2016年12月11日

とても興味深い世代間交流戦

11月23日、佐賀県で個人的にとても興味深い試合が行われていたようだ。


第2回世代間交流親善軟式野球大会
会 場:唐津市野球場
組合せ:成年-中学選抜、古希-学童選抜

___000 010 00_=1
中学選抜_000 100 01x=2
(延長8回タイブレーク)
___000 000 0=0
学童選抜_021 020 X=5


成年と中学生の対戦はともかく、古希(一般的には70歳のこと)と学童
(小学生)の対戦はちょっと絵面が想像しにくいんだが…。祖父と孫が試
合してるような感じってことだよね、これ。第2回ってことは昨年から始ま
ったんだろうけど、この大会すごく見てみたいわ。佐賀県軟式野球連盟
のHPに試合結果が載っていたんだけど、おそらく事前に試合の告知は
なかったんではないかと思う。そうなると事前に試合の情報を掴むのっ
てかなり難しいだろうな。


野球の世界って、プロ・社会人・大学・高校にはそれぞれに統括してい
る組織があるので、つい20年ぐらい前まではそれぞれの団体の枠を
超えたつながりってほぼなかったのではないかと思う。それが、プロが
社会人と交流戦をできるようになり、数年前にはプロと大学生の試合
も可能になった。社会人と大学は昔からオープン戦なんかではちょい
ちょい対戦してたのだろうけど、大学と高校のオープン戦なんてのも
最近はちらほら見かけるようになった。もっとも、大学と高校も知らな
いだけで昔から意外と試合組んだりはしてたのかもしれないけれど。

「プロvs社会人」、「プロvs大学」、「社会人vs大学」、「大学vs高校」、
ブログのジャンル分けにもある通り、自分はこのカテゴリーの違うチー
ム同士の交流戦はこれまでに観戦したことがある。ということで、まだ
観戦したことがないのは、「プロvs高校」、「社会人vs高校」ということ
になる。プロと高校はおそらく今後も対戦が実現することはないでしょ
う。社会人と高校となると、自分はこれまでに確か一度か二度ではあ
るけど、社会人のクラブチームと高校生の間でオープン戦の予定が
組まれているのを目にしたことはある。残念ながら予定があわなくて
見には行けなかったのだが。

あと意外なところでは、社会人のクラブチームと女子硬式野球チーム
の間でオープン戦の予定が組まれているのを見て、驚いたこともある。
もっとも、試合がちゃんと行われたのかどうかは定かではない。そもそ
も男女間だとパワーの差が歴然としているので、試合するのは結構危
険な気もするけどどうなんだろ。

2011年に自分はマスターズ甲子園の埼玉予選を見に行ったことがあ
るんだけど、その大会の決勝戦と同じ日にエキシビジョンマッチとして
マスターズ埼玉選抜と女子硬式野球高校生チームというカードが組ま
れていた。見に行きたかったんだけど、開始時間が全くわからなくて観
戦断念したんだったかな。このときは、記憶はあいまいだけど女子高
校生チームのほうが勝ったと記憶している。


こういった交流戦は、力量差がありすぎると試合にならないという事態
にもなりかねないので、マッチメイクとしてはなかなか難しいところもあ
ると思う。でも普段対戦しないチーム同士の対戦が実現するってだけ
でわくわくする部分もまたあるのよね。自分がこういう対戦をわりと多
く見に行っているのは、試合展開が読みにくいのでその分興味をそそ
られるという部分が大きいのかもしれない。
posted by hiro at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他野球 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444780647

この記事へのトラックバック