2018年08月19日

2018オープン戦 青学大-金沢星稜大

金沢星稜大・泉圭輔投手   青学大・山田将士投手
金沢星稜大 泉圭輔 投手(4年・金沢西)___青学大 山田将士 投手(4年・桐光学園)

青学大vs金沢星稜大   青学大vs金沢星稜大 5回終了


8月19日 青学大G 試合時間 2時間17分

金沢星稜大 (北陸大学一部)_000 000 100=1  3安打、3四球、0失策
青山学院大 (東都大学二部)_000 000 06X=6  7安打、7四球、1失策
(金) 泉〈5回〉、砂山〈2回0/3〉、丹保〈1/3回〉、福重〈0/3回〉、大村〈2/3回〉-坂本
(青) 山田〈5回〉、武田〈1回〉、齋藤〈2回〉、上野〈1回〉-西川尚

▽二塁打  池上(金)、泉口、井上、浅井(青)


両チーム無得点で迎えた7回、金沢星稜は先頭の5番池上(遊学館2)が右中
間二塁打で出塁。内野ゴロで一死三塁から7番關(東京都市大塩尻1)が初球
にスクイズを決めて1点先制。1点を追う青学は8回、四球と9番泉口(大阪桐
蔭1)の右中間を破るエンタイトル二塁打で無死二・三塁から、1番鈴木駿(聖
光学院2)の左前適時打で同点。さらに3番井上(日大三1)の右翼線適時二塁
打で勝ち越すと、その後も攻撃の手を緩めず、この回一挙6点。9回は、この回
から登板した4番手 上野(霞ヶ浦4)が金沢星稜打線を三者凡退に抑えて試合
終了。8回のビッグイニングで試合を引っ繰り返した青学が金沢星稜を降した。


試合前からネット裏の客席にはスカウトが一堂に会しているといった様相だった。
「青学にドラフト候補がいるんだっけ?」と思っていたが、スカウトのお目当ては
金沢星稜の先発 泉(金沢西4)だったようだ。その泉は5回を投げて1安打無四
球5奪三振で無失点。回をまたいではいたが、青学の3番井上、4番三浦(酒田
南4)、5番浅井(敦賀気比4)を三者連続見逃し三振に斬って取った投球は圧巻
だった。フォームはゆったりしているが、187cmの長身から投げ下ろしてくる球
には角度があり、打者としては非常に打ちづらいというのもあるのかもしれない。

青学は、先発の山田(桐光学園4)がこちらも5回を投げて1安打8奪三振無失点。
ただ、3回までに3四球を出しており、序盤はやや制球に苦しんでいたかなという
きらいはあった。また、自分の目を引いたのは2番手で投げた武田(木更津総合
2)だった。左腕から繰り出される変化球のキレが秀逸で、「えげつない球投げる
な」という印象を持った。武田は1イニングを13球で三者凡退に打ち取る危なげ
ない投球だった。
posted by hiro at 22:04| Comment(0) | 野球観戦(大学) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください