2011年11月21日

2011J2 ジェフ千葉-ザスパ草津

2011年10月16日(日)
J2リーグ第31節(フクダ電子アリーナ) 観客 8,902人

ジェフ千葉   (前半1-1、後半1-2)   ザスパ草津


ジェフは前半3分、DF5マーク・ミリガンがいつものごとくゴール前
にロングスローを放り込む。それをノーマークだったFW9深井正
が頭で合わせて電光石火の1点先制。身長161cmと高さのな
深井が頭で決めるという珍しいゴールだった。

このリードを保ったまま前半を終わりたいところだったが、44分、
左サイドからDF23永田拓也がゴール前にクロスを入れると、これ
を走りこんできたFW19後藤涼が豪快にヘッドでゴールに叩き込
んで草津が同点に追いついた。この場面、永田にボールが渡った
ところでジェフのディフェンスはほとんどがゴール前に下がってし
まい、永田にノープレッシャーでクロスを上げさせてしまった。決め
られるべくして決められてしまったというところか。

前半を終わった段階での草津の印象としては、まず右サイドにボ
ールを預けてそこから攻撃を組み立てようという意図が垣間見え
た。そしてパスもよくつないでくるなと感じた。


後半11分、ジェフはゴールほぼ正面からのフリーキックをMF20
伊藤大介
が直接決めて再び1点勝ち越すも、7分後にMF26小林
竜樹
に決められて再び追いつかれる。そして43分、右サイドのタッ
チラインぎりぎりのところから上がったクロスを途中出場のFW18
萬代宏樹
にヘッドで決められてとうとう勝ち越しを許してしまう。こ
の土壇場での失点を取り返す力は、ジェフには残っていなかった。
2-3でジェフは手痛い敗戦を喫した。


今年のホームゲーム観戦でとうとう初黒星。う~ん、鳥栖戦同様二
度リードしたのに守りきれない…。なんか守備が軽い感じだし攻撃
も薄い。ジェフは2点ともセットプレーからの得点なのに対して、草
津は3点とも流れの中からの得点。正直草津のほうが全然いいサ
ッカーしてた。なんだか絶望感しか感じないゲームだった。


この試合の3日後に行われた水戸ホーリーホック戦に0-1で敗れ
た後、ジェフはドワイト・ローデヴェーヘス監督を解任。結果的には、
草津戦はドワイト監督が指揮を執った最後のホームゲームとなっ
てしまったわけだ。
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/236326934

この記事へのトラックバック