2016年03月08日

ハンファイーグルス 高知キャンプ

ハンファ高知キャンプ 立看板


2月6日(土)

13時半過ぎに高知入りし、最初に向かったのが高知市野球場だった。
韓国プロ野球・ハンファイーグルスの高知キャンプは1月半ばから始まって
いたので、すでにキャンプ開始から2週間が経過していた。球場では紅白戦
が行われているところだった。

高知市野球場 外観    ハンファ高知キャンプ

高知市野球場ネット裏席    ハンファ歓迎横断幕


ひとまず自分が知りたかったのは、翌日に社会人チームのアークバリアとの
試合が行われるのかどうかということだった。試合の情報は、室井昌也さん
が運営するHP「韓国プロ野球応援サイト ストライク・ゾーン」から得ていたの
だが、それ以外のところからは全く情報が入ってこなかったのだ。ひとつの情
報だけを頼りにするのはかなり心細い。だから球場に来て試合の有無を確
認したかったのだけれど、結局のところ何ひとつ情報は得られなかった。

球場の正面玄関入口横に机があり、机上には今シーズンのハンファイーグル
スのメンバー表が置かれていた。メンバー表は日本語版と韓国語版があり、
これはこれでありがたかったのだけど、スケジュール表の類はなかった。キャ
ンプ期間全体のものやその日1日のものでもよいのであればよかったのだが。

一応ネット裏には球団スタッフと思しき人はいたけれど、グランドでは紅白戦
が続いているし、そもそも言葉通じるのかすらわからなかったので、声をかけ
る気にはなれなかった。その後の予定もあったので、20分ほどいただけでこ
の日は球場を後にした。


2月7日(日)

高知市野球場へやってきたのは11時過ぎだった。試合開始予定時刻は13時
ということだったので、2時間前に来てもう始まってたらそれはもはや仕方ない
なと思っていた。球場の外にアークバリアのバスが停まっていたので試合自体
ちゃんと行われることがわかり、まずはホッとした。結局試合は当初の予定より
30分早い12時半に開始となった。

「2016プロアマ交流戦 ハンファ-アークバリア」

試合中、場内アナウンスはなかったが、電光のスコアボードに選手名は表示さ
れていた。事前にYouTubeで昨年行われたハンファと四国銀行の試合の模様
を確認していたので、こういう条件下で行われていることは知っていた。ハンフ
ァの選手は、昨年の背番号つけていたり、ルーキーはメンバー表にも載ってい
ない番号つけてたりだったので、表示があるだけでもありがたかった。ちなみに、
この試合の数日後に行われたハンファとJR四国の試合では、選手名表示すら
なかったようだ。


余談だが、ハンファのメンバー表には総計で97人の選手名が載っていた。韓国
プロ野球の選手保有枠(NPBでいうところの支配下登録選手枠)は65人だそう
なので、30数人は育成選手ということになる。NPBと比較することに意味はな
いだろうが、育成選手が多数在籍しているイメージのある福岡ソフトバンクホー
クスでもその人数は20人強である。これだけの選手を抱え込んでいることに何
か意味はあるのだろうか? 年俸は安く抑えられているにしても、球団経営的に
もかなり負担になるのではないかと思うのだが。 
posted by hiro at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | その他野球 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック