2017年05月07日

2017高校春季山形県村山地区予選 山本学園-東海大山形

山本学園vs東海大山形   山本学園vs東海大山形 試合終了


5月4日(二次予選1回戦) 
天童市スポーツセンター野球場 試合時間 1時間50分

東海大山形_000 000 100=1  _5安打、2四死球、1失策
山本学園__100 000 30X=4  10安打、2四_球、1失策
(東) 中村〈6回〉、有路〈1/3回〉、鈴木〈1回2/3〉-松沢
(山) 渡辺〈9回〉-高橋翼

▽二塁打  大島、斎藤(山)


1点を追う東海大山形は7回表二死三塁の場面で、先発してここまで6回
1失点の8番中村(#1)に代打を送り、勝負に出た。そして起用された伊
藤一(#15)はベンチの期待に応えて左前適時打を放ち、1-1の同点
に追いついた。勝負をかけた代打策は見事に奏功した。が、しかし…。

7回裏からマウンドに上がった2番手の有路(#13)が捕まり、一死二・三
塁から2番森谷(#4)にスクイズ(記録は内野安打)を決められて勝ち越
しを許す。さらに森谷が二盗を決めて再び二・三塁から3番高橋翼(#2)
の左前適時打で二者が生還し、この回計3点。この3点ビハインドをはね
返す力は東海大山形には残されていなかった。


エースに代打を送って勝負に出た捨て身の策は実を結んだかに見えたが、
結果的には裏目に出てしまった。随分と思い切った策に出たなあとは思っ
たが、東海大山形ベンチとしては7回に同点に追いつけても追いつけなく
ても、残りイニングは後続の投手で何とかつないで8回9回で勝機を見出
そうとしたのだろう。春季大会だからこそ打てた策なのかもしれないけれど。
posted by hiro at 20:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球観戦(高校) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんか東海大山形弱くなってしまいましたね
昔は山形といったら東海大山形か日大山形でしたね
時の流れを感じます
Posted by ABE at 2017年05月08日 19:16
ABEさん


甲子園での戦績を確認してみてわかったのですが、東海大山形が最も強か
ったのって1980年代なんですよね。80年代には夏5回春2回の甲子園出
場実績がありましたが、90年代は95年夏のみ、2000年代は04年春に出
場したのみです。そしてこの04年春が最後の甲子園出場となっています。

選手強化が今はどうなっているのかは知りませんが、現在は県外からの
野球留学選手で固められているという状態ではないようです。
Posted by hiro at 2017年05月08日 23:00
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック