2016年09月10日

2016天皇杯 千葉 vs 金沢

第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会

2016年9月3日(土)
天皇杯2回戦(フクダ電子アリーナ) 観客 3,021人

ジェフ千葉   (前半0-0、後半2-0)   ツエーゲン金沢


ジェフは1回戦の北教大岩見沢戦から、GKを岡本昌弘から佐藤優也に代
えたのみでこの試合に臨んだ。結果としては、後半12分にエウトン、同41
分に長澤和輝がゴールを決めて2-0で勝利したが、チームとしての出来
はあまりいいとは思えなかった。相手の金沢はメンバー落としていたらしい
けど、こちらもあまりいい状態には見えなかった。ということでどちらも低調
だったけど、リーグ戦の順位が中位のジェフが下位の金沢を退けたという
現状の順位通りの結果だったような気がする


ジェフはアランダが前半の38分で退いて佐藤勇人が入ったが、アランダが
いなくなったら案の定中盤でボールが拾えなくなった。後半は金沢にボール
を持たれて攻め込まれるシーンが多くなり、二度ほどあわやという決定機を
作られたが、ジェフのディフェンスが体張ってどうにか失点はせずに済んだ。

見ていてちょっと気になったのは、攻め込まれたところでなんとかボールを
奪い返しても、大きく蹴り出してクリアするのか、味方にパスしてつなぐのか
を迷っているうちに再びボールを奪われてピンチを招いてしまうことが何度
かあったことだった。失点につながりかねない状況判断のまずさが出てしま
っていた感じだった。


勇人や後半26分から投入された小池純輝は久々の公式戦出場だったはず
だが、首脳陣へのアピールという部分では今一つといった出来だった。小池
は試合終盤得意の攻め上がりがなくなっていたのでどうしたんだろうと思っ
ていたら、DFの丹羽竜平にアクシデントがあったため、丹羽とポジション入
れ替えてDFの位置に入っていたらしい。DFでは小池の持ち味も出しづらい
し、小池にとってはちょっと不運だったかなとも思う。


3回戦は9月22日(木・祝)に年間総合勝点でJ1トップを走る川崎フロンタ
ーレとの対戦が決まった。長谷部茂利監督代行がチームを再構築している
途上において、攻守にどこまで通用するのか絶好の力試しの機会を得るこ
とができたわけだ。まあリーグ戦とリーグ戦の合間に試合が組まれている
ので、ベストオーダーで臨むことは難しそうなのが残念ではあるけれど。
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック