2010年03月31日

2010J2 ジェフ千葉-ザスパ草津

ジェフ千葉vsザスパ草津

フクアリのバックスタンドの指定された席に腰を下ろし、ジェフ
サポーター席のほうを見ると、横断幕が掲げられていた。
内容より結果。勝ち点3しかいらない

前節、ジェフはアウェイで徳島ヴォルティスに1-3で敗れ、初黒星を
喫していた。3試合消化したところで1勝1敗1分。いまひとつエンジン
のかからないチームに対するゲキともいえる横断幕だった。


2010年3月28日(日)
J2リーグ第4節(フクダ電子アリーナ) 観客10,068人

ジェフ千葉 (前半0-0、後半2-1) ザスパ草津


前半、ジェフは大半の時間を相手陣内に攻め込んでいたが、ゴール前
へのラストパスが通らず、決定的といえるチャンスはほとんどなかった。
逆に、防戦一方だったザスパにビッグチャンスが到来。ジェフのディフェ
ンスが自陣ゴール近くで不用意にボールを失い、右サイドからゴール
前へ絶妙のクロス。これをどフリーでヘディングシュートされたが、ボー
ルはゴール枠内にいかず、命拾いした。完璧1点もののシーンだった。
失点しなかったのは運がよかったとしか言いようがない。
結局前半はスコアレスのまま終了した。


後半に入ると、ザスパもジェフ陣内に攻め込むシーンが出てきて、前半
ほどジェフ優位の展開ではなくなる。そして後半18分、ザスパは右サイ
ドからフリーキックのチャンスをつかむと、ゴール前に上がったボール
MF2戸田和幸が倒れ込みながらのヘディングシュート。これがゴー
ル右隅に突き刺さり、ザスパ先制。実は、これが第4節にしてザスパの
チーム初ゴール。通算333分目の初得点であった。

客席から見てたら、混戦の中で誰が押し込んだのかわからなかったの
だが、戸田の得点と聞いて、「うわ、戸田に決められたのかよ」 と頭を抱
えた。戸田は一昨年ジェフに在籍していて、最終節で 「奇跡のJ1残留」
を決めた試合にも出場していた選手だ。その年限りでジェフを退団(個人
的にはチームに残ってほしい選手だったが、球団が契約更新しなかった)
し、昨年は韓国でプレー。そして今年はザスパでプレーすることになった
のだ。多くのジェフファンは、戸田が一昨年のJ1残留に大きく貢献したこ
とを知っているので、このゴールは複雑な思いで見ていたことだろう。
また、これは後で知ったのだが、フリーキックを蹴ったのは元ジェフの
廣山望だったようだ。元ジェフコンビにしてやられるとはねえ…。

後半も残り10分を切り、ジェフの選手、サポーターにも焦りの色が見え
はじめようかという後半37分。FW18巻誠一郎がヘッドでパス、それをさ
らにFW20ネットがヘッドで落としたところを、途中出場のFW29青木孝
が左足でシュート。これがゴール左隅に決まり、ジェフが同点に追いつ
いた。青木孝は昨年、ファジアーノ岡山に期限付き移籍していた選手で、
J2のリーグ戦を経験しているチームにとっては貴重な存在だ。その青木
孝のゴールで試合は振り出しに戻った。

さらに後半ロスタイム。ジェフはフリーキックのチャンス。この場面でMF
3アレックス
が左足を振り抜くと、ボールは相手ディフェンスの選手に当
たってコースが変わり、ザスパGK常澤聡の逆をつくかたちとなってゴー
ルへと吸い込まれた。土壇場でジェフが2-1と勝ち越しに成功し、この
ままタイムアップ。アレックスの劇的なロスタイム弾でジェフが逆転勝ち。
勝ち点3をもぎ取った。


まさにサポーターが掲げた横断幕どおりの試合だったような気がする。
内容は決してよくなかったが、結果だけはついてきたというところか。
攻めに攻めていた前半で点をとっていれば、もっと楽な展開になってた
かもしれなかったけどねえ。

ただ、0-1の局面で、ジェフGK櫛野亮が相手の超至近距離からのシュ
ートに体を投げ出してセーブにいった結果、背中にボールが当たって奇
跡的にゴールを割られなかったシーンもあったことを考えると、よく勝て
たなあとも言える。それにしても今までサッカー見てきて、背中でシュー
トをクリアしたキーパーなんて初めて見たわ(苦笑)
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/145178834

この記事へのトラックバック