2016年04月07日

踏破球場リスト記事の改訂をしました

踏破球場リスト(随時更新)


数日前から空いた時間に過去記事の手直しを行っている。閲覧ブラウザ
によって甚だしい文字ズレが生じていることが今さらながらにわかったの
で、そのあたりの修正を行っている。ただ、このブログには現状900本以
上の記事があるので、まあ地道にやっていこうかなと思う。そのあたりの
話はまた後日にでも。


踏破球場リストも閲覧ブラウザによっては見づらい感じになっていたと思
うので、修正を施すと同時に都道府県ごとにいくつの球場に行ったかとい
う数値も加えてみた。


たくさんの球場に行っている都道府県はどこなのかを順位付けすると、

1位__葉(43球場)、2位__玉(37球場)、3位__京(28球場)、
4位_神奈川(24球場)、5位__城(23球場)、6位__岡(14球場)
7位__島(12球場)、8位__馬(11球場)、9位_栃木、愛知(10球場)


1位の千葉は在住してるんだから当然と言えば当然だろう。50も視野に入れ
られるところまでは来ているが、まずは春秋の高校野球予選で使う球場でま
だ訪れていない流山市営とナスパには行かないといけないなとは思っている。

2位が東京でなく埼玉というのは自分の中では意外だった。熊谷公園という
大物にまだ行ってないんだが…。それにしても、東京は埼玉よりも9球場も少
なかったか。東京で名前が知られていてまだ行ってないのは福生ぐらいかな。
「東京は野球場不足」という声を聞くけど、本当にその通りなのかもしれない。
2020年の東京五輪時に神宮球場使用不可なんてことほんとにできるのか?

4位の神奈川は高校野球の夏の予選で使う球場すらまだすべて行っていな
い。大和、藤沢八部、ハマヤクがまだなんだけど、どうも神奈川の場合、「い
つでも行ける」という思いがあるから、迷ったときによそを優先してしまう傾向
がある。その結果、行こうと思ったことはあるけどいまだに実現していないの
だ。中井もそのパターンにはまっている。あと、最近南足柄を高校野球で使
わなくなってきているのがちょっと気になるところだ。

5位の茨城はまだ開拓の余地あり。この3月には桜川と神栖海浜に行く予定
だったが、天候の問題で直前に断念している。高萩、常陸大宮、笠間、結城
鹿窪あたりもまだ残しているので、30までは伸ばすことも可能だろう。

群馬・栃木よりも静岡・福島の開拓球場数のほうが多いというのも意外だった
けど、ある意味それはわからなくもない。静岡・福島の場合、新幹線使うこと
が多いだろうから、群馬・栃木へ行くより所要時間がかからないという面が大
きいのではないだろうか。静岡なんか昨年だけで4球場新たに行ってるもの。


47都道府県制覇は既に完了してるんだけど、当面の目標としては、その県
でまだ1球場しか行ってないところをなくしていくというところに置いている。
と言ってもそれは簡単ではない。残っているのは、和歌山・鳥取・徳島・佐賀・
沖縄の5県。試合が多くて容易に行けそうなのって徳島ぐらいしかない。沖縄
は行って空振り(経験済み)だとショックでかいしなあ。沖縄は、「気象予報士
泣かせ」と言われるぐらい予報が難しい県なのだとか(日本国内で最も予報
が難しい県だとどこかで聞いたことがある)。予報では大丈夫だったのに、来
てみたら雨でしたってパターンはなかなかにきついものなあ。
posted by hiro at 23:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 球場 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「2016観戦試合」の記事だけを見ますと、千葉県在住の方なんて分かりませんよね!

関東地方の中で球場数が多いのは、自分のイメージでは「千葉・茨城・埼玉」の三強です。「東京・神奈川」は高校野球地区予選等を高校グラウンドで行うほど、不足しているのかなぁ~と感じています。
自分も茨城は未開拓が多いので、お会いするかも知れませんね!
Posted by 10.19 at 2016年04月10日 23:18
10.19さん


確かに関東では、その3県は球場多いなという気はします。
茨城なんか公共交通機関で行くのは困難なとこだらけというか
(ただし、行けないわけではない)。桜川、新利根、神栖海浜、
新日鐵住金鹿島、常陸大宮etc…。茨城で会ったらびっくりだけ
ど、メジャーどころで双方とも行ってないとこってパッとすぐには
思いつかないね。
Posted by hiro at 2016年04月11日 00:22
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436353054

この記事へのトラックバック