2015年10月23日

2015J2 千葉 vs 大分

2015年10月18日(日)
J2リーグ第37節(フクダ電子アリーナ) 観客 10,658人

ジェフ千葉   (前半0-2、後半2-0)   大分トリニータ


この日のジェフは選手間の距離もよく、パスもうまくつながっていて最近見た
中ではかなりいい出来のサッカーをしていたと思う。しかし前半35分までに
2失点を喫し、厳しい展開を強いられることとなった。


1失点目は、GK21高木駿がシュートをキャッチし損ねて前にこぼしたところ
FW39荒田智之に詰められて決められてしまった。あの高木のファンブル
は何だったんだろ…。死角から急にシュートが来て捕り損ねたとしか思えな
いようなプレーだった。それにしても、荒田か…。荒田らしい泥臭いゴールだ
った。2012年にレンタル移籍によってジェフに在籍していた時も、自分は
田を高く評価していた
。荒田はねえ…、ほんとケガさえしないで試合に出続
けられればシーズン15~20点くらい取れる力はある選手だと思ってる。
今は敵チームにいるので、ゴール決められてうれしいはずはないんだけど、
健在なところを見られたのはよかった。

2失点目は、対角からきたクロスボールをDF5若狭大志がノートラップボレ
ー。ボールはワンバウンドして高く跳ね上がり、GK高木の頭上を越えてゴ
ールへと入ってしまった。シュート自体は見事だったし、このシュートについ
ては高木もほぼノーチャンスだったと思う。あれは若狭をフリーにしてしまっ
たディフェンスのほうに問題ありとみた。


ジェフは前半から右サイドを切り崩しての攻めが多かった。DF2大岩一貴
運動量豊富に動き回って盛んにクロスを上げるんだけど、如何せん大岩は
クロスの質がいまいちでなかなか得点に結びつかなかった。逆にクロスの
質が高いDF17中村太亮の左サイドはなぜかあまり使わず。中村は「あま
り上がるな」とか指示でも受けてるんだろうか。中村は攻めあがっていいク
ロス上げてなんぼの選手だと思うんだが…。確かに守備で穴を作るリスクも
あるけれど、中村の攻撃力をいかせないのであれば中村を起用してる意味
はほぼなくなってしまうんだけどね。


後半10分にFW11ネイツ ペチュニクのヘディングシュートで1点を返したも
のの、残り時間が少なくなるにつれガッツリひいて守りを固めてきた大分の
守備網をなかなか破れない。これは厳しいなと思っていたが、アディショナル
タイム突入直後、ペナルティエリア内でドリブル突破を図ろうとしたDF13金
井貢史
が倒されてPKを獲得。これをネイツがしっかりと決めて土壇場で試
合を振り出しに戻し、結局そのままドローに持ち込んだのだった。

PKもらった場面はMF8谷澤達也なら確実にとってもらえなかったな(笑)。
中継を録画しておいた千葉テレビの映像を確認してみると、確かに大分の
選手が足を引っ掛けているようには見える。倒れるほどのファウルだったの
かはわからないけれど、金井が曲者ぶりを発揮したシーンだったように思う。

まあここで金井がPKもらってたので、試合終了間際にカウンターで攻めあが
ったMF14町田也真人がペナルティエリア内で倒されたのはとってもらえな
いわな。谷澤からのパスを受けた也真人はディフェンスのいる中に切り込む
んじゃなくて、ボールを外へ持っていってディフェンスをはがしたうえでシュー
トへ持ち込まなきゃいけなかったのだろう。ジェフは数的優位のカウンターを
仕留めるのはあまり得意じゃなさそうだけど、ああいうチャンスは確実にいか
せないと勝点はなかなか伸びていかないんじゃないかな。


関連記事
「2014J2 千葉 vs 大分」
「2012DAKKANジェフ vs大分(J1昇格プレーオフ)」
「ジェフ、J1昇格ならず」
「2012DAKKANジェフ vs大分」
「2011J2 ジェフ千葉-大分トリニータ」
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック