2018年06月09日

2018千葉県大学春季二部三部入替戦 千葉大-日大生産工

千工大茜浜運動施設.JPG   千葉大・鈴木智博投手.JPG
_________________千葉大 鈴木智博 投手(3年・水戸一)


6月2日(1回戦) 千葉工大茜浜球場 試合時間 2時間46分

日大生産工学部 (二部6位)_401 000 121=9  14安打、9四死球、0失策
____大 (三部1位)_120 500 000=8  12安打、3四_球、4失策
(日) 高須〈3回1/3〉、城下〈4回2/3〉、水科〈1回〉-長谷川
(千) 田口〈4回〉、鈴木智〈3回〉、小島〈1回〉、赤宗〈1回〉-武政

▽三塁打  藤代(日)、中田(千)
▽二塁打  鈴木2、藤代、女屋、依田(日)、田中隆(千)


日大生産工学部
(8) 寺牛(東海大浦安1)
(6) 清野(浦和学院4)
(4) 鈴木(日大山形4)
(5) 伊藤(千葉黎明3)
(7) 依田(甲府工4)
(9) 藤代(成田1)
(D) 女屋(新居浜西3)
(2) 長谷川(松戸六実2)
(3) 菅谷(志学館2)
(P) 高須(鉾田一2)→城下(拓大紅陵2)→水科(丸子修学館3)

__
(8) 田中隆(東邦大東邦2)
(2) 武政(幕張総合3)
(3) 小池(浦和3)
(9) 芝田(市川4)
(7) 中澤(三条3)
(D) 中野(日大習志野2)
(6) 小埜田(都立城東2)
(5) 田中利(新宿3)→H 飯田(秋田南1)→5 鈴木健(千葉東2)
(4) 中田(船橋2)
(P) 田口(斐太2)→鈴木智(水戸一3)→小島(桐朋3)→赤宗(小石川2)


8-8の同点で迎えた9回表、日大生産工は一死二塁から3番鈴木がセン
ター左へと運ぶ適時二塁打で1点勝ち越し。9回裏は、この回からマウンド
に上がった3番手の水科が三者凡退に抑えて試合終了。日大生産工が両
チーム2ケタ安打の乱戦を制し、二部残留に王手をかけた。


両校ともに先発投手が5回まで持たずに継投へと入ったが、2番手以降の
投手の出来の差が明暗を分けた試合だった。日大生産工の2番手・城下は、
登板直後は連続四球の後に適時打を浴びたりと先が思いやられるような内
容だったが、5回以降の4イニングは2安打無四球無失点と見違えるような
投球を見せた。日大生産工が勝てたのは、この城下が粘り強く投げ続けて
追加点を与えず、ギリギリのところで踏みとどまれたのが大きかったように
思う。一方の千葉大は、試合を引っ繰り返して3点リードした5回から継投に
入ったが、登板した3人がいずれも失点を重ね、リードを守り切れなかった。

同点の9回表一死二塁、打席には日大生産工の3番鈴木。カウント1ボール
2ストライクから千葉大の4番手・赤宗が投じた4球目はコース・高さとも申し
分なくビシッと決まったストライクに見えたが、球審の手は上がらず。直後の
5球目を鈴木はセンター左へと弾き返し、この適時打が決勝点となった。赤
宗にとっては「最高の一球」で三振を取り損ねたのが悔やまれるところだろう。


2回表一死一・二塁のとき、二塁塁審から千葉大の投手に対して「20秒ル
ール違反」が宣告され、球審が千葉大側ベンチに警告を発するという出来
事があった。20秒ルールが適用されたのを見たのは初めてだった。「20
秒ルール 野球」でウェブ検索かけると、トップに日本野球連盟(JABA)の
ページがヒットするんだけど、社会人野球と同じ規則が大学野球にも適用
されているとのこと。今回は走者ありだったので警告のみだったけれど、
走者なしの場合は直ちに1ボールが追加されることになるようだ。
posted by hiro at 17:47| Comment(0) | 野球観戦(大学) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください