2017年01月11日

5年ぶりに沖縄へ(その3)

2016年12月24日(土)


沖縄バス  那覇バスターミナル 5:507:36 銀原
<名護東線  バス代1,500円>

夜明け前だったからか、車内は寒くてガタガタ震えていた。暖房入れてほ
しいくらいだったけど、そもそも沖縄のバスには暖房なんか最初からない
のかも。まさか沖縄で寒さに震える事態に遭遇するとは思わなかった。
銀原バス停から徒歩10分ちょっとで金武町ベースボールスタジアム着。


金武町ベースボールスタジアム
金武町球場 遠目から    金武町球場内観

金武町球場スコアボード    金武町球場ネット裏客席


「2016中学新人戦沖縄県大会 那覇鏡原中-金武中」
*入場無料、パンフ300円 (試合開始8:58~試合終了10:32


沖縄バス  銀原 10:4711:24 名護十字路
<名護東線  バス代820円>

銀原から名護へと行く途中でバスは辺野古を通る。辺野古のキャンプ・
シュワブ正門ゲート周辺では、辺野古への普天間基地移設反対派の座
り込みが行われていた。ただ、自分がバスの車内からパッと見たところ
では、そこにいた人たちから殺伐とした空気は感じられなかった。たまた
ま自分が見た人たちがそういうオーラをまとってなかっただけかもしれな
いが。この3日後の12月27日より、3月から中断されていた移設工事
は再開されることになったのだった。

名護東線の名護十字路バス停とその後乗る辺士名線の名護十字路バ
ス停は、同一名称だが別の場所にある。同一名称のバス停が複数個
所にあるっていうのは結構厄介で、その事実をあらかじめ知ってないと
バスを時間通りに乗り継ぐことはできない。歩いて2~3分の距離では
あるが、銀原から乗ったバスが10分近く遅れていたこともあり、急いで
辺士名線の名護十字路バス停へと移動した。


沖縄バス  名護十字路 11:3812:19 半地共同売店前
<辺士名線  バス代940円>

辺士名線からの車窓
辺士名線の車窓から1    辺士名線の車窓から2

海岸線を走る辺士名線の車窓から見える景色は、「これ、ほんとに日本
なのか?」と感嘆してしまうくらい見事なものだった。きれいな海の向こう
には、屋我地島、古宇利島を望むことができ、2つの島と島の間にかか
っている古宇利大橋もうっすらとではあるが見ることができる。画像では
よさがいまいち伝わらないのがもどかしいところだ。


かいぎんスタジアム国頭
沖縄中学新人大会立看板    かいぎん国頭内観

かいぎん国頭スコアボード    かいぎん国頭スコアボード裏


バス停から徒歩5分程度のかいぎんスタジアム国頭に着くと、目の前
で行われている試合はまだ4回に入ったところだった。先に行ってきた
金武町とこの国頭では、この日大会1・2回戦の3試合が行われること
になっており、国頭の試合はまだ2試合目だった。ハシゴであれば「間
に合ったあ」で終わりなんだけど、この日は沖縄本島最北端の辺戸岬
へと観光に行く予定にしていた。第3試合を見ていると辺戸岬へ行く時
間がなくなってしまうので、観戦は翌日へ持ち越しとなった。
posted by hiro at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック