2017年02月05日

私立大から公立大に鞍替えした学校って結構あるのね

公立大化、すがる地方_定員割れ私学・若者残したい自治体
〈2017年2月5日 朝日新聞

経営環境が厳しさを増す私立大と若者の地元からの流出に悩む自治
体。全国で進む私立大の公立化は両者のさまざまな事情や思惑が一
致した結果だ。だが、少子化の流れが止まらない中、国や自治体の税
金の使い方として効果的なのかといった課題は残る。
(これ以後の文は登録者のみしか読めないため、記事引用ここまで)


▽記事中、図で示されていた大学
既に公立大へと移行
長岡造形大(2014年度)、静岡文化芸術大(2010年度)
福知山公立大(2016年度)、鳥取環境大(2012年度)
高知工科大(2009年度)、山口東京理科大(2016年度)
名桜大(2010年度)
今後公立大へと移行予定、もしくはその可能性あり
千歳科学技術大(市に要望)、旭川大(検討中)
新潟産業大(検討中)、長野大(2017年度)
諏訪東京理科大(2018年度)、公立小松大(2018年度)


昨年試合を観戦した福知山公立大が、私立の成美大から公立大へと
移行したのは当然知っていた。けれど名桜大(沖縄県名護市)が公立
大になっていたのは全く知らなかった。2010年4月には公立大になっ
ていたので、2011年に大学野球選手権に出場したときには、すでに
公立大として出場していたというわけか。福知山公立大のように名称
変更でもあればはっきりわかるんだけど、名桜大の場合は名称も変わ
ってないので全く気付かなかったなあ。


私立大から公立大へと変わると、周囲からの評価や学校としての格も
若干上がるのかなあと漠然と思ってしまうんだけど、実際のところはど
うなんでしょ。あと、私立大のときに卒業したOB,OGは公立大へと生
まれ変わった母校に対してはどういう思いを抱いているのだろうか。
「一応母校だけどなんか違う、実質別の学校」って思いなのかな。これ
って、公立高校出身者が学校統合によって自分が通っていた当時の
学校の原型がなくなってしまったというのと相通ずるところがあるのか
なと思う。

母校が統合したりなくなったりしても、たいして気にならないという人も
当然いるだろう。だけどそれを仮に自分に当てはめてみると、寂しい
思いや複雑な思いを抱くことにはなるだろうなあ。
posted by hiro at 22:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 大学野球 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちなみにだが,長野大学は今年から関甲新に復帰するらしいですよ,日本文理高校の大井監督も退任されるらしくて,僕としては新潟の大学野球監督になってほしい,新潟大と新潟医福大だけじゃさみしいので
Posted by wataru at 2017年03月01日 21:07
wataruさん


長野大は6年ぶりの連盟復帰、リーグ戦出場は7年ぶりとなります。部員
不足の状態が長く続いて脱退したわけですが、学生数自体が1200人程
度なので、元々あまり規模の大きな学校ではないんですよね。公立化し
たところで定員が急に増えるわけではないでしょうから、部員が劇的に増
えるということはないと思います。部を存続させていくのは今後も決して楽
ではないと思いますが、なんとか頑張っていってもらいたいところです。

新潟の大学は、かつては敬和学園大や新潟産業大あたりも関甲新に
加盟してたんですけどね。こちらもまた長野大同様部員が集まらなくな
って脱退という流れだったんでしょうね。
Posted by hiro at 2017年03月01日 23:05
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446695050

この記事へのトラックバック