2018年07月18日

2018J2 千葉 vs 大宮

2018年7月7日(土)
J2リーグ第7節(フクダ電子アリーナ) 観客 11,069人

ジェフ千葉   (前半1-1、後半0-2)   大宮アルディージャ


大宮はジェフが個の力で優位に立てる相手ではなく、劣勢に立たされる
局面が多くなるであろうことはあらかじめ予想できていた。それでも前半
10分、FW13為田大貴が左サイドからゴール前へとグラウンダーのク
ロスを送ると、FW9ラリベイが技ありのワンタッチでボールをゴール隅
へと流し込んでジェフは先制することに成功した。


これで優位に試合を進めたいところだったが、前半30分に右サイドから
ゴール前へと一発でキレイにパスを通され、これをMF16マテウスに豪
快に蹴り込まれて同点に追いつかれてしまった。見ていて、「戦術兵器
マテウス恐るべし」と改めて思わされた。

2015年にジェフでプレーした現栃木のネイツ ペチュニクが翌2016年
からは大宮でプレーすることになり、ネイツのプレーを見たくてテレビで
大宮の試合を何度か観戦したことがあった。そのときの大宮にはムル
ジャ
もいたんだけど、試合見てて、「一番怖い外国籍選手はマテウスだ
わ」と思った。何が怖かったのかはあんまり覚えてないんだけどね(苦
笑)。だから自分の中では、「マテウスはやばいやつ」というのが頭の中
に刷り込まれていたのだった。


大宮の攻撃力はやはり脅威だったが、前半のうちはそれにうまいこと対
処してせめぎあいに持ち込むことはできていた。そして見ていてとても面
白い試合だった。しかし、後半10分を過ぎたあたりからジェフの選手の
プレーに細かいミスが目立ち始めるようになった。これはあまりよくない
流れになりつつあるなあと思っていたところで、後半24分と26分に立て
続けに失点。一気に厳しい状況へと追い込まれてしまった。

そもそも大宮クラスの相手に自分たちからミスしてチャンスを与えてたら
いずれは決められてしまうし、勝てるわけないのよね。後半はパスもつ
ながらなくなり、左サイドを蹂躙するジェフの戦術兵器こと為田も力を発
揮することはできなかった。試合終盤はチーム全体が完全にスタミナ切
れを起こしてしまい、追い上げる力はもはや残されていなかった。


前半45分のプレーが後半も持続できればどことやってもそうそう打ち負
かされることはないなと思ったけど、後半早い段階で体力と集中力がと
もに落ちてしまい、結局はやられてしまった。そういう印象を持った試合
だった。


関連記事
「2015J2 千葉 vs 大宮」
posted by hiro at 00:45| Comment(0) | サッカー(2018ジェフ) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください