2017年05月08日

2017高校春季山形県村山地区予選 山形東-山形学院

山形東vs山形学院 試合終了   延長15回終了時のスコアボード


5月4日(二次予選1回戦)
荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた 試合時間 3時間17分

山形学院
012 000 000 000 000=3  _4安打、10四死球、1失策
000 201 000 000 000=3  12安打、_5四_球、3失策
山形東
(学) 松田〈3回2/3〉、大場勇〈2回1/3〉、飯野〈9回〉-志鎌、青柳
(東) 舩山〈5回〉、齋藤〈10回〉-篠村


<打撃成績>
山形学院_60打席、45打数、_4安打、5犠打、10四死球、21三振、12残塁
山形東__62打席、51打数、12安打、6犠打、_5四_球、_8三振、14残塁

<投手成績>
山形学院
_田 _3回2/3_球数_59、打者18、安打6、四_球1、三振_1、自責2
大場勇 _2回1/3_球数_33、打者10、安打2、四_球1、三振_0、自責1
_野 _9回___球数110、打者34、安打4、四_球3、三振_7、自責0
山形東
_山 _5回___球数_82、打者25、安打3、四死球5、三振_4、自責0(失3)
_藤 10回___球数164、打者35、安打1、四_球5、三振17、自責0


山形東が6回から、山形学院は7回からエースを投入。この両エースを双方
ともに打てなさそうだなと思ったので、「延長になるかもしれないな」とは思っ
た。けれどそのまま15回まで全く点が入らずにいってしまうとはさすがに思
わなかった。


圧巻だったのは山形東のサウスポー齋藤(#1)の投球だろう。6回から14
回までの9イニングを無安打に抑え、15回の先頭打者に内野安打を許した
が、被安打はその1本のみ。6回から9回まではパーフェクトに封じ込み、そ
れ以降は制球にばらつきが出て計5四球を与えたが、その一方で奪三振は
6回から2・2・1・2・1・2・1・3・1・2で計17を数えた。直球の最速は130キ
ロ台前半だったが、それに加えてブレーキの効いたカーブもかなり効果的だ
ったと思う。また、先発して5回まで投げた右サイドハンドの舩山(#10)が、
球速が出ない分緩急をうまく使って投球をする投手だったので、舩山との球
速差に山形学院打線が対応できなかったというのもあったように感じた。

山形学院の飯野(#1)もよく投げたと言っていいだろう。先発した右アンダー
ハンドの松田(#10)は、山形東の舩山同様球速は出ないものの緩急を駆
使して投球を組み立てていく投手だったので、こちらは2番手として大場勇
(#20)を一人挟んでいたとはいえ、松田の球速に慣れてしまっていた山形
東打線が飯野の攻略に苦しんだという部分はあったのかもしれない。飯野は
三者凡退で打ち取ったイニングは1イニングしかなく、再三再四得点圏にサヨ
ナラの走者を背負ったもののそれをことごとくしのぎ切ったのだった。
posted by hiro at 00:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球観戦(高校) | 更新情報をチェックする