2017年07月20日

2017神奈川2回戦 私的注目カードは麻布大付が勝利

地名がついたごく平凡な名称の高校出身の自分にとって、カタカナ名
称の高校には異様に関心があったりする。聖隷クリストファーは見て
みたいと思いつつもいまだに観戦できていない。今夏はオイスカと横
須賀の「スカスカ対決」を磐田城山球場に見に行こうかとも考えてい
たが、結局実現はしなかった。アレセイアも数年前からマークしてい
て、今回ようやくタイミングがあったというわけだ。

麻布大付は、3年前まで麻布大渕野辺という高校名だった。自分にと
っては、麻布大学も渕野辺という地名も全く縁もゆかりもないけれど、
逆に謎過ぎて興味を惹きつけられていた部分はあった。ちょっと調べ
てみたところ、麻布大学って今話題の獣医学部がある大学なのね。
完全に理系の大学なので自分とは縁遠いのも当然と言えば当然だっ
た。ちなみに麻布大学と麻布高校は別法人であり、関係はないらしい。


第99回全国高等学校野球選手権神奈川大会

7月16日(2回戦) 
サーティーフォー保土ヶ谷球場 第2試合 試合時間 2時間42分

アレセイア湘南__000 000 200=2  _5安打、2四球、2失策
____000 303 20X=8  13安打、5四球、0失策
(ア) 村岡〈4回0/3〉、井深〈3回〉、駒澤〈1回〉-平野
(麻) 永井〈6回〉、野水〈2/3回〉、射水〈1回1/3〉、永井〈1回〉-幡生

▽本塁打  射水(麻=7回2ラン)
▽二塁打  廣田、宇留志、佐藤(ア)、藤崎、大内、米田(麻)


麻布大付は4回、一死二塁から4番幡生(#2)の左前適時打で1点先制。
5番藤崎(#3)が左越え二塁打で続き、二・三塁から6番大内(#9)の左
前適時打で2点目。さらに7番萩原(#5)のスクイズがバントヒットとなって
3点目。6回には二死一・二塁から1番川村(#7)の左前適時打に送球エ
ラーが重なり、二者生還。なおも安打と四球で満塁から振り逃げの間に三
塁走者が還り、この回計3点。

6点を追うアレセイアは7回、二死一塁から4番廣田(#3)の左越え適時
二塁打で1点返すと、5番宇留志(#7)もセンター左への二塁打で続いて
もう1点。2点返して点差を4点に縮めたが、麻布大付はすぐさま射水(#
10)がレフトへ2ランHRを放ち、点差は再び6点に。アレセイアは8回9
回も走者を出したものの得点は挙げられず、スコアは動かないまま試合
終了。麻布大付が8-2でアレセイアを降し、3回戦進出を決めた。


「ここで代えるかあ」と思わずため息をつきそうになった。6回裏の攻撃で
3点加えてリードを6点に広げたところで、麻布大付ベンチはここまで1四
球を与えたのみで無安打投球を続けていた先発の永井(#1)をライトへ
回し、2番手として野水(#11)をマウンドへと送った。麻布大付の監督
としては、点差がついたのでエースを少しでも休ませ、次の試合に備え
て控え投手に夏の大会のマウンドを踏ませようと考えたのだろう。ベンチ
ワークとしては間違っていないし、その考え方も理解はできる。でもねえ、
永井が素晴らしい投球をしていたので、どこまでいけるのか見てみたい
という思いも自分にはあった。だから交代したときはちょっと残念に思っ
たのだった。

アレセイアは、先発の村岡(#1)が3回まで麻布大付打線を1安打無失
点に抑えていたが、4回に3点を献上。5回の先頭打者に内野安打を許
したところで降板となった。確かに麻布大付・永井投手の出来を見た感
じでは、アレセイアの監督があの時点で「3点以上点差が広がると追い
つくのが困難になる」と考えてもおかしくはなかった。だから目先を変え
るために継投に入ったのだろうけれど、結果的には村岡をもう少し引っ
張ったほうがよかったのかなと思った。村岡は4回に連打こそ浴びたけ
れどまだまだボールに力はありそうだったし、せめて守備には残してお
いたほうがよかったのかなと。


永井を降ろした麻布大付は7回8回を投げた2人の投手が精彩を欠き、
眠っていたアレセイア打線に火をつけてしまった感じになり、9回は永井
を再びマウンドに上げざるを得なくなった。一方のアレセイアも継投によ
って失点を防ぐことはできなかった。ともに継投策がうまくはまらず、双
方の監督ともに思惑とは少し違った展開となってしまった試合だったの
かなと思う。
posted by hiro at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球観戦(高校) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック