2017年03月09日

2017J2 千葉 vs 山形

2017年3月4日(土)
J2リーグ第2節(フクダ電子アリーナ) 観客 11,807人

ジェフ千葉   (前半0−0、後半1−1)   モンテディオ山形


前半、ボールを支配して攻めまくったが得点は挙げられなかった。こう
いう展開では得てして後半流れが変わってしまうのが常であり、案の
定53分にサイドからペナルティエリア内深くに侵入され、最後はFW
11阪野豊史
に決められて先制を許してしまった。しかしその7分後に
FW9ラリベイがペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。これをFW
11船山貴之
が落ち着いて決め、すかさず同点に追いついた。その後
はどちらも得点奪えそうなところはあったものの決めきれず、1−1の
ままタイムアップ。開幕戦を白星発進したチーム同士の対戦は、ドロ
ーで勝点1を分け合う結果に終わった。


ちばぎんカップはテレビでしか見なかったが、フクアリで先月行われ
たSC相模原とのトレーニングマッチは見に行っていたので、ジェフが
ハイプレス・ハイラインで戦っているのは当然知っていた。

ハイプレスは、はまれば高い位置でボール奪取できるので必然的に
得点できる可能性は高くなる。今季は前線にタレントが増えたので得
点は昨年よりも取れるのではないかと思う。新外国人のラリベイは、
厳しいマークにあってもシュートを枠に持っていくだけのスキルの高
さを見せてくれた。また、この試合では昨季在籍していたチームで10
番をつけていたFW8清武功暉(熊本)とMF15熊谷アンドリュー(金
沢)も途中出場。今後チーム内の連携が向上してくれば、攻撃面はさ
らによくなっていくであろう可能性を感じた。

ハイラインは、山形が幾度となくディフェンスラインの背後にロングボ
ールを入れて崩そうとしていたが、オフサイドの網にかかることも多く、
そこから即決定機を作られるということはさほどなかった。だが、GK
23佐藤優也
が飛び出すシーンはわりと多く、GKが対応誤って失点
につながってしまうことが今季はありそうだなとも思った。


山形の木山隆之監督は前半でジェフのウイークポイントを見抜き、
後半はMF21ホルヘ サリーナスが高い位置をとり、3バックの左に
DF33西野貴治を配したジェフの左サイドを突く攻撃を多用してきた。
失点シーンは、その左サイドを深くえぐられた挙句にゴール前でパス
をつながれてやられてしまった。木山さんはジェフで監督やった後、
神戸で対戦相手の分析担当やってたんだっけか。となれば、試合の
中で攻略プラン練るのはお手の物だろう。敵に回すとほんと厄介な
指揮官だわ。ジェフはこの人を1年で放り出しちゃったんだからねえ。


前半で得点取れていれば勝てた試合だったとは思うが、後半は一
進一退の展開であり、お互いに勝ちきれなかったという印象を残し
た試合だったように思う。2試合で1勝1分けは決して悪くはない。
ここ2年のジェフは、開幕から1〜2カ月経過するとそこからチーム
状態は下降線をたどるというシーズンが続いている。今季はチー
ム状態が右肩上がりのシーズンになってくれればいいのだが。


関連記事
「2016J2 千葉 vs 山形」  「J1へ行くには何かが足りないんでしょう」
「2014J2 千葉 vs 山形」  「2013J2 山形 vs 千葉」
「2013J2 千葉 vs 山形」  「2012DAKKANジェフ vs山形」
posted by hiro at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー(2017ジェフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447760220

この記事へのトラックバック