2017年09月01日

2017J2 千葉 vs 岐阜

試合の記事書くときは必ずダイジェスト映像を見返すんだけど、
今回はあまり見る意欲がわかなかったな…。


2017年8月26日(土)
J2リーグ第30節(フクダ電子アリーナ) 観客 7,900人

ジェフ千葉   (前半1-2、後半0-1)   FC岐阜


まあ一言でいえば完敗。球際でことごとく競り負けてボールを拾えず、
常に相手のペースで試合を進められてしまった。FW14風間宏矢
ハットトリックをやられてしまったわけだが、風間が超絶にいいプレー
をしていたという印象はない。風間にやられたというよりも守備のもろ
さから簡単に裏をとられて失点を重ねてしまったという感じだった。

この試合では、これまで2ケタゴールを挙げているラリベイ清武功暉
に加えて、中盤の要的存在の町田也真人まで出場停止で欠いていた。
前線の得点力が落ちている状態で攻守に貢献度の高い町田まで不在。
これで前半20分までに2失点ではやはり厳しかった。そして、この3人
は替えが効かない存在であることもはっきりしてしまったわけだ。


試合見てて、いい出来だったなと思えたのはMF15熊谷アンドリュー
だけだった。熊谷はポジショニングがいいのか、相手のパスをことごと
くカットして的確に相手の攻撃を潰していた。熊谷は試合を追うごとに
アンカーのポジションにおけるプレーの安定感が増してきている。自分
も当初は熊谷のプレーぶりにはダメ出ししてたんだけど、今では欠か
せない戦力へと変貌を遂げたと言っていいだろう。それだけに、この試
合でのイエローカードで累積警告が8枚となり、次節から2試合の出場
停止となってしまったのは残念だった。

これまで29試合中27試合に先発出場していたGK23佐藤優也に代
わって、キーパーには新加入のルイス オヘーダが起用された。3失
点という苦いデビューとなってしまったが、プレーの評価はひとまず保
留かな。初出場ということでディフェンスの選手たちとの連携面に不安
もあったし、そもそも完璧に守備が崩されての失点ばかりだったので
オヘーダの能力云々というレベルの話でもなかった。早速酷評してる
人もいたようだけど、まだ評価降すのは早いわ。


この試合での敗戦で、次節のヴェルディ戦はチームの命運を左右す
る重要な一戦となってしまったなあ。現在6位のヴェルディとの勝点
差は6。まだ12試合残しているとはいえ、ここで負けて9ポイント差
がついてしまうと挽回はかなり厳しくなってきてしまうと言っていいだ
ろう。熊谷を出場停止で欠くことになるが、今節欠場した3人は戻っ
てくる。昇格戦線生き残りをかけたヴェルディ戦、勝ち負け云々はそ
のとき次第なので何とも言えないけれど、「勝つんだ」という気概を見
せてほしいなとは思う。


関連記事
「2016J2 千葉 vs 岐阜」 「2014J2 千葉 vs 岐阜」
「2013J2 千葉 vs 岐阜」 「2012DAKKANジェフ vs岐阜」
「2011J2 FC岐阜-ジェフ千葉」 「2011J2 ジェフ千葉-FC岐阜」
「2010J2 ジェフ千葉-FC岐阜」
posted by hiro at 23:52| Comment(0) | サッカー(2017ジェフ) | 更新情報をチェックする