2016年11月14日

2016招待試合 市沼津高−横浜高

市沼津vs横浜    市沼津vs横浜 試合結果


沼津市立沼津高等学校創立70周年記念 野球部招待試合

11月12日 愛鷹球場 試合時間 2時間29分

___000 144 001=10  12安打、7四死球、1失策
市立沼津_300 000 002=_5  _7安打、4四死球、1失策
(横) 板川〈6回〉、万波〈3回〉−福永
(市) 横山〈4回1/3〉、河原〈0/3回〉、服部〈4回2/3〉−佐藤蓮

▽本塁打  万波(横=6回満塁)
▽三塁打  山崎(横)、土屋、谷口(市)  ▽二塁打  長南(横)


市沼津は初回、二死二塁から4番土屋(#9)の右越え適時三塁打で1点
先制。さらに相手失策で2点目を挙げ、なおも一・二塁から7番清(#5)
の左前適時打で3点目。3回まで1安打に抑えられていた横浜は4回、二
死満塁から押し出し四球で1点返すと、続く5回には相手のバッテリーエ
ラーや失策、6番福永(#2)の左前適時打などで4点を挙げて逆転に成
功。6回には4番万波(#9)のグランドスラムも飛び出し、一気にリードを
広げる。2回以降無得点だった市沼津は9回、二死から安打と四球で一・
二塁から8番谷口(#4)が一塁線を破る適時三塁打を放って2点を返し
たが、最後の打者は三振に倒れて試合終了。横浜が10−5で市沼津を
降した。


横浜・万波の満塁弾はすごい一打だったの一言に尽きる。打った瞬間そ
れとわかるあたりで、左中間のスタンドを越えて場外へと消えていった。
1年生にして190cm,92kgという体格も規格外だが、飛距離も規格外
のすさまじさだった。これ見れただけでも愛鷹まで来たかいはあったなと
思った。前のイニングの打席でも満塁で回ってきて(最終的にはバッテリー
エラーで二・三塁に変わった)
、そのときは力んだのか遊飛に打ち取られたん
だけど、同じ状況で再び回ってきた打席ではきっちり結果を残して見せ
たのだった。

市沼津は、先発の横山(#1)が3回までは横浜打線を8番板川(#1)の
ヒット1本だけに抑えていた。横浜打線は横山の縦の変化球への対応に
苦慮しているように見えたが、打線が2巡目に入るとストライクからボー
ルになる球をきっちり見極められるようになり、それに伴って四球が増え
ていった感じだった。4回は与四球4で1失点し、5回一死から1番増田
(#8)に左前安打されたところで横山はマウンドを降りた。横山の降板
後に市沼津は逆転を許したわけだが、それは横浜打線の圧力に屈した
というよりも1イニングで3つバッテリーエラーが出たり失策があったりだ
ったので、実質的にはほぼ自滅だった。市沼津にとってはせっかくいい
形で先制したのにちょっともったいない試合だったなと思う。
posted by hiro at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球観戦(高校) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443920220

この記事へのトラックバック