2017年04月09日

2017J2 千葉 vs 群馬

2017年4月8日(土)
J2リーグ第7節(フクダ電子アリーナ) 観客 7,361人

ジェフ千葉   (前半0-1、後半1-0)   ザスパクサツ群馬


しょっぱい試合だったわ。前半の出来はホームゲームで今季最もひどかった。
ハイプレスで来る相手にペースを握られ、開始わずか5分で失点。その後も
ディフェンスラインが慌てふためくシーンが幾度もあり、群馬に決定力があっ
たら3~4点は取られていただろう。前半終わった段階でブーイングしてもい
いわとすら思った。

フアン・エスナイデル監督も前半の出来にさぞやご立腹だったのだろう。いつ
もならハーフタイムには控え選手が出てきてピッチで練習するんだけど、控え
選手は一人も出てこなかった。恐らく控え選手も含めて全員でミーティングと
いうことになったのだろう。

後半、ケガで戦列を離れていてこの試合が復帰戦となったMF10町田也真人
が投入されると、試合の流れが変わった。監督から相当カツを入れられたで
あろうことに加えて、前半の風下から後半風上に立ったことも相まって、ジェフ
がボールを保持して攻められるようになった。そして後半22分にMF32高橋
壱晟
の同点ゴールが生まれた。

その後も圧倒的に攻めていたという印象だったが勝ち越し点は奪えず、1-1
のドローで試合終了。前半あれだけ決定機作られながらも1失点で済んだの
は運がよかったとも思うが、逆に後半あれだけ攻めながら1点しか取れなかっ
たというのが何とももったいない。開幕6連敗中だった群馬相手にドローという
結果はほぼ負けに等しいと言っていいだろうと思う。


京都・群馬と下位で苦しんでいるチーム相手にホームで連続ドロー。薄々感じ
てはいたが、ジェフの今季のサッカーだと相手の調子がいい悪いは結果にあ
まり関係してこないなというのが確信に変わりつつある。つまり、ジェフの選手
たちが自分たちのサッカーをやり切ることができるかどうかにすべてがかかっ
ているのだなと。ジェフは京都戦も群馬戦もミスだらけで、ピンチになっている
場面だけ切り取っても大半が自滅からそういう状況招いてしまってるわという
印象しかなかった。これでは勝てるわけないし、相手が調子悪くてもこっちも
付き合ってるんだからどうにもしようがない。

あと、勝つためには得点力を上げていかないといけないんだけど、その部分
がまだ物足りない。とにかくFW9ラリベイに得点を取らせるパターンを構築し
ないと今後も厳しいと思う。今の攻撃見てるとラリベイに点取ってくれっていう
のはほぼ無理だわ。左右からのクロスボールにせよ、ゴール前でのラストパ
スにせよ、ラリベイが決められるボールはほとんどいっていない。ラリベイは
献身的に働いてくれているけど、前向いてシュート撃てる場面は試合見てて
もなかなかない。ラリベイががっちりマークされているのであれば、他の選手
がそれを逆手にとってしっかり決めないとね。ラリベイの得点が伸びていかな
ければ、チームの得点力も上がっていかないし、イコール勝ちにも結び付か
ない。ラリベイをいかしきれていないのが何とももどかしい限りだ。


関連記事
「2016J2 群馬 vs 千葉」 「2016J2 千葉 vs 群馬」
「2015J2 群馬 vs 千葉」
「2014J2 群馬 vs 千葉」 「2014J2 千葉 vs 群馬」
「2013J2 千葉 vs 群馬」 「2013J2 群馬 vs 千葉」
「2012DAKKANジェフ vs草津」 「2012DAKKANジェフ vs草津(アウェイ)」
「2011J2 ジェフ千葉-ザスパ草津」 「2010J2 ジェフ千葉-ザスパ草津」