2016年02月29日

2016プロアマ交流戦 カープ-セガサミー

カープvsセガサミー    カープvsセガサミー スコアボード

中村恭平    森脇亮介
カープ_中村恭平(6年目)_________セガサミー_森脇亮介(日大)


2月22日 日南市天福球場 試合時間 3時間16分

セガサミー___ 000 006 002=8__13安打、4四死球、3失策
広島東洋カープ_000 000 030=3___9安打、4四_球、2失策
(セ) 森脇〈5回〉、前原〈2回〉、鈴木直〈1回〉、横田〈1回〉-喜多、松延、須田
(C) 中村恭〈5回〉、フランスア〈1回〉、久本〈1回〉、佐藤〈1回〉、飯田〈1回〉
  -松浦、多田、中村亘

▽本塁打  下水流(C=8回2ラン)
▽二塁打  川端(セ)、中東(C)


セガサミー
(9)  本間(立正大)
(4)  鈴木孝(拓大)
(8)  赤堀(立正大)→8 政野(青学大)
(3)  澤良木(日本文理大)→H3 大月(亜大)
(6)  根岸(日大)
(D)  川端(立命館大)
(7)  高島(東洋大)→H7 海保(東京情報大)
(2)  喜多(敦賀気比高)→2 松延(横浜商大)→2 須田(立正大)
(5)  宮川(東洋大)→H5 砂川(駒大)
(P)  森脇(日大)→前原(日本文理大)→鈴木直(東洋大)→横田(上武大)

広島東洋カープ
(9)  野間(中部学院大2)→2 中村亘(横浜商大高7)→H 青木(山形中央高1)
(4)  庄司(常葉橘高7)
(D)  梵(駒大11)→HD 中東(東亜大10)→HD 廣瀬(法大16)
(8)  下水流(青学大4)
(3)  バティスタ(カープアカデミー 練習生)→5 メヒア(カープアカデミー 練習生)
(5)3 美間(鳴門渦潮高4)
(6)  桒原(常葉菊川高2)
(7)  髙橋大(龍谷大平安高4)→H7 赤松(立命館大12)
(2)  松浦(MSH医療専門学校 育2)→2 多田(鳴門渦潮高2)→H9 岩本(亜大8)
(P)  中村恭(富士大6)→フランスア(カープアカデミー 練習生)→久本(亜大15)
   →佐藤(文星芸大附高9)→飯田(亜大2)


0-0で迎えた6回、セガサミーはカープ2番手のフランスアを攻め、一死満
塁から代打の海保駿輔が押し出し四球を選んで1点先制。続く8番喜多亮
太の打ったぼてぼてのゴロをショート桒原樹がはじいて後ろに逸らしてしま
う間に二者生還。9番宮川和人は四球を選んでまたも満塁から1番本間諒
がセンター前に弾き返す適時打を放ってさらに2点。2番鈴木孝昌は投ゴロ
に倒れて二死一・三塁となった後、3番赤堀大智がセンター前へと運ぶ適
時打でこの回計6点。

カープは8回、4番下水流昂の2ランHRと相手失策の間に3点を返したが、
9回に追加点を奪われ、突き放されてしまい万事休す。6回のビッグイニン
グで試合の主導権を握ったセガサミーが8-3でカープを降し、プロアマ交
流戦を制した。


セガサミーは、先発の森脇亮介が5回を投げて3安打無失点。初回に一死
満塁、2回も無死二塁というピンチを迎えたがこれをしのぎ切り、4回には
圧巻の三者連続三振。カープ打線をぴしゃりと抑え込んでみせた。打って
は、1番本間が3安打2打点といいリードオフマンぶりを発揮。また、ベイス
ターズからアマ復帰した赤堀も2安打を記録し、元プロの意地を見せた。


カープは2番手フランスアの乱調がすべて。とにかく球は速いんだけどコント
ロールが…。直球も変化球もストライクをとるのに汲々としていた。練習生の
フランスアにとっては克服すべき課題が多く、これをクリアしていかないと支
配下契約どころか育成契約も見えてこないだろう。先発の中村恭平は5回
を投げて4安打無失点。球筋だけ見ると、「こんないい球投げてるのになん
でファームにいるんだろ」と思うぐらいだった。中村恭も大卒6年目だからい
いかげん一軍で戦力になってくれないと困るんだが。

カープは登板した5人がすべてサウスポーだった。アマのチームではこういう
継投はできないだろうから、人材が豊富にいるプロならではといったところか。

打線では、野間峻祥が足をいかした2本の内野安打を含む3安打。途中出場
の中東直己も2安打と貫録を見せた。その一方、簡単にフライを打ち上げてし
まうシーンが目立ち、4タコに終わった庄司隼人、二度の好機に凡退し、ブレ
ーキとなってしまった美間優槻あたりは、首脳陣にアピールすることができな
かった。個人的には、盛んにファウルで粘って投手に球数を投げさせ、守って
はひとつ失策こそあったけれど難しい打球もそつなくさばいていた2年目の桒
原が印象に残った。


8回表が始まってからだったか、カープの水本勝己二軍監督が三塁側のセガ
サミーベンチへと赴いていき、ベンチから出てきた初芝清監督としばし会談。
なに話してたのかはわからなかったけど、おそらく、

水本 「代打の岩本下げるって話だったんだけど、
____やっぱ守らせることにしたからよろしく」
初芝 「了解です」

こんな会話だったんだろうと思う。7回裏に代打で登場した岩本貴裕は、その
後のアナウンスでは交代でベンチに下がることになっていた。だが、ライトの
ほうを見ると背番号10の岩本が普通に守備についていた。多分球審に交代
を告げてから監督の気が変わり、野間を下げて岩本を守らせることにしたの
だろう。まあ公式戦ではないのでこういうこともOKってことなんでしょう。ちな
みに、訂正のアナウンスは特になかった。

2016年02月24日

2016ベースボールフェスタ in 南さつま 仁倉高-中部学院大B

仁倉高校歓迎横断幕    仁倉高vs中部学院大B


第3回ベースボールフェスタ in 南さつま

2月21日 南さつま市加世田運動公園野球場 観客5人 試合時間 2時間14分

仁倉高(韓国)_ 001 000 000=1___2安打、1四_球、1失策
中部学院大B__001 131 00X=6__10安打、4四死球、1失策
(仁) Lee Yeon Jin〈5回〉、Cho Seong Woo〈2回〉、Cho Min Seok〈1回〉
_ -Woo Sun Hoo
(中) 片田〈3回〉、小栗〈2回〉、楠本〈2回〉、津山〈2回〉-松田、加藤

▽三塁打  成木、日比(中)  ▽二塁打  成木2、中島(中)


__
(8) Cho Seong Hwan (#7)
(7) Jeon Da Hun (#15)
(9) Jung Woo Young (#32)
(3) Ryu Jung Ho (#10)
(2) Woo Sun Hoo (#22)
(4) Song Chan Oh (#2)
(5) Lee Jong Hoon (#23)
(6) Kim Yoon Bom (#6)
(D) Chae Eun Kang (#34)→HD Park Sun Woo (#46)
(P) Lee Yeon Jin (#21)→Cho Seong Woo (#29)
__→Cho Min Seok (#20)

中部学院大B
(8) 中田泰(広島商1)
(4) 奥田(盛岡大付2)
(9) 中島(市岐阜商3)→3 竹腰(県岐阜商1)
(3) 坂東(徳島商2)→R9 和田(佐久長聖2)
(D) 成木(愛知商4)→RD 塩内(静清3)
(7) 藤田(海津明誠2)→2 加藤(県岐阜商1)
(5) 日比(大垣西3)→H5 白石(愛工大名電2)
(6) 浅利(神辺旭2)
(2) 松田(東北1)→R7 斉藤(東京成徳大深谷3)
(P) 片田(中津商2)→小栗(花咲徳栄3)→楠本(秀岳館1)→津山(明秀日立1)

*1 場内アナウンス、選手名表示ともになし
*2 仁倉高校の選手名は、中部学院大学硬式野球部より情報提供していただきました



仁倉(インチャン)高は3回、二死一塁から3番#32の打ったあたりはセンタ
ーへ。これを背走しながらキャッチを試みたセンターがグラブに当てながらも
落球。その間に一塁走者が一気に生還し、仁倉高1点先制。その裏、中部
学院大は一死一・三塁から二ゴロの間に三塁走者が生還し、すぐさま同点
に追いつく。続く4回に二死三塁から7番日比の左中間三塁打で1点勝ち越
すと、5回には一死二・三塁から3番中島が左中間へ2点適時二塁打。4番
坂東がヒットでつないで一・三塁から5番成木の左犠飛でさらに1点追加し、
この回計3点。6回にも1番中田泰の中前適時打でリードを5点に広げる。

反撃したい仁倉高だったが4回以降は一人も走者を出すことができず、
中部学院大の投手陣に完璧に抑え込まれ、なす術がないまま試合終了。
6-1で中部学院大が仁倉高を降した。


中部学院大先発の片田は落差の大きな変化球を武器に仁倉高打線を翻
弄し、3回を投げて8奪三振。アウトの打球はほとんど前に飛ばさせなかっ
たが、2安打1四球に失策も絡んで1失点。2番手以降の投手は3人で6イ
ニングをパーフェクトに抑え込んだので、結果的には登板した4人の中で唯
一相手に走者を許した投手となってしまった。また、4番手で投げた津山は
右サイドハンドから横滑り度合いの高いスライダーを放っていて、なかなか
面白そうな投手だなと思った。

一方打線では、三塁打1本,二塁打2本と3安打がすべて長打で、犠飛も放
って打点もきっちり記録した5番成木の活躍が光った。


仁倉高は先発の#21が5回を投げて8安打1死球5失点。初回こそ三者凡
退で抑えたものの、2回以降は常に得点圏に走者を背負う苦しいピッチング
だった。この投手はかなりの長身でおそらく190cm程度あったのではない
かと思う。どんな球投げるんだろうと思いながら見ていたが、球速はあまり
出ていなかった。これでストレートが速ければ、相手にとってかなり脅威な存
在となり得るのだろうが。

また、3番手の#20は腕の振りが早くてキレのあるフォームのアンダースロ
ーで、球の出どころがかなり見にくそうだった。初対戦だとちょっと攻略にて
こずりそうだなという最初の印象どおり、1イニングのみの登板だったとはい
え中部学院大打線はこの投手からヒットを打つことができなかった。

打線のほうは、1番2番が内野安打を1本ずつ放ったが、4回以降は全く音
無し。4人の投手から先発全員の13三振を奪われるなど、ちょっと力の差
はあったなと感じる結果に終わった。そういえば、仁倉高はDH使ってたけ
ど、韓国の高校野球ってDH制なのかな?


韓国では硬式野球部のある高校は60校程度しかないと聞いているけれど、
その中で仁倉高がどれぐらいのレベルに位置しているのかは全くわからない。
だから、この試合結果だけでは韓国の高校野球レベルを察することもちょっ
とできないなあ。

2016年02月20日

2016ちばぎんカップ

2016年2月14日(日)
第21回ちばぎんカップ(フクダ電子アリーナ) 観客 12,921人

ジェフ千葉  (前半1-0、後半2-0)  柏レイソル


ジェフのスタメンはMF8井出遥也以外全員新加入選手だった。だから当然
と言えば当然なんだけど、試合を見ていて「去年までの色が全くなくて、別
のチームの試合を見ているようだ」というのが率直な感想だった。昨シーズ
ンは「パサー不在」だと感じていたけど、ぼんぼんスルーパスが出てくる。
よく走るし、守るときはしっかり守る。メンバー入れ替わって、チームとしても
ほんと生まれ変わったんだなと感じた。

試合で一番印象に残ったのは、MF22アランダのプレーぶりだった。現役
パラグアイ代表であるアランダは、昨シーズン在籍したパウリーニョを思い
起こさせる出色のボールハンターだった。ポジショニングと的確な読みで柏
のパスをことごとくカットしていた。そして味方に良質なパスを送る。現役の
代表選手の凄みを見せつけられた感じだった。これはJ2の他チームは昨
シーズンのパウリーニョ同様、アランダのところは避けて攻撃を組み立てる
ようになってくるだろうな。ロングボールで攻められてディフェンスラインを下
げさせられる光景は容易に想像つくわ。


試合前、「この試合については、結果はさして重要ではない」と思っていた。
3-0という望外の結果が出たことは素直にうれしいけれど、チームとして
は修正点も当然あっただろうから、開幕までにその部分を洗い出してより
良い方向に進んでいってくれればそれでいいと思う。

昨シーズンのチームも個々にいい選手は揃っていたと思う。ただ、チームと
しての一体感がなかった。チームとしての体をなしていなかったので、「チー
ムが内部崩壊を起こしているのかもしれない」というのをシーズン終盤には
薄々感じていた。それに対して今シーズンのチームは、基本寄せ集め集団
なので選手一人一人がコミュニケーションをとることでチームとしての連帯
感を作り出していっているのではないかと思う。プレシーズンマッチでは結
果が出た。あとはシーズン序盤を無難に滑り出すことができるかどうか。
今シーズンのチームも個々の選手の能力はそれなりに高いと思う。あとは
チームとして機能するか、その力を発揮することができるか、それだけだと
思う。もちろん、関塚隆監督の手腕にもかかっている。運命の2016シーズ
ンが間もなく始まる。

2016年02月15日

高知の「いろりや」へ行ってきた

2月6日(土)、14時頃高知市へ到着。いったんホテルにチェックイン
した後、高知駅15時43分発の特急あしずり5号に乗りこみ、一路西
へ。下車駅の土佐入野に到着したのは17時20分だった。


お目当ての店である「いろりや」はうどん屋さんである。香川でなく高知ま
で来てうどん?と思われるかもしれないが、この店は「水曜どうでしょう」
の四国八十八か所巡りで出演者一行が訪れ、その味を絶賛したお店な
のである。ちょっと高知市内からは遠いけれどなかなか行く機会もないの
で、なんとしても訪れてみたいと以前から思っていたのだ。


津波避難タワー 
津波避難タワー。土佐入野駅周辺は海が近いので、このような建物がいくつかあった。

土佐入野駅からお店までは徒歩15~20分程度だった。街灯もろくすぽな
いような道なのでほんとは日没してしまう時間帯は避けたかったのだが、
電車の時間の都合で昼の時間帯には着けないし、16時頃行くと休憩中だ
ったこともあるという情報を得ていたので、17時過ぎに行くことにしたのだ。


冷やし肉玉うどん    力豚のカレーうどん
冷やし肉玉うどん(842円)          力豚のカレーうどん(864円)


駐車場に車は結構停まっていたが、店内はさほど混んでいるといった感じで
もなかった。事前に検討してどうしても選べなかったので、冷やし肉玉うどん
と 力豚のカレーうどん の2品を注文。先に冷やし肉玉うどんが出てきたの
で早速実食。「うまいうますぎる」(←十万石まんじゅうのCMみたいな感想)、
この一言に尽きる。四万十牛を使っているという肉もうまいし、うどんも絶品。
舌の肥えたどうでしょう班を唸らせた味というのも理解できる代物だった。

冷やし肉玉うどんが素晴らしすぎたので、力豚のカレーうどんもうまかった
んだけど自分の中での印象はいまいち薄い。でも片方だけしか頼まないと、
「もうひとつも食べたかったな」という思いが残るので、両方食べてよかった
んだと思う。


会計を済ませて18時過ぎに外へ出るとあたりはかなり暗くなっていた。
「さて、どうしたものか」と思案した。以前四国で街灯もなく真っ暗な道を歩
いて怖い思いをしたことがあるので、一応小型の懐中電灯を今回持参し
ていた。少し歩いてからタクシー呼んだほうがいいか、駅まで歩くか決め
ようと思い、歩き出した。すると…、

「お客さ~ん」と後ろから声をかけられた。振り向くと店員さんが走ってきた。
「歩きですか?」と聞かれたので「そうです」と答えると、「では車で駅まで送
りますよ」と。申し訳ないなと思いつつ、素直に受け入れることにした。どう
でしょうの影響でお店には遠方から訪れる人も多いらしく、駅から歩いてく
る自分のような人も結構いるらしい。大泉洋の影響力は半端ないようだ。


車で送ってもらうと、駅までは5分足らずくらいで着いてしまった。飯食い来
て送ってもらうなんて初めての経験だったわけだが、ほんと有り難かった。
いろりやさん、味も人も素晴らしくて申し分なかった。なかなか土佐入野ま
では行けないんだけど、また訪れてみたいと思わせる店だった。


いろりや
高知県幡多郡黒潮町入野558-2
<営業時間>11:00~20:00 (月曜定休)
*月曜が祝日の場合は営業。翌火曜が定休。
posted by hiro at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

2016プロアマ交流戦 ハンファ-アークバリア

高知市野球場ネット裏席    ハンファvsアークバリア

ハンファvsアークバリア スコアボード1    ハンファvsアークバリア スコアボード2
(左) 試合開始当初のスコアボード。アークバリア側は選手名表示されず
(右) 試合終了時のスコアボード



2月7日 高知市野球場 試合時間 3時間13分

アークバリア
___020 000 000=____4安打、_9四死球、1失策
___018 000 22X=13__13安打、12四死球、0失策
ハンファイーグルス
(ア) 伊達〈2回2/3〉、森崎〈1回1/3〉、児玉〈2回〉、高田〈2/3回〉、上田〈1回1/3〉
_-松山
(ハ) 金範洙〈3回〉、鄭在源〈2回〉、張琘宰〈2回〉、金縡營〈2回〉-許道渙、朴俊杋、
__ 車一木

▽本塁打  上田(ア=2回2ラン)
▽二塁打  申成鉉、張珉碩、權容寬(ハ)


アークバリア
(4)  比嘉(日本ウェルネススポーツ専門学校)
(6)  北川(びわこ成蹊スポーツ大)
(8)  村中(日本ウェルネススポーツ専門学校)
(5)  林(四国学院大)
(3)  荒井(高松工芸高)
(9)1 上田(びわこ成蹊スポーツ大)
(7)  安藤(高松商高)
(2)  松山(志木高)
(D)  李周鎬(イ・ジュホ/ハンファにDH枠貸出)→9 高田(MSH医療専門学校)
(P)  伊達(琴平高)→森崎(高松中央高)→児玉(四国学院大)→高田→上田

ハンファイーグルス
(D)  金仁煥(キム・インファン)
(6)  姜炅學(カン・ギョンハク)→6 權容寬(クォン・ヨングァン)
(9)  張珉碩(チャン・ミンソク)
(3)  李性烈(イ・ソンヨル)→3 尹昇熱(ユン・スンヨル)
(7)  金源石(キム・ウォンソク)
(5)  申成鉉(シン・ソンヒョン)
(2)  許道渙(ホ・ドファン)→2 朴俊杋(パク・ジュンボム)→2 車一木(チャ・イルモク)
(4)  朴한결(パク・ハンギョル)
(8)  李東壎(イ・ドンフン)→8 朴基煥(パク・ギファン)
(P)  金範洙(キム・ボムス)→鄭在源(チョン・ジェウォン)→張琘宰(チャン・ミンジェ)
__→金縡營(キム・ジェヨン)

<*1>_スコアボードに選手名表示あり、場内アナウンスはなし
<*2>_一部不明だった選手名は、アークバリア硬式野球部より情報提供していただきました



アークバリアは2回、一死一塁から上田がレフトへ豪快な2ランHRを叩き
込んで2点先制。その裏、ハンファは一死二塁から朴한결の中前適時打で
1点返すと、続く3回には打者一巡の猛攻で一挙8得点。7回8回にも2点
ずつ加えてダメ押ししたハンファが、13-2の大差でアークバリアを降した。


3回のハンファの攻撃で事実上勝敗は決してしまった感があった。先頭打
者から四球と連打で無死満塁。金源石の左前適時打でまず1点。申成鉉
(カープ→高陽ワンダーズ)の左翼線適時二塁打で2点加え、なおも無死
二・三塁から許道渙の右犠飛(申成鉉は三塁進塁)で4点目。暴投で申成
鉉が生還して5点目が入った後、さらに連続四球などで二死二・三塁から
姜炅學が2点中前適時打。続く張珉碩も右越え適時二塁打でこの回計8
点。プロの実力を存分に見せつけた攻撃だった。

投手陣では、先発の金範洙が5三振こそ奪ったものの6四死球と制球を
乱し、被安打は1本だけだったがその1本が2ランだったため2失点。「後
続の投手もこんな感じだったら時間ばっかかかってかなわんぞ」と思って
いたが、2番手以降の3投手は、それぞれヒット1本ずつ打たれはしたけ
れど、基本的には格の違いを見せつける投球だった。2番手鄭在源のサ
イドからえげつなく縦に落ちる変化球は、クラブチームの選手が対応でき
る球ではなかった。3番手張琘宰は2イニング投げて5奪三振。4番手金
縡營は登板した4人の中で最も球速が出ていたのではないだろうか。


アークバリアは、先発の左腕・伊達が3回途中までに6安打6四球と乱れ
て9失点。この日の試合開始当初は寒さを感じるわけでもなかったので、
指先がかじかんで制球に影響するということはなかったと思う。だとする
と単純にまだまだ調整不足ということだろう。まあ2月頭に万全の状態で
あるわけはないので、この結果も致し方ない部分はあったのかもしれない。

打線は、打った瞬間にそれとわかる上田の2ランで幸先よく先制したもの
のその後は沈黙。チーム4安打のうち1本はDHに入っていたハンファの
選手が打ったものだったので、実質の安打は3本。上田の他には比嘉と
北川が単打1本ずつ放ったが、力関係では相手のほうがかなり上だった
こともあり、この結果もまた妥当なものではあったと思う。


この試合では、アークバリアの9番DHにハンファの選手が入っていた。
アークバリアの選手が足りなかったわけではないので、おそらくハンファ
側から申し入れてそうしてもらったのだろう。

9回のアークバリアの攻撃で9番に打順が回ったのだが、実は7回裏から
ライトに入っていた上田がマウンドに上がったのでDH枠は消滅しており、
その打順には投手からライトに回った高田が入っていた。だが、それまで
DHに入っていた李周鎬はハンファ側のネクストバッターサークルに入っ
て準備だけはしていた。どうするのだろうと思っていたら、8番松山が四球
で歩いた後にアークバリアの選手が打席付近に出てきたのを見て、李周
鎬は「どうぞどうぞ」というジェスチャー。実はその選手は打席付近に置い
てあったバットを片付けにきただけだったようだが、アークバリアのベンチ
からは、「そのまま打席に入れ」という指示があり、審判にもその旨を合図。
打席に入ったのは1番の比嘉であり、9番高田の打席は飛ばすことにした
ようだ。打順飛ばすぐらいなら李周鎬に打たせてあげればよかったのに。