 千葉工大茜浜球場 試合時間 2時間46分

日大生産工学部 (二部6位)_401 000 121=9  14安打、9四死球、0失策
____大 (三部1位)_120 500 000=8  12安打、3四_球、4失策
(日) 高須〈3回1/3〉、城下〈4回2/3〉、水科〈1回〉-長谷川
(千) 田口〈4回〉、鈴木智〈3回〉、小島〈1回〉、赤宗〈1回〉-武政

▽三塁打  藤代(日)、中田(千)
▽二塁打  鈴木2、藤代、女屋、依田(日)、田中隆(千)


日大生産工学部
(8) 寺牛(東海大浦安1)
(6) 清野(浦和学院4)
(4) 鈴木(日大山形4)
(5) 伊藤(千葉黎明3)
(7) 依田(甲府工4)
(9) 藤代(成田1)
(D) 女屋(新居浜西3)
(2) 長谷川(松戸六実2)
(3) 菅谷(志学館2)
(P) 高須(鉾田一2)→城下(拓大紅陵2)→水科(丸子修学館3)

__
(8) 田中隆(東邦大東邦2)
(2) 武政(幕張総合3)
(3) 小池(浦和3)
(9) 芝田(市川4)
(7) 中澤(三条3)
(D) 中野(日大習志野2)
(6) 小埜田(都立城東2)
(5) 田中利(新宿3)→H 飯田(秋田南1)→5 鈴木健(千葉東2)
(4) 中田(船橋2)
(P) 田口(斐太2)→鈴木智(水戸一3)→小島(桐朋3)→赤宗(小石川2)


8-8の同点で迎えた9回表、日大生産工は一死二塁から3番鈴木がセン
ター左へと運ぶ適時二塁打で1点勝ち越し。9回裏は、この回からマウンド
に上がった3番手の水科が三者凡退に抑えて試合終了。日大生産工が両
チーム2ケタ安打の乱戦を制し、二部残留に王手をかけた。


両校ともに先発投手が5回まで持たずに継投へと入ったが、2番手以降の
投手の出来の差が明暗を分けた試合だった。日大生産工の2番手・城下は、
登板直後は連続四球の後に適時打を浴びたりと先が思いやられるような内
容だったが、5回以降の4イニングは2安打無四球無失点と見違えるような
投球を見せた。日大生産工が勝てたのは、この城下が粘り強く投げ続けて
追加点を与えず、ギリギリのところで踏みとどまれたのが大きかったように
思う。一方の千葉大は、試合を引っ繰り返して3点リードした5回から継投に
入ったが、登板した3人がいずれも失点を重ね、リードを守り切れなかった。

同点の9回表一死二塁、打席には日大生産工の3番鈴木。カウント1ボール
2ストライクから千葉大の4番手・赤宗が投じた4球目はコース・高さとも申し
分なくビシッと決まったストライクに見えたが、球審の手は上がらず。直後の
5球目を鈴木はセンター左へと弾き返し、この適時打が決勝点となった。赤
宗にとっては「最高の一球」で三振を取り損ねたのが悔やまれるところだろう。


2回表一死一・二塁のとき、二塁塁審から千葉大の投手に対して「20秒ル
ール違反」が宣告され、球審が千葉大側ベンチに警告を発するという出来
事があった。20秒ルールが適用されたのを見たのは初めてだった。「20
秒ルール 野球」でウェブ検索かけると、トップに日本野球連盟(JABA)の
ページがヒットするんだけど、社会人野球と同じ規則が大学野球にも適用
されているとのこと。今回は走者ありだったので警告のみだったけれど、
走者なしの場合は直ちに1ボールが追加されることになるようだ。
posted by hiro at 17:47| Comment(0) | 野球観戦(大学) | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

2018J2 千葉 vs 熊本

熊本のユニが赤と黒の縦じまというコンサドーレ札幌みたいなものに
変わってた。胸には「白い恋人」ではなく「Hirata」と入ってたけど(胸
のHirataは平田機工株式会社という熊本市にある地元企業らしい)。


2018年5月27日(日)
J2リーグ第16節(フクダ電子アリーナ) 観客 12,440人

ジェフ千葉   (前半1-1、後半2-0)   ロアッソ熊本


試合序盤は熊本の組織的な守備の前になかなか縦にパスを入れられ
ず、攻めあぐんでいるうちにFW9安柄俊に先制ゴールを決められてし
まった。安のゴールはゴール前に入れられた弾道の低いクロスに左足
をしっかり合わせた技ありのゴールだった。3年前ジェフにいたときはあ
んな器用なことできなかったのにな(苦笑)。ゴール決められたこと自体
は悔しいんだけど、熊本で元気にやってるようで何よりだわ。

ジェフは、中ではね返せばというのがあるにしても相手選手にクロス簡
単に上げさせ過ぎなのよね。今回の失点シーンにしても、右サイドから
ノープレッシャーでクロス上げられて、安にGK前に入られてやられてし
まったわけだし。


ジェフはごくまれにワンタッチで効果的にパスをつないで見事な崩しを
見せることがあるんだけど、そういうときはフィニッシュがダメで決まら
ない。「ジェフもこんな選手が連動した組織的な崩しができるんだ」と
妙なところに感心してしまったが、実際点が入るときはこういうきれい
な形ではないことのほうが圧倒的に多い。前半34分の同点ゴールは
FW9ラリベイがヘッドで落としたころに、DF5増嶋竜也がGKよりも先
にボールに触ってゴールへ押し込んだという泥臭い形での得点だった。

同点に追いついて流れを押し戻したジェフは、後半開始早々にラリベ
イのゴールで勝ち越しに成功。このゴールは、MF6山本真希がゴー
ル前に送ったクロスボールをFW50指宿洋史がダイビングヘッド。
ヘディングしたボールはゴールの方向ではなく横並びでいたラリベイ
の足元に収まり、ラリベイの勝ち越しゴールが生まれた。指宿のヘッ
ドはシュートだったんだろうけれど、結果的にはアシストという形でゴ
ールへと結びついたのだった。


1点リードのまま試合は終盤を迎え、そろそろ1点を守る形にシフトし
てもおかしくないなと感じていた後半43分。ジェフは相手ペナルティ
エリア内に侵入したFW8清武功暉が、自分でシュートを撃つかと思
いきやゴール前へとパスを送る。これをMF21ホルヘ サリーナス
トラップ後に左足を一閃してゴール隅へと決め、試合を決定づける3
点目。サリーナスは来日2年目にしてうれしいJリーグ初ゴールだっ
た。サリーナスが昨年からなかなか試合に出ることができず、苦しい
時間を過ごしてきたことをサポーターはみんな知っているので、本人
はもとよりサポーターにとっても喜ばしいゴールだったのではないか
と思う。


関連記事
「2017J2 千葉 vs 熊本」 「2016J2 千葉 vs 熊本」
「2014J2 千葉 vs 熊本」 「2013J2 千葉 vs 熊本」
「2012DAKKANジェフ vs熊本」 「2011J2 ジェフ千葉-ロアッソ熊本」
posted by hiro at 23:55| Comment(0) | サッカー(2018ジェフ) | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

トヨタ自動車東日本、全国の舞台へ

◆都市対抗野球東北地区第2次予選 ▽第1代表決定戦
トヨタ自動車東日本4―2日本製紙石巻(6日、岩手県営)

_創部当初から指揮を執る三鬼賢常監督(56)は「13人で始まって、
2年目に21人。その後、ようやく24人前後になった。環境も整わない
中で、選手が戦えるチームにしていくために、勝つためにどうするかを
考えてくれた。苦しい思いをかみ締めてきたから、苦しい試合をものに
できた」と選手たちをねぎらっていた。


*スポーツ報知のウェブ記事から一部抜粋



三鬼監督が述べている13人のときの公式戦初試合を見た自分から
しても、「6年でここまで登り詰めてきたかあ」と感慨深いものはある。

東北第1代表として東京ドームに乗り込んでくるトヨタ自動車東日本。
臆することなく全国の舞台で暴れまわってもらいたいなと思う。


関連記事
「2012岩手県連盟定期戦 盛岡大-トヨタ自動車東日本」
「2012トヨタ自動車東日本 硬式野球部 選手一覧」
「2013トヨタ自動車東日本 硬式野球部 選手一覧」
「2016オープン戦 トヨタ自動車東日本-関東学院大」
posted by hiro at 23:53| Comment(0) | 社会人野球 | 更新情報をチェックする