2017年04月07日

2017プロアマ交流戦 巨人3軍−空自千歳

ジャイアンツ球場   G3軍vs空自千歳

G3軍vs空自千歳 試合終了   G3軍vs空自千歳 試合結果


4月6日 読売ジャイアンツ球場 試合時間 3時間20分

航空自衛隊千歳_000 010 000=1  7安打、_8四死球、0失策
ジャイアンツ3軍_ 022 010 40X=9  9安打、10四死球、0失策
(航) 本木〈3回〉、稲邉〈2回〉、川崎〈1回0/3〉、平田〈1回〉、佐藤怜〈1回〉−佐藤大
(G)_橋本篤〈5回〉、井〈2回〉、田〈1回〉、大竹秀〈1回〉−高山、鬼屋敷

▽本塁打  マルティネス(G=3回2ラン)
▽二塁打  富田2(航)、青山、マルティネス(G)


航空自衛隊千歳
(3)__飯田(仙台城南高)
(8)__小野(函館大)
(5)__伊賀(道都大)→5 福井(北海高)→H 岸本太(函館大)
(D)__工藤慎(東農大生産学部)
(2)__佐藤大(東海大)
(7)__工藤研(道都大)
(6)__嵯峨(函館大)
(9)__小竹(関東学院大)→H9 大島(創価大)→H9 岸本大(旭川工高)
(4)__富田(函館大)
(P)__本木(八戸学院大)→稲邉(函館大)→川崎(道都大)→平田(旭川大)
__ →佐藤怜(札幌北陵高)

読売ジャイアンツ3軍
(8)__松原(明星大 育1)
(4)__川相(桜美林大 育3)
(3)__松澤(朝日大 育1)→9 加藤(磐田東高 育1)
(7)__青山(日大 育4)→1 大竹秀(春日部共栄高 育2)
(D)3_マルティネス(ディビーナ・プロビデンシア高 育1)
(6)__増田(小松島高 育2)
(9)37 高橋(日本文理高 育6)
(5)__田島(帝京高 育2)
(2)__高山(九産大 育1)→H2 鬼屋敷(近大高専8)
(P)__橋本篤(鎮西高 育2)→井(東北高 育1)→田(創志学園高1)→大竹秀
posted by hiro at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球観戦(プロvsアマ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

2017観戦試合

____
0227_____エナジック 5−0 LGツインズ2軍
0305_市営浦和__東北楽天ゴールデンイーグルス 2−0 日本通運
0312_千工大茜浜_千葉工大 15−2 東北工大
0318_たつのこ__ 福島ホープス 4−3 日本ウェルネススポーツ大
0320_寿____帝京平成大 2−1 札幌国際大
0402_新日住鹿島_オールフロンティア 17−0 関メディベースボール学院
0406_ジャイアンツ_読売ジャイアンツ3軍 9−1 航空自衛隊千歳
0415_____山手学院高 11−1 座間総合高 *8回コールド
0416_那須烏山__矢板東高 8−4 矢板高
0423_JR東日本柏_JR東日本 10−3 東農大北海道オホーツク


*随時更新
posted by hiro at 00:14| 2009〜17野球観戦試合一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

2017オープン戦 関メディ−オールフロンティア

関メディvsオールフロンティア


4月2日 新日鐵住金鹿島球場 試合時間 2時間45分

オールフロンティア____019 001 141=17  19安打、9四死球、2失策
関メディベースボール学院_000 000 000=_0  _2安打、3四死球、2失策
(オ) 稲葉〈5回〉、高橋京〈3回〉、高良〈1回〉−大野
(関) 上芝〈3回〉、原〈2回〉、村橋〈1回〉、澤田〈1回〉、平尾〈2回〉−富田賢、大橋

▽本塁打  大野(オ=3回2ラン)、齋藤(オ=3回2ラン)
▽二塁打  栗山、森井、安冨2、齋藤、大野、小船(オ)
posted by hiro at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球観戦(社会人) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

2017J2 千葉 vs 京都

2017年4月1日(土)
J2リーグ第6節(フクダ電子アリーナ) 観客 7,716人

ジェフ千葉   (前半1−1、後半1−1)   京都サンガF.C.


何とも評価の難しい試合だった。試合を通じてのボール保持率は、ジェフ66%、
京都34%。つまりボールを保持している時間はジェフのほうが圧倒的に長かっ
た。ただ、シュート数は、ジェフ13、京都12とほぼ互角。枠内にいったシュート
はジェフのほうが多かったような気はするけど、GK1菅野孝憲にことごとく弾き
出されてしまった。

1−2とリードを許し、敗色濃厚かと思われた後半アディショナルタイム。左サイ
ドに位置していたMF21ホルヘ サリーナスからのゴール前へのクロスボールを
DF3近藤直也がヘッドでゴール隅にねじ込み、土壇場でジェフは同点に追いつ
いた。この日の菅野は当たりに当たっていて生半可なシュートでは決まらないな
と思っていた。それだけに難攻不落といった雰囲気すら醸し出していた菅野から
近藤が執念で奪った同点ゴールは、勝点1以上の価値のあるゴールだった。


3連敗は免れたわけだけど、試合全体の印象としては勝たなければいけない試
合だったと思う。ジェフも京都もいいサッカーをしていたかというとそういうわけで
はなく、お互いミスだらけの凡戦だった。ジェフは前半8分に見事なパスワークか
FW8清武功暉のゴールで先制し、その後もボールを支配して攻め続けたが、
同24分にFW22小屋松知哉に同点ゴールを決められ、それまでのいい流れを
そこで断ち切られてしまった。

この失点シーンは何とも形容し難いものだった。ヘッドのこぼれ球が小屋松の前
に転がってしまい、GK23佐藤優也が飛び出してクリアにいくもかわされて無人
のゴールに蹴りこまれてしまった。ハイラインの弊害なのか、単にディフェンスの
ポジション取りのミスなのか。ともかく同点になってからは五分の展開に持ち込ま
れてしまい、さらに後半15分に勝ち越し点を献上してからは京都が守りに入った
こともあって、パスを回してもなかなかシュートまで持ち込めないという展開が続
いた。点が入りそうな感じはあまりなかった中、よくぞ近藤は決めてくれたと思う。


正直なところ、お互い下手だったけどやってるサッカーの質では京都よりもジェフ
のほうが上だったと思う。ただ、サッカーの質で上回ったからといって勝てるわけ
ではない。今季のジェフは昨年までと比べると見ていて面白いサッカーしている
とも思うが、それと試合に勝てるかどうかは基本的に別というのと同じことだろう。

ジェフが今季取り組んでいるハイプレス・ハイラインサッカーは、相当難易度の高
い戦術だと思う。選手全員がプレーの精度を上げていかないとこの戦術は成立し
ないし、勝てるようにはなっていかないと思う。フアン・エスナイデル監督がこれま
で指揮してきたチームでわりと短命に終わっているのもなんとなく理解できるよう
な気がする。おそらく戦術が確立されるところまで至る前にチームがしびれを切ら
してしまうのだろう。監督ころころ変えてきたジェフのフロントやサポーターが、結
果出るまで時間がかかりそうな(しかもいい結果が出る保証はない)このサッカー
に果たして耐えることができるのだろうか。


関連記事
「2016J2 千葉 vs 京都」  「2014J2 千葉 vs 京都」
「2013J2 千葉 vs 京都」  「2012DAKKANジェフ vs京都」
posted by hiro at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(2017ジェフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする