2017年05月25日

2017J2 千葉 vs 熊本

2017年5月21日(日)
J2リーグ第15節(フクダ電子アリーナ) 観客 10,068人

ジェフ千葉   (前半0-0、後半1-1)   ロアッソ熊本


毎度毎度同じような試合を見せられているような気がする。前半はともか
く、後半は圧倒的にボールを支配して攻めに攻めたが、得点は後半38分
FW50指宿洋史が個人技で決めた1点のみ。後半5分に先制されてい
たので価値ある同点ゴールではあったが、試合はドローに終わったため
勝点は1止まり。下位チームにはことごとく取りこぼすし、チームがよい方
向に進んでいるようには全く見えない。今後に向けて不安しか残らない試
合だった。


後半5分の失点シーンについては、自分のところからは副審がフラッグを
上げたのでオフサイドなのだろうと思ったが、主審は笛を吹かずにプレー
続行。ボールを持ってドリブルしていたFW11グスタボに対して、ジェフの
選手で対応していたのはDF3近藤直也のみ。他の選手はフラッグが上が
ったことでプレーを止めてしまっていた。その結果、シュートを決められ、
先制を許してしまったというわけだ。

その場ではわからなかったが、グスタボにボールが渡るきっかけとなった
のはFW8清武功暉のマイナスキックからということだったので、熊本の選
手が蹴ったボールではなかった以上オフサイドではないということは理解
した。副審は熊本の選手が蹴ったボールと勘違いしてフラッグを上げてし
まったらしい。「主審が笛を吹いていないのだから、セルフジャッジしてプ
レーを止めてしまったジェフの選手が悪い」とも言い切れないよね、これ。
清武のキックが不用意だった(ただし、熊本の選手に当たってグスタボの
前へいってしまったという情報もあり)ことは言うまでもないけど、それに
副審のミスジャッジが重なってしまったために起こった不運な失点だった。


ただ、そういうことがあったにしてもね、地力のあるチームなら得点取り返
して逆転まで持っていけるんだろうけれど、今のジェフにはそこまでの力は
ない。せっかくハイプレスによって高い位置でボール奪取しても、そこから
ゴール奪うまでの手筋が個人頼みで全く仕込まれていないように感じる。
FW9ラリベイは相当能力の高い選手であることは間違いないんだけど、
このラリベイをいかした攻撃がほぼできていないのだから、そう思ってしま
うのも無理はない。正直なところ、今シーズンは見ていてストレスが溜まる
ような試合内容が多いような気はする。

エスナイデル監督、理想を追い求めるのもいいけど同時に現実も見つめ
て下さいよ。勝点積み上げていかないとJ3降格っていうのもあることをほ
んとに理解してる? 今のまんまじゃ、夏場に選手の動きが落ちて全く勝
てなくなるか、夏場の失速を最小限度に食い止められたとしても、連勝は
ほとんどできずにただ漫然と勝ち負け分けを積み重ねるだけでシーズン
終わっちゃいますよ。江尻篤彦コーチや長谷部茂利コーチの進言をちゃ
んと取り入れたりしてますか? もうすでに日本人コーチとの間に溝がで
きてるような気がしてならないんだけど。


関連記事
「2016J2 千葉 vs 熊本」  「2014J2 千葉 vs 熊本」
「2013J2 千葉 vs 熊本」  「2012DAKKANジェフ vs熊本」
「2011J2 ジェフ千葉-ロアッソ熊本」
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック