2015年11月29日

2015J2 千葉 vs 讃岐

2015年11月23日(月)
J2リーグ第42節(フクダ電子アリーナ) 観客 10,400人

ジェフ千葉   (前半0-1、後半0-1)   カマタマーレ讃岐


試合終わった時の率直な感想、「情けない…、J2でも真ん中あたりのチーム
に成り下がってしまった」だった。下位のチームにも勝ちきれなかったり負け
たりもしばしば。このチーム状態で最終節までプレーオフ進出の可能性を残
していただけでも奇跡的だったのかもしれない。そして案の定最終節で敗れ
て、プレーオフ進出を逃したのだった。

試合自体は、「ジェフの攻撃練習、讃岐の守備練習」といった様相だった。
ボールを圧倒的に保持して攻めながらもJ2最少失点を誇る讃岐の守備網
を崩せない。何せシュートすら撃たせてもらえない。そして苦し紛れの遠目
からのミドルは正確性を欠いていた。攻めに工夫がないから相手からしたら
守りやすいのだろうな。シーズン通して、関塚隆監督のサッカーってどういう
攻め方をして点を取ろうとしているのかが全く見えなかった。「攻めれない、
守れない、走れない」。この3つが揃っていれば勝てないのも当たり前だった。


過去最低の9位でシーズン終了。15勝15敗12分の勝点57も過去最低の
成績だろう。関塚監督の去就がどうなるのかはわからないけれど、来シーズ
ンへ向けての希望の光も全く見えないシーズン最終戦だった。続投するなら
頑張ってもらいたいけれど解任されても文句の言えない成績だと思う。5月
からずっと低空飛行を続け、ついに最後まで浮上することのなかった今シー
ズンのジェフ。攻めも守りも組織的な部分が見えず、個々の能力だけでどう
にかしようとしてるように見えた。来シーズンは相当の覚悟で臨まないと、J
1昇格どころかJ2残留争いをしてもおかしくないだろう。それぐらいリーグ下
位のチームとは差がない。悲しいけれどそれが現時点での実力だと思う。


関連記事
「2014J2 讃岐 vs 千葉」
「2014J2 千葉 vs 讃岐」
「2013天皇杯 千葉 vs 讃岐」
「2010地域決勝 決勝R 三洋電機洲本-カマタマーレ讃岐」
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック