2011年06月23日

2011大学選手権 近大工学部−名桜大

6月8日(1回戦) 東京ドーム 試合時間 1時間50分

近大工学部 (広__六)_ 000 011 010=3  10安打、1死球、0失策
__大 (九州地区)__000 000 000=0  _0安打、1四球、2失策

近大工学部
(7) 箱田(近大福山3)→H 上原(鳥取商3)→7 渡辺(盈進1)
(6) 石嵜(如水館3)
(5) 森田(西条農2)
(D) 以後(矢上3)
(9) 橋本(広島工4)
(3) 岡本陵(西京2)
(2) 廣兼(大産大付2)
(8) 植杉(華陵4)
(4) 宮崎(香川中央2)
(P) 久保田(山陽3)

__
(6) 篠原(祐誠3)
(9) 座安(本部4)
(2) 上間(中部商2)
(3) 宮城拓(本部3)
(D) 平良(浦添工2)
(7) 桑江(沖縄尚学1)→H 嶺井(中部商2)→7 カラム(浦添商1)
(4) 與座(中部商4)
(5) 島袋(首里3)
(8) 片山(祐誠2)→H 新垣(豊見城3)
(P) 蔵当(中部商4)


近大工学部・久保田高弘 投手  ノーヒットノーランの詳細
*打撃結果の後の ( ) 数字はその打者に要した球数
1回 (15球)
篠原  遊ゴロ(6)、座安  投ゴロ(5)、上間  右飛(4)
2回 (10球→計 25球)
宮城拓  空振り三振(3)、平良  空振り三振(4)、桑江  空振り三振(3)
3回 (18球→計 43球)
與座  空振り三振(3)、島袋  二飛(5)、片山  四球(8)、篠原  遊ゴロ二封(2)
4回 (9球→計 52球)
座安  遊ゴロ(2)、上間  空振り三振(5)、宮城拓  右飛(2)
5回 (13球→計 65球)
平良  空振り三振(6)、桑江  空振り三振(4)、與座  見逃し三振(3)
6回 (18球→計 83球)
島袋  見逃し三振(6)、片山  二邪飛(4)、篠原  遊飛(8)
7回 (9球→計 92球)
座安  遊飛(4)、上間  二ゴロ(1)、宮城拓  見逃し三振(4)
8回 (9球→計 101球)
平良  右飛(4)、代打・嶺井  空振り三振(3)、與座  遊ゴロ(2)
9回 (8球→計 109球)
島袋  左飛(1)、代打・新垣  一ゴロ(2)、篠原  遊ゴロ(5)

球数 109  打者 28 (許した走者は四球の1人のみ)    
<アウト内訳>  三振 11、内野ゴロ 8、内野飛球 4、外野飛球 4


近大工学部を見るのは2007年の大学選手権・上武大戦(1−11の7
回コールド負け)以来4年ぶり、名桜大を見るのは2002年の九州地区
大学選手権(大学選手権出場校を決める春季トーナメント)・福岡県立
大戦(14−1の5回コールド勝ち)以来9年ぶりだった。どちらも見たこと
のないチームではないし、東京ドーム朝8時半開始の第1試合となれば
早起きは必須である。行こうかどうしようか迷ったが、結局行くことにした。
この日はこの試合だけを見てきた(会社は午前休しかとらなかった)わけ
だが、おそらく行かなかったら後悔していたことだろう。


試合の序盤を見た感じでは「どっちも点取れないんじゃないだろうか」
と思ったが、近大工学部は5回に先制すると6回、8回にも追加点。
名桜大の蔵当投手も出来自体は決して悪くはなかったのだが…。


近大工学部の左腕・久保田投手は非常によくまとまった好投手だった。
ストレートの球速は135キロ前後が多かったと思うが、そのほかにカー
ブ、チェンジアップが効果的に決まっていた。名桜大の各打者は特にチ
ェンジアップに翻弄されていたようだった。また、この日の球審は外にス
トライクゾーンが広い印象だったので、近大工学部バッテリーはそこもう
まく突いていたように思う。

回が深まるにつれて自分の緊張感も高まっていったが、と同時に簡単
にはいかないことも十分承知していた。友人からは「8回までノーヒット
でいってやっと(記録達成の)確率は五分五分くらい」という話も聞いた
ことあったし。

最後の打者が遊ゴロに倒れて記録達成となった瞬間のことは正直あま
り覚えていない。感慨のようなものは特になかった。あ、達成しちゃうと
きってこんな(あっさりした)もんなのかなあと思ったくらいだった。


近大工学部・久保田投手にとってはうれしい記録の達成であったとは思
うが、裏を返せば名桜大にとっては初出場した大学選手権の舞台でほ
ぼ完璧に抑え込まれてしまい、悔しい思いをすることになったわけだ。
ただ、3年生以下の選手たちにとっては同じ舞台で今回の借りを返すチ
ャンスはまだ残っている。今回の経験を糧にして、沖縄勢がまだ成し遂
げていない全国初勝利を目指してがんばってもらいたいと思う。
posted by hiro at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球観戦(大学) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/211510538

この記事へのトラックバック