2016年08月15日

2016全国高校定通制軟式大会 キラリ−岡山操山

キラリvs岡山操山    キラリvs岡山操山 試合結果


第63回全国高等学校定時制通信制軟式野球大会

8月14日(1回戦)
葛飾区総合スポーツセンター野球場(奥戸球場) 試合時間 2時間17分

岡山操山高校・通信制(東中国地区・岡山)
___003 000 112=7  5安打、7四死球、1失策
___000 001 001=2  1安打、4四死球、3失策
キラリ高校・通信制(山静地区・静岡)
(岡) 難波〈6回〉、吉澤〈3回〉−岡本
(キ) 服部〈9回〉−山口

▽二塁打  遠藤、岡ア、難波(岡)


岡山操山は3回、無死一・二塁から二塁走者が三盗に成功。これに捕手の
悪送球が重なり、走者が一気に生還して1点先制(一塁走者も二塁進塁)。
この後四球で再び一・二塁から2番遠藤(#6)が左中間を破る2点適時二
塁打を放ち、この回計3点。対するキラリは6回、先頭打者が四球で出塁。
次打者の三ゴロをサードがセカンドへ悪送球する間に一塁走者が長躯生
還して1点返す。

2点差に詰め寄られた岡山操山は7回に遠藤の右犠飛で4点目を挙げる
と、8回は二死三塁から7番岡ア(#10)の左中間適時二塁打で5点目。
9回は二死三塁から3番難波(#1)の右越え適時二塁打と捕逸の間に三
塁走者が生還して2点追加で計7点。6点を追うキラリは9回、一死一・三
塁のチャンスを作ると、捕逸の間に三塁走者が生還して1点返したが反撃
はここまで。7−2で岡山操山がキラリを降し、2回戦進出を決めた。


岡山操山は先発の難波が5回までパーフェクトピッチング。6回に失策絡
みで1点失ったものの被安打0のまま7回から2番手の吉澤(#13)へと
継投。吉澤も3イニングで5三振を奪う力投でキラリの反撃を封じ込んだ。

キラリは中盤までよく食い下がったが終盤突き放され、初出場初勝利は
ならなかった。それでも、9回の守備ではセンター頭上を抜けようかとい
うあたりを原田(#9)が飛び込んでキャッチするファインプレーを見せ、
客席は拍手に包まれた。実際、この試合で一番盛り上がった場面だった
かもしれない。


試合会場である葛飾区総合スポーツセンター野球場にはHEFcランプが
なかった。そのため、安打失策については自己判断せざるを得なかった。
キラリは9回一死まで無安打だったのだが、ここで2番絹村(#6)の打っ
たあたりはどん詰まりの投手前へのゴロ。これを処理にいった投手が弾い
てしまい、絹村は出塁。自分は少し迷ったが失策ではなく安打にした。
終わってみれば、キラリの安打はこの1本のみだった。
posted by hiro at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球観戦(高校) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441043057

この記事へのトラックバック