2016年12月03日

こんな形での別れはつらすぎるわ

2012年にセレッソ大阪、13〜14年はジェフ千葉に在籍したブラジル人
FWのケンペスが、現在在籍していたシャペコエンセの選手たちを乗せた
飛行機の墜落事故に巻き込まれ、命を落とした。ケンペスはジェフに所属
した2シーズンの77試合で38得点を挙げる抜群の決定力を見せてくれ
た選手だった。

今回の件を受けて、ケンペスが在籍した2シーズンにおいて自分が書い
てきたジェフの試合の記事をもう一度見直してみた。そして目にとまった
のが以下の2試合の記事だった。


2013年5月3日(金)
J2リーグ第12節(フクダ電子アリーナ) 観客 10,296人

ジェフ千葉  2 (前半0−0、後半2−0) 0  愛媛FC

そうして攻勢に転じられるようになったところで先制点は生まれた。65
分、左サイドDF15大岩一貴からゴール前にクロスが上がると、これを
FW37ケンペスが競り勝ってヘディングシュートでゴールネットを揺らし
た。大岩曰く「ミスキック」だったらしいが、それでもそれを強引にねじ込
んだケンペスの決定力に助けられたゴールでもあった。


2014年5月31日(土)
J2リーグ第16節(フクダ電子アリーナ) 観客 8,083人

ジェフ千葉  1 (前半1−0、後半0−0) 0  愛媛FC

惜しいシーンもあったがなかなかゴールは奪えず、両チーム無得点の
まま迎えた前半34分、ジェフはDF17中村太亮からのコーナーキック
にFW9ケンペスがきれいにヘッドで合わせて先制。マークがついてい
てもものともせず、すべてをなぎ倒して決めてしまう力強さを持ち合わ
せているFWはこのチームにはケンペスしかいない。ほんのわずかな
隙間をこじ開けたゴールでもあった。


ケンペスのイメージって、この自分が書いてきたことがすべてを物語っ
ているのよね。FWらしいFWであり、力技でゴールを決めきってしまう、
それに尽きる。今回亡くなったこととは関係なく、ジェフの試合をともに
観戦している父とは、「ケンペスのようなゴリゴリのFWが今のジェフに
は必要だ」という話をごく最近までしていたところだった。

今季ジェフに在籍して10ゴールを挙げたブラジル人FWエウトンは、
ケンペスとは違って足元の技術に長けたテクニカルなタイプのFWだ
った。エウトンはケンペスのようなFWが相方にいれば、もっとゴール
数を伸ばせたのかもしれないなと思った。


ケンペスがジェフを退団するときに残したコメントの一部を紹介しよう。

「私はジェフを離れますが、ジェフを応援してます!1人のジェフ
サポーターが増えましたね!本当にありがとうございました!」

人柄がにじみ出ているコメントであり、この結びの言葉に涙したジェフ
サポーターも多かったと聞いている。今読み返しても涙出そうになるな。
ジェフはチームに大きく貢献してくれた選手であり、なおかつ貴重な一
人のサポーターを失うことになってしまったのだ。


セレッソやジェフで一緒にプレーしていた選手たちの追悼コメントもたくさ
ん目にした。それを読むと、サポーターだけでなく選手たちにも愛されて
いた存在だったんだなと実感させられた。なぜこのような事故が起きてし
まったのか…。生きてさえいればOB戦などのイベントでまたフクアリに来
ることもできたはずであり、まさに痛恨の極みというほかない。ケンペス、
こういう形で永遠の別れを迎えたくはなかったよ。どうか安らかに…。
posted by hiro at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(2016ジェフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

市川由紀乃、紅白に出るのかあ

今から15年ほど前、自分は深夜に帰宅して朝4時過ぎに就寝し、9時過ぎ
に起床してお昼から午後にかけて出社するという生活をしていた時期があ
った。そのとき寝る前にラジオつけて聞いていたのが、1968年に放送開
始して以来現在でも続いている長寿番組である「日野ミッドナイトグラフィテ
ィ 走れ!歌謡曲」(文化放送/深夜3:00〜5:00)だった。市川由紀乃の
名前を知ったのは、この番組のパーソナリティを務めていたからである。

市川由紀乃が番組に出演していたのは2001年4月からの1年間だけだっ
たようだ。声の感じがアイドルや声優っぽいなと当時思っていたが、実際の
お顔を拝見したとき声の感じから自分が思ってたイメージと違い、意外と落
ち着いた感じの人だなと思った記憶がある。紅白出場が決まってから、「剛
力彩芽に似てる」と書いてる人がいたので、画像検索で確認してみたところ、
「確かに」と納得させられた。

それにしても、ウィキペディアで確認したら2002年から4年半も休業してバ
イト生活してたりとあり、相当つらい思いもしてきたのだろう。一度は挫折し
ながらも地道に努力を重ねて這い上がってきて紅白出場をつかみ取ったと
いうわけか。こういう苦労人が報われるというのはいいことだね。2000〜
05年あたりって、自分も人生に悪戦苦闘してた時期なので、市川由紀乃に
は妙に共感できる部分もある。紅白の舞台を踏むことで普段演歌聞かない
世代の方々にも名前を知ってもらい、今後ますます飛躍していくきっかけと
なってくれればいいなと思う。


以下どうでもいい余談
_自分が「走れ歌謡曲」のパーソナリティで一番好きだったのは中尾美穂
_「走れ歌謡曲」聞いてたのと同じ時期に「aikoのオールナイトニッポン」
__も聞いていて、「aikoのトークおもろいなあ」と思ってた記憶がある。
_あと演歌の人で頑張ってほしいのは、自分が戸田に野球見にいった際
__に空き時間で戸田のイオンモールへ行き、そこでたまたまミニライブやっ
__てたの見た西田あいかな。
posted by hiro at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

2016練習試合 横浜商高−横浜市立大

11月23日 横浜商高G 試合時間 2時間11分

横浜市立大_000 000 020=2  4安打、5四球、2失策
横浜商業高_000 000 001=1  7安打、1死球、4失策
(横市) 菊崎〈9回〉−中野
(Y校)_松山〈8回〉、石月〈1回〉−惠

▽三塁打  山口(Y)  ▽二塁打  岡庭、八幡2、近村、栗原(Y)


両校無得点のまま迎えた8回、横市大は一死から1番小板橋(太田3)が遊
ゴロ失策で出塁。2番飯塚(長野1)への初球が暴投となり、小板橋は二進。
飯塚が四球で歩き、3番家舗(奈良・郡山3)の3球目に今度は捕逸で走者
がそれぞれ進塁して二・三塁。家舗は5球目を打って遊ゴロに倒れるも、そ
の間に三塁走者が生還して横市大1点先制。4番原(高崎2)は四球を選ん
で一・三塁から5番池田(尾道北3)の打席時に横市大は重盗を仕掛け、こ
れが見事に決まって2点目。

Y校は9回、二死から4番八幡が左越え二塁打で出塁。八幡の代走鈴木が
けん制悪送球で三塁に進んだ後、代打の栗原が左中間を破る適時二塁打
を放ち、1点を返す。続く6番惠の打ったあたりはショートへのゴロ。ショート
がこれをはじく間に栗原の代走島尻は三塁を回って一気に本塁を突くも、
ボールを処理したレフト家舗からの好返球で島尻は本塁憤死。Y校は1点
届かず、横市大が辛くも逃げきった。


横市大は、先発の菊崎(Sands Secondary school 3)が最後に打たれ
て完封こそ逃したものの、113球を投げて7安打1失点で完投勝利を挙げ
た。金属バットの猛威にさらされて長打を浴びることも多かったけれど、8
回までは連打を許さず、与四死球も死球の1のみで無駄な走者を出さなか
ったことが最少失点に抑えられた要因だろう。

この菊崎は、カナダの高校を卒業して帰国子女枠で横市大へと進学した
選手なんだとか。だとしたら日本の高校野球は未経験なのかなあと思った
が、少し調べてみたら日本の高校を経てカナダの高校へと留学したらしい。
大学野球の選手としては異色の経歴を持った選手といえるだろう。


Y校は、先発の松山が7回まで横市大打線を4安打無失点に抑え込んでい
たが、8回に失策、暴投、捕逸などが重なり、無安打で2点を献上。最終回
に連続長打で1点返して見せ場は作ったが一歩及ばなかった。

打線は7安打のうち実に6本が長打ということで決して力負けはしていなか
ったが、つながりを欠いたことが響いて1得点のみにとどまった。それでも、
三塁打1本に加えて最終回にもあわや本塁打かという特大のファウルを打
った3番山口、2本の二塁打で長打力があることは十分示した4番八幡を
中心とする打線の破壊力はなかなかのものがあった。実際のところ、大学
生投手のうまさにいなされてしまったというのが試合を通じての印象だった。
posted by hiro at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球観戦(大学vs高校) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

2016オープン戦 東大−江戸川学園取手高

東大vs江戸取 スタメン    東大vs江戸取


11月20日 東大球場 試合時間 2時間29分

江戸川学園取手高_000 201 220=7  7安打、5四死球、0失策
__ __ _ 100 010 000=2  7安打、2四死球、5失策
(江) 渋谷〈4回〉、菅原〈4回〉、黒木〈1回〉−小杉、小林
(東) 溪〈6回〉、山下大〈3回〉−藤井、野、大ア

▽三塁打  菅原(江)、新堀(東)  ▽二塁打  小林(江)


東大は初回、二死一・二塁から5番廣納(茨木1)の中前適時打で1点先制。
1点を追う江戸取は4回、一死三塁から3番石塚の中前適時打で同点。なお
も、けん制悪送球と暴投で石塚が三塁に進んだ後、4番馬渕の三ゴロをサ
ードが一塁へ悪送球。二塁を狙った馬渕が一・二塁間で挟まれている間に
石塚が本塁へ突っ込んで生還し、江戸取逆転に成功。試合を引っ繰り返さ
れた東大は5回、二死から1番新堀(麻布1)の左翼線三塁打の後、2番樫
村(千葉・市川1)の中前適時打で同点に追いついた。

江戸取は6回、一死二塁から5番関の右前適時打で再び勝ち越しに成功。
7回は一死二・三塁から1番畑古のスクイズと2番近藤の左前適時打で2点、
8回は無死一塁から6番菅原の右翼線適時三塁打と7番小林の左中間適時
二塁打でさらに2点を加え、東大を突き放す。反撃したい東大だったが、6回
以降は走者が出ても二度の併殺でチャンスを広げられなかったのが響き、
得点を挙げられないまま試合終了。江戸取が格上の大学チーム相手に堂々
の勝利を収めた。


江戸取と東大、金属バットと木製バットの違いこそあれ、ともに7安打という
ことで打の面では差がつく要素はなかったけれど、守りの面では江戸取の
無失策に対して東大は5失策。東大の失策はすべて4回に集中していたの
で、これだけで勝敗に直結したわけではなかったけれど、3回までパーフェ
クトに抑えられていた江戸取を勢いづかせるきっかけとなってしまったこと
は間違いないだろう。

東大とは対照的に江戸取は守備の良さが際立っていた。サードの畑古が
難しいバウンドのゴロを難なくさばいてアウトにしたかと思えば、9回無死
一塁の場面では二遊間を抜けようかというあたりをセカンド松林が横っ飛
びで好捕。すぐさまグラブのままセカンドベースカバーに入ったショートへ
ボールをトス。ボールはショートから一塁へと転送されて併殺完成という
大学生も顔負けのビッグプレーが飛び出し、「セカンド上手いわ」と思わず
唸らされてしまった。今現在、東大野球部には江戸取出身の選手はいな
いようだけど、スカウティングして受験突破できるように勉強のアドバイス
とかしてあげたほうがいいんじゃないのかな。
posted by hiro at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球観戦(大学vs高校) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

2016招待試合 市沼津高−横浜高

市沼津vs横浜    市沼津vs横浜 試合結果


沼津市立沼津高等学校創立70周年記念 野球部招待試合

11月12日 愛鷹球場 試合時間 2時間29分

___000 144 001=10  12安打、7四死球、1失策
市立沼津_300 000 002=_5  _7安打、4四死球、1失策
(横) 板川〈6回〉、万波〈3回〉−福永
(市) 横山〈4回1/3〉、河原〈0/3回〉、服部〈4回2/3〉−佐藤蓮

▽本塁打  万波(横=6回満塁)
▽三塁打  山崎(横)、土屋、谷口(市)  ▽二塁打  長南(横)


市沼津は初回、二死二塁から4番土屋(#9)の右越え適時三塁打で1点
先制。さらに相手失策で2点目を挙げ、なおも一・二塁から7番清(#5)
の左前適時打で3点目。3回まで1安打に抑えられていた横浜は4回、二
死満塁から押し出し四球で1点返すと、続く5回には相手のバッテリーエ
ラーや失策、6番福永(#2)の左前適時打などで4点を挙げて逆転に成
功。6回には4番万波(#9)のグランドスラムも飛び出し、一気にリードを
広げる。2回以降無得点だった市沼津は9回、二死から安打と四球で一・
二塁から8番谷口(#4)が一塁線を破る適時三塁打を放って2点を返し
たが、最後の打者は三振に倒れて試合終了。横浜が10−5で市沼津を
降した。


横浜・万波の満塁弾はすごい一打だったの一言に尽きる。打った瞬間そ
れとわかるあたりで、左中間のスタンドを越えて場外へと消えていった。
1年生にして190cm,92kgという体格も規格外だが、飛距離も規格外
のすさまじさだった。これ見れただけでも愛鷹まで来たかいはあったなと
思った。前のイニングの打席でも満塁で回ってきて(最終的にはバッテリー
エラーで二・三塁に変わった)
、そのときは力んだのか遊飛に打ち取られたん
だけど、同じ状況で再び回ってきた打席ではきっちり結果を残して見せ
たのだった。

市沼津は、先発の横山(#1)が3回までは横浜打線を8番板川(#1)の
ヒット1本だけに抑えていた。横浜打線は横山の縦の変化球への対応に
苦慮しているように見えたが、打線が2巡目に入るとストライクからボー
ルになる球をきっちり見極められるようになり、それに伴って四球が増え
ていった感じだった。4回は与四球4で1失点し、5回一死から1番増田
(#8)に左前安打されたところで横山はマウンドを降りた。横山の降板
後に市沼津は逆転を許したわけだが、それは横浜打線の圧力に屈した
というよりも1イニングで3つバッテリーエラーが出たり失策があったりだ
ったので、実質的にはほぼ自滅だった。市沼津にとってはせっかくいい
形で先制したのにちょっともったいない試合だったなと思う。
posted by hiro at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球観戦(高校) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする