2012年11月24日

ジェフ、J1昇格ならず

ジェフのJ1昇格を目指した戦いは昨日終わった。
昇格プレーオフ決勝で大分トリニータに0-1で敗れ、
ジェフのJ1昇格は夢と消えた。

相手のある勝負事には、勝者がいればその陰に必ず
敗者も存在する。勝つこともあれば負けることもある。
今回は勝った大分のほうが強かった。
ただそれだけのことである。


昨年までジェフに在籍していた林丈統の鮮やかなループ
シュートが決まって、自分は改めて電光掲示板の時計を
見た。時計は88:00になろうかというところだった。

自分は1点取られた段階で初めてもう時間がないことを
認識した。つまり「もう少しで逃げ切れる」という思いはそ
れまでも全く持っていなかったのだ。とにかく1点取らな
いとまずいという思いのほうがずっと強かった。

勝っても負けても自分は試合終わったら泣くかなあと思っ
てたんだけど、試合終了の瞬間思わず下向いて頭抱えた
けど「負けたあ」と口にしただけで涙は出なかった。

それにしても林にやられるとは…。ジェフに出戻ってきて
2010年から2シーズンプレーしたが得点はなし。正直
戦力外になっても仕方ないなと思っていた。今年はタイ
でプレーした後に大分入団。そしてこの大一番でジェフ
に引導を渡したのである。あのループシュートはずっと
目に焼きついて離れないだろうな。


ということで、ジェフは来年もJ2での戦いということになった。
監督、レンタル移籍している選手も含めた所属選手の去就が
まだわからないわけだけど、自分は来年も木山隆之監督に
指揮を執ってもらいたいなと思っている。ホーム最終戦・松本
山雅戦で選手たちが展開した華麗なパスワークを目の当たり
にして「木山監督のサッカーの進化形」を見たくなったからだ。

昨日の国立競技場では「マッチデープログラム」が配布され
ていた。自分ももらったがろくに目も通さず、家に帰ってから
捨てた。もう気持ちは来年に切り替えた。監督・選手たちに
は気の毒だけど「まだまだ苦しみなさい」ってことなんでしょ
うととらえるしかないかな。
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック