2017年07月28日

2017女子ソフトボール強化試合 NZ代表-日立

女子ソフト強化試合   ソフトボール仕様のゼットエーボールパーク

ニュージーランド代表のハカ   NZ代表vs日立 1
試合前、「ハカ」を披露するニュージーランド代表の選手たち

NZ代表vs日立 2   NZ代表vs日立 3

NZ代表選手一覧   日立選手一覧


7月23日 ゼットエーボールパーク 試合時間 1時間19分

ニュージーランド代表_000 00=_0  _4安打、1四_球、1失策
日立サンディーバ__ 222 5X=11  14安打、2四死球、0失策
(ニ) ホワイト〈2回1/3〉、ベッグ〈1回2/3〉-グラディン
(日) 泉花穂〈5回〉-清原

▽三塁打  槌谷、倉本、田邊(日)


ニュージーランド代表
(8)_モーレンドーフ(#7)
(4)_クーパー(#14)
(9)_ホアニ(#25)→R ウェラヒコ(#24)→9 ホアニ(*再出場
(1)D ホワイト(#19)
(5)_アンドリューズ(#9)
(6)_ブレイクウェル(#3)
(2)_グラディン(#23)
(3)_ハーン(#4)
(7)_テュアラ(#10)
(P)_ホワイト→ベッグ(#18)

日立サンディーバ
(8)_槌谷(日体大)
(7)_田邊(環太平洋大)
(5)_林(京都西山高)
(6)_倉本(木更津総合高)
(3)_松畑(日体大)
(2)_清原(園田学園女子大)
(D)_鈴木(日出高)
(9)_市川(日出高)
(4)_松岡(京都西山高)
(P)_泉花穂(早大)


初回から日立がヒットを連ねて着々と得点を重ねていった。初回から4回
までに毎回の14安打をニュージーランドの2人の投手に浴びせ、得点は
5番松畑の3打席連続適時打をはじめとする8本の適時打で10点プラス
犠飛による1点の計11得点。問答無用の完勝だった。日本の女子ソフト
ボールって自分が考えてた以上にめちゃめちゃ強いのかな? ニュージ
ーランドは世界ランキング5位なんだけど、この相手を日本リーグの単独
チームが完膚なきまでに叩きのめしてしまうのだから。

ニュージーランドは、試合直前になって先発投手がホキアンガから4番DP
指名選手)に入っていたホワイトへ変更となったようだ。ホキアンガに何か
アクシデントがあったのかもしれないが、急遽マウンドに上がったのであろ
うホワイトは準備不足からか日立打線の餌食となってしまった。打線もわ
ずか4安打と振るわなかったが、先頭打者のモーレンドーフは「走り打ち」
も見せつつ2安打を放ち、攻撃陣の中ではただ一人存在感を示していた。


ソフトボールを生観戦したのは今回初めてだったけど、野球見慣れてる
せいか、やはり塁間が短いなと感じた。一瞬、「これゴロ転がったらみん
な内野安打になるんじゃないの?」と思ったが、野手も相当前に守って
いるので内野安打が頻発するということはなかった。また、「外野の間
抜けたらみんなランニングホームランか?」とも思ったが、仮設フェンス
に両翼67m(センターは表示なし)の表示があり、めちゃ広いわけでも
ないからか、外野抜けるあたり打った選手も三塁までは行けても一気
に本塁までとはならなかった。

投手は、スピードボール投げてくるのと同じ腕の振りでチェンジアップ投
げてくるのがすごすぎるわ。打者は基本スピードボール待ちなんだろう
けど、そこにチェンジアップ混ぜられるとタイミングとるの異様に難しそう。
最初からチェンジアップ待ちであれば打てるんだろうけどね。投手として
は、どのタイミングでチェンジアップ使うかというのも打者との駆け引きの
ひとつなんだろうな。
posted by hiro at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトボール | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック