2017年03月09日

2017J2 千葉 vs 山形

2017年3月4日(土)
J2リーグ第2節(フクダ電子アリーナ) 観客 11,807人

ジェフ千葉   (前半0−0、後半1−1)   モンテディオ山形


前半、ボールを支配して攻めまくったが得点は挙げられなかった。こう
いう展開では得てして後半流れが変わってしまうのが常であり、案の
定53分にサイドからペナルティエリア内深くに侵入され、最後はFW
11阪野豊史
に決められて先制を許してしまった。しかしその7分後に
FW9ラリベイがペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。これをFW
11船山貴之
が落ち着いて決め、すかさず同点に追いついた。その後
はどちらも得点奪えそうなところはあったものの決めきれず、1−1の
ままタイムアップ。開幕戦を白星発進したチーム同士の対戦は、ドロ
ーで勝点1を分け合う結果に終わった。


ちばぎんカップはテレビでしか見なかったが、フクアリで先月行われ
たSC相模原とのトレーニングマッチは見に行っていたので、ジェフが
ハイプレス・ハイラインで戦っているのは当然知っていた。

ハイプレスは、はまれば高い位置でボール奪取できるので必然的に
得点できる可能性は高くなる。今季は前線にタレントが増えたので得
点は昨年よりも取れるのではないかと思う。新外国人のラリベイは、
厳しいマークにあってもシュートを枠に持っていくだけのスキルの高
さを見せてくれた。また、この試合では昨季在籍していたチームで10
番をつけていたFW8清武功暉(熊本)とMF15熊谷アンドリュー(金
沢)も途中出場。今後チーム内の連携が向上してくれば、攻撃面はさ
らによくなっていくであろう可能性を感じた。

ハイラインは、山形が幾度となくディフェンスラインの背後にロングボ
ールを入れて崩そうとしていたが、オフサイドの網にかかることも多く、
そこから即決定機を作られるということはさほどなかった。だが、GK
23佐藤優也
が飛び出すシーンはわりと多く、GKが対応誤って失点
につながってしまうことが今季はありそうだなとも思った。


山形の木山隆之監督は前半でジェフのウイークポイントを見抜き、
後半はMF21ホルヘ サリーナスが高い位置をとり、3バックの左に
DF33西野貴治を配したジェフの左サイドを突く攻撃を多用してきた。
失点シーンは、その左サイドを深くえぐられた挙句にゴール前でパス
をつながれてやられてしまった。木山さんはジェフで監督やった後、
神戸で対戦相手の分析担当やってたんだっけか。となれば、試合の
中で攻略プラン練るのはお手の物だろう。敵に回すとほんと厄介な
指揮官だわ。ジェフはこの人を1年で放り出しちゃったんだからねえ。


前半で得点取れていれば勝てた試合だったとは思うが、後半は一
進一退の展開であり、お互いに勝ちきれなかったという印象を残し
た試合だったように思う。2試合で1勝1分けは決して悪くはない。
ここ2年のジェフは、開幕から1〜2カ月経過するとそこからチーム
状態は下降線をたどるというシーズンが続いている。今季はチー
ム状態が右肩上がりのシーズンになってくれればいいのだが。


関連記事
「2016J2 千葉 vs 山形」  「J1へ行くには何かが足りないんでしょう」
「2014J2 千葉 vs 山形」  「2013J2 山形 vs 千葉」
「2013J2 千葉 vs 山形」  「2012DAKKANジェフ vs山形」
posted by hiro at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(2017ジェフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

2017プロアマ交流戦 LG2軍−エナジック

LG応援のぼり    LGキャンプ横断幕

LGvsエナジック 試合前    LGvsエナジック


2月27日 うるま市石川球場 試合時間 2時間52分

_____000 211 001=5  11安打、2四球、0失策
LGツインズ2軍_ 000 000 000=0  _4安打、4四球、3失策
(エ) 山下〈3回〉、金城〈2回〉、山城〈1回〉、井手〈2回〉、橋本〈1回〉−西川、
  伊良皆、翁長
(L) 柳在裕〈2回〉、羅圭浩〈2回〉、金廣洙〈1回〉、李范濬〈1回〉、鄭赫鎭〈1回〉、
  柳Q局〈1回〉、韓喜〈1回〉−金在a、趙允ラ

▽二塁打  手登根、照屋、知念(エ)、崔a彰(L)


エナジック
(9) 知念(九州共立大)
(8) 宮城倫(沖縄大)
(7) 宮城充(愛産大)→7 上運天:かみうんてん(北部農林高)
  →7 新田:あらた(九州国際大)
(D) 田中(九州総合スポーツカレッジ)→HD 喜納(名桜大)
(5) 久田:くだ(名桜大)
(3) 手登根:てどこん(富士大)
(6) 新城:あらしろ(日本ウェルネススポーツ専門学校北九州)
(2) 西川(宜野座高)→2 伊良皆(日本ウェルネススポーツ専門学校)
  →2 翁長:おなが(沖縄大)
(4) 照屋(敬愛大)
(P) 山下(都城東高)→金城:きんじょう(日本ウェルネス高)→山城(沖縄大)
  →井手(御船高)→橋本(阪南大中退

LGツインズ2軍
(7) 韓錫賢(ハン・ソクヒョン #128)
(9) 姜秉義(ガン・ビョンイ #59)
(8) 崔a彰(チェ・ミンチャン #107)
(3) 金勳榮(キム・フンヨン #119)
(D) 金齋聿(キム・ジェユル #14)
(5) 李東奎(イ・ドンギュ #109)
(6) 柳炯宇(リュ・ヒョンウ #108)→6 金周成(キム・ジュソン #62)
(2) 金在a(キム・ジェミン #120)→2 趙允ラ(チョ・ユンジュン #25)
(4) 尹鎭浩(ユン・ジンホ #13)→4 荒木治丞(ファンモク・チスン #0)
(P) 柳在裕(ユ・ジェユ #60)→羅圭浩(ナ・ギュホ #121)
  →金廣洙(キム・クァンス #118)→李范濬(イ・ボムジョン #29)
  →鄭赫鎭(ジョン・ヒョクジン #126)→柳Q局(ユ・ギョングック #67)
  →韓喜(ハン・ヒ #100)

※ 場内アナウンスと選手名表示がともになかったので、上記したものは違っている可能性あり


エナジックは4回、二死一・二塁から手登根祥と新城仁貴の連続適時打で
2点先制。続く5回は併殺の間に1点、6回は二死三塁から照屋永遠の右
翼線適時二塁打で4点目。9回には相手失策で労せずして5点目を挙げる
と、投手陣は5人の継投でLG2軍打線を完封。5−0でエナジックがLG2
軍を降した。


エナジックではルーキーの手登根が3安打を記録。1打席目に中前安打す
ると、2打席目は先制打となる右前安打。さらに3打席目はフェンス直撃の
右越え二塁打を放ち、打撃面で石嶺和彦監督に大きくアピールすることに
成功。富士大時代はなかなか思うように力を発揮できなかったようだが、
地元沖縄(浦添工高出身)へ帰ってきたことで潜在能力を開花させることが
できれば、エナジックにとっては大きな戦力アップとなることだろう。


LG2軍は8回までバントヒットと内野安打のわずか2安打。しかし、9回に崔
a彰の左越え二塁打と金勳榮の右前安打で無死一・三塁とし、この試合で
初めて三塁まで走者を進めた。9回からマウンドに上がった橋本直樹はエナ
ジックで登板した5人の中で最も球速の出ていた投手だったが、LG2軍の
各打者はむしろ速球でぐいぐい押してくるタイプのほうがくみしやすしなのか
なと感じた。韓国の野球って日本の野球と比べると、「力vs力」というパワー
野球のイメージが強いからね。ただ、後続の打者は連続三振と遊ゴロに倒
れ、得点を挙げることはできなかったのだが。

後日、LG関係者の方から沖縄キャンプ参加者(25人)のメンバーリストをい
ただいた。それを確認したところ、野手はこの試合に12人全員が起用され
ていたようだ。投手は13人中7人が登板。LG2軍は沖縄キャンプ中に対外
試合を2試合しか行わなかったらしいけど、もう1試合の2月22日に読谷で
行われた中日2軍との試合に残りの6人は登板したのだろうか。LGの球団
フェイスブックを閲覧してみたところ、背番号39の張盡榕(チャン・ジンヨン)
が投げている画像はあったが、後は情報がなく、知る由もないのではあるが。
posted by hiro at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球観戦(プロvsアマ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする