2014年12月08日

J1へ行くには何かが足りないんでしょう

ジェフゴール裏


技術的な部分で足りないものはたくさんあるだろうけど、
その他に何が足りないのかは自分にはよくわからんけれど。


2014年12月7日(日)
J1昇格プレーオフ決勝(味の素スタジアム) 観客 35,504人

ジェフ千葉   (前半0-1、後半0-0)   モンテディオ山形


見ていた限り、両チームに力の差はなかった。チャンスを確実に仕留めら
れたか否か、試合における差はそこだけだったと思う。決して山形のGK
山岸範宏がスーパーセーブを連発したわけではなかった。札幌の金山隼
愛媛の児玉剛のほうがよっぽどストップされた印象は強い。だから山
岸じゃなくてもジェフのシュートは弾き出されてたでしょう、おそらく。

ジェフの試合の出来がひどかったと言ってる人がいるけど、この試合だけ
見て言ってるのかな? 今季の試合つぶさに見てる人の発言じゃないな。
少なくとも今季のジェフは、鈴木淳監督のときから関塚隆監督に代わって
からも出来のよかった試合なんてほぼなかった。ひどい出来の試合(0-
6の湘南戦
はワーストの出来ではない)はいくつもあったけど、そういった
試合に比べればこの試合ははるかにマシだった。

あれだけの数集まったジェフサポーターの期待に応えられなかった選手
たちは、ほんとにつらかっただろうし、悔しかったと思う。その思いを忘れ
ないでほしい。2012年のときは、プレーオフ決勝で敗れた後も天皇杯
の試合があったんだけど、今回はこの試合が今季最後の試合となった。
これが最後の試合というのは悲しいし、寂しい。


常々自分は、このプレーオフのレギュレーションは「3位チームに対する優
遇が少なすぎる」と思っていた。3位のチームが4位以下のチームと等しく
準決勝から登場することが不満だったのだ。今回、北九州がJ1ライセンス
を持っていないということで参加できず、3位チームは決勝からの出場とな
った。要するに、自分的には今回は理想的な形でのプレーオフだったのだ。
これだけ有利な状況にあった中で突破できなかったのだからもう仕方ない
でしょう。


今回自分は混雑が予想される京王線の飛田給駅を避けて、西武多摩川線
の白糸台駅と味スタの間を往復歩いた。まあ人が少なかったのはよかった
んだけど、行き帰り大回りしたからか味スタがより遠く感じた。そして、帰り
が長くてつらかった。一昨年のプレーオフ決勝の帰りも電車で放心状態の
ジェフサポーターの顔を見てため息をついたんだけど、今年はもうみんな
目つぶってたな(苦笑)。自分が人から見たら放心状態な顔してただろうな。


自分は心狭いので山形の選手・サポーターに対して「J1昇格おめでとう」
とは言えない。言えるのは、「1年で戻ってくるなよ」ってことだけかな。
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック