2017年04月02日

2017J2 千葉 vs 京都

2017年4月1日(土)
J2リーグ第6節(フクダ電子アリーナ) 観客 7,716人

ジェフ千葉   (前半1-1、後半1-1)   京都サンガF.C.


何とも評価の難しい試合だった。試合を通じてのボール保持率は、ジェフ66%、
京都34%。つまりボールを保持している時間はジェフのほうが圧倒的に長かっ
た。ただ、シュート数は、ジェフ13、京都12とほぼ互角。枠内にいったシュート
はジェフのほうが多かったような気はするけど、GK1菅野孝憲にことごとく弾き
出されてしまった。

1-2とリードを許し、敗色濃厚かと思われた後半アディショナルタイム。左サイ
ドに位置していたMF21ホルヘ サリーナスからのゴール前へのクロスボールを
DF3近藤直也がヘッドでゴール隅にねじ込み、土壇場でジェフは同点に追いつ
いた。この日の菅野は当たりに当たっていて生半可なシュートでは決まらないな
と思っていた。それだけに難攻不落といった雰囲気すら醸し出していた菅野から
近藤が執念で奪った同点ゴールは、勝点1以上の価値のあるゴールだった。


3連敗は免れたわけだけど、試合全体の印象としては勝たなければいけない試
合だったと思う。ジェフも京都もいいサッカーをしていたかというとそういうわけで
はなく、お互いミスだらけの凡戦だった。ジェフは前半8分に見事なパスワークか
FW8清武功暉のゴールで先制し、その後もボールを支配して攻め続けたが、
同24分にFW22小屋松知哉に同点ゴールを決められ、それまでのいい流れを
そこで断ち切られてしまった。

この失点シーンは何とも形容し難いものだった。ヘッドのこぼれ球が小屋松の前
に転がってしまい、GK23佐藤優也が飛び出してクリアにいくもかわされて無人
のゴールに蹴りこまれてしまった。ハイラインの弊害なのか、単にディフェンスの
ポジション取りのミスなのか。ともかく同点になってからは五分の展開に持ち込ま
れてしまい、さらに後半15分に勝ち越し点を献上してからは京都が守りに入った
こともあって、パスを回してもなかなかシュートまで持ち込めないという展開が続
いた。点が入りそうな感じはあまりなかった中、よくぞ近藤は決めてくれたと思う。


正直なところ、お互い下手だったけどやってるサッカーの質では京都よりもジェフ
のほうが上だったと思う。ただ、サッカーの質で上回ったからといって勝てるわけ
ではない。今季のジェフは昨年までと比べると見ていて面白いサッカーしている
とも思うが、それと試合に勝てるかどうかは基本的に別というのと同じことだろう。

ジェフが今季取り組んでいるハイプレス・ハイラインサッカーは、相当難易度の高
い戦術だと思う。選手全員がプレーの精度を上げていかないとこの戦術は成立し
ないし、勝てるようにはなっていかないと思う。フアン・エスナイデル監督がこれま
で指揮してきたチームでわりと短命に終わっているのもなんとなく理解できるよう
な気がする。おそらく戦術が確立されるところまで至る前にチームがしびれを切ら
してしまうのだろう。監督ころころ変えてきたジェフのフロントやサポーターが、結
果出るまで時間がかかりそうな(しかもいい結果が出る保証はない)このサッカー
に果たして耐えることができるのだろうか。


関連記事
「2016J2 千葉 vs 京都」  「2014J2 千葉 vs 京都」
「2013J2 千葉 vs 京都」  「2012DAKKANジェフ vs京都」
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448703034

この記事へのトラックバック