2015年09月22日

あぶくま球場(小野運動公園野球場)

日大東北 vs 尚志    あぶくま球場 ネット裏

あぶくま球場 バックスクリーン付近より    あぶくま球場 バックスクリーンとスコアボード


<球場概要>
センター120m、両翼100m、照明なし。
スコアボードはチーム名・得点(12回まで、計のみ)・選手名・審判名・
試合結果表示欄すべて手動式。他に時計、BSO・HEFcランプあり。
客席は全面芝生席。ネット裏本部席上にコンクリスペースあり。屋根なし。

<アクセス>
高速バス いわき~郡山~会津若松線に乗車し、小野ICバス停下車。
徒歩約10分。バスの所要時間は、郡山駅~小野IC間は約40分、いわき
駅~小野IC間は約50分。料金はともに片道900円。ただし、1,600円
の回数券(450円×4枚)を購入すれば、往復で200円分節約できる。
バス停から球場までの間にコンビニの類はなし。


ネット裏の芝生スペースは傾斜もゆるく、グラウンドからも遠い感じになる
ので見やすいとは言えない。地元の方たちはネット裏本部席上のコンクリ
スペースに上がり込んで観戦していた。なお、全面芝生席なので敷物や
折りたたみイスを持参したほうが快適に観戦できるだろう。


関連記事 「2014高校郡山市長旗大会 日大東北-尚志」
posted by hiro at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 球場 | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

キンシオさんのトークショー@船橋西武

キンシオイベント    キンシオイベント2
*ご本人さんが、「写真撮影はOK」ということなので、撮った写真を使わせていただいてます


キン・シオタニさんのトークショーが14時からあるということで、会場の船
橋西武へと出向いていった。7階では「北海道物産展」をやっているらしか
ったので、先に昼飯調達してからにしようと1時間前の13時頃船橋西武
に着くと、トークショー会場には既に結構人が並んでいた。すぐ並べばイ
スには座れそうだったけど、朝から何も食べてなかったので食料の調達
を優先。そして7階から戻ってくるとイス席はもはや残されてはいなかった。

キンシオさんもトークショーの中で言っていたけれど、「千葉をなめてた、
こんなに人が来るとは思ってなかった」と。キンシオさんは来るの10人ぐ
らいかなと謙遜してたけど、自分も10人はないにしてもここまで人が多い
とは思ってなかった。200~300人ぐらいはいたのかな。


初めてキンシオさん見た印象としては、テレビに出ている人だけど芸能人
ではないのでそういったオーラはまとっていない。威圧感みたいなものも
ない。本職がイラストレーターということなので、芸術家という側面のほう
が前に出ている方なのかなと。でもトークもうまかった。人を飽きさせない
し、人心掌握能力の高い人なのかもしれない。話聞いてて、「あまり敵も
作らなそうな人だよな」とも思ったのだった。
posted by hiro at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

「キンシオ」のロケってオンエア2か月前なのか

少し前にテレビの視聴習慣に変化が生じ、TVK(テレビ神奈川)で月曜23時
から放送されている「キンシオ」という番組を欠かさず見るようになった。番組
のことは以前から知っていて、ザッピングしながら放送してるの見つけたとき
はそのまま見たりはしてたんだけど、ちゃんと見るようになったのはここ1~2
か月くらいだろうか。

「キンシオ」は一言で言っちゃうと旅番組で、イラストレーターのキン・シオタニ
さん(以下キンシオさん)がいろんな街を歩いていくという感じで番組は進んで
いく。まあただ歩いているだけでは番組としてそんなに面白くはならないんだ
けど、この番組の肝はキンシオさんが歩きながら街にある建造物や史跡につ
いての歴史的背景のような話を細かくしてくれるので、見ていて「へ~っ」と思
わされてしまうところだろう。おそらくロケ前に訪れる街のことをかなり調べて
るのだろうとは思うけど、「キンシオさん、博識」と唸らされてしまう。だから一
見なんでもない街を歩いていても、思わずひきつけられて見てしまうのだ。


9月7日放送の回では千葉県船橋市の船橋駅周辺を歩いていた。船橋に東
照宮があるとか初めて知ることも多く、いつものキンシオワールドが炸裂して
いた。ただ、このブログで番組について延々と書いていくつもりはない。感想
的なこと書いてもずっと見続けてる人には勝てっこないし。


この日の放送では、番組中にキンシオさんと同行スタッフさんの間で以下の
ようなやり取りがあった。キンシオさんがスマホを盛んにいじっているスタッ
フさんに「何をしているのか」と尋ねる。スタッフさんは母校の高校野球の経
過を気にしていたようだ。仕事中に何してんねんというところはひとまず置い
といて、自分は最初、「甲子園に出場している母校の試合経過を気にしてる
のかな?」と思った。で、キンシオさんが「高校どこ?」と尋ねると、スタッフさ
んの答えは「神奈川大付属」だと。

え~っ、このロケって7月の半ばくらいにやってるのかよとすぐに思った。
甲子園どころか、神奈川大会の試合経過気にしてるとはさすがに思わなか
った。スタッフさんは「勝った」とも言っていたと思うので、いったいいつの試
合のことなのかを調べてみることにした。神奈川大付は今夏2回戦から登
場し、初戦は突破して続く3回戦で敗退。ということで、神奈川大付の勝ち
ゲームは1つしかなかったのですぐに探し当てられた。


第97回全国高等学校野球選手権神奈川大会
2015年7月14日 藤沢八部球場
神奈川大付_300 004 2=9
____000 001 1=2


神奈川大付は夏の神奈川大会2年連続の初戦突破だったようだ。自分は
てっきり保土ヶ谷でやってる試合の中継をちょいちょい見てた(スマホで千
葉にいながらTVKを見られるのかどうか自分は知らない)のかと思ってた
んだけど、会場が藤沢八部ってことはテレビ中継ないから得点経過だけを
随時チェックしてたってことのようね。


9月7日放送分のロケを7月14日にしていたというのも意外だった。番組の
ロケって1か月前くらいにやってるのかと思ってたら、約2か月も前にやって
るのね。番組中の会話からロケ日まで探り当ててしまったというお話でした。
タグ:キンシオ
posted by hiro at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球 | 更新情報をチェックする

2015年09月05日

小湊鉄道にトロッコ列車

SLで 「里山トロッコ」  小湊鉄道 今秋から運行開始へ

 小湊鉄道(市原市)は31日、今秋から蒸気機関車(SL)を先頭にした観光
トロッコ列車を走らせると発表した。「里山トロッコ」と銘打ち、沿線の自然や
田園風景を車内から楽しんでもらう。沿線住民らも景観の改善に協力してお
り、地域全体で「首都圏の里山」をアピールして観光客誘致を狙う。
 11月頃の運行開始を目指しており、運転日は、12月下旬から3月上旬を
除く土日や夏休み期間など年間約180日の予定。運行区間は当面、市原市
内の上総牛久駅から養老渓谷駅間の18.5キロで、約55分間の乗車となる。
両駅間にある里見駅の整備が終われば、里見駅から養老渓谷駅間の9.2
キロ、約30分に短縮する。平日2往復、休日は3往復で計画している。

(以下略、2015年9月1日 読売新聞千葉版の記事より引用)


小湊鉄道って名前は知らなくても、ドラマやテレビCMでわりと見かけること
はあるので、駅や車両を目にしたことあるって人は案外多いと思う。それに
しても、小湊鉄道攻めるねえ。

自分は、子供の頃に学校の遠足で乗ったことはあったけど、数年前の法事
のときに初めて自分でキップ買って乗った。額面通りの運賃払うと結構高い
ので、往復乗るのであれば1日フリー乗車券を買って乗車したほうがいいと
思う。それでも大人1800円はするんだけどね。

小湊鉄道はカメラマンの方たちにも人気がある路線のようで、自分が利用
した駅には東京方面から車で駅まで乗り付けてきて撮影してた人もいた。
車内には自転車積み込んで乗ってくる人もいたし、都心の電車にはない
“どローカル”な雰囲気を味わうことができるのではないかと思う。
鉄ちゃんもそうでない方も晩秋の市原へどうぞお越しくださいませ。


月崎駅駅舎    月崎駅に入線する小湊鉄道の車両
月崎駅駅舎                    月崎駅に入ってきた小湊鉄道の車両
posted by hiro at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル | 更新情報をチェックする