2018年08月26日

2018オープン戦 東大B-同朋大

東大B vs 同朋大 スタメン   同朋大・久保田淳希投手
_________________同朋大 久保田淳希 投手(3年・名古屋市工)


8月25日 東大球場 試合時間 2時間32分

同朋大_ 015 110 012=11  10安打、14四死球、1失策
東京大B_000 000 100=_1  _4安打、_5四_球、1失策
(同) 久保田〈6回〉、辻〈2回〉、西崎〈1回〉-上地、白樫
(東) 濵﨑〈3回〉、坂口〈3回〉、平山〈3回〉-藤井翔、澁谷

▽本塁打  吉川(同=9回2ラン)


同朋大は2回、一死一・三塁から内野ゴロの間に三塁走者が生還して
1点先制。3回には5四死球に失策も絡み、3安打で5点を追加。その
後も着々と加点し、大勝した。東大は打線が4安打と奮わず、7回に押
し出し四球で挙げた1点のみにとどまった。


同朋大先発のサウスポー・久保田(名古屋市工3)は、6回まで投げて
4安打無四球8奪三振で無失点。正直なところ、かなりいい投手なので
ビックリした。クロスファイヤーに投げ込んでくる球が素晴らしく、これ東
大はAチームが対戦してもそうそうは打てなかったんじゃないのと思っ
た。普通に社会人の企業チームに進めるレベルの投手だと思ったけど、
同朋大ってそのへんのパイプはあるんだろうか。


東大は先発の濵﨑(鶴丸3)が3回までに4安打9四死球6失点と乱れ、
試合を作れなかった。濵﨑ってリーグ戦でも登板経験あったはずだけ
ど、状態が悪いのでBチームの試合で投げてるってことなんだろうか。
とにかく制球が悪すぎてこれではどうにもならんなという内容だった。

また、ちょっと面白い投手だなと思ったのは3番手で投げた平山(栄光
学園2)。平山は腕目いっぱい振って投げても球が全然来ない。最初、
ナックルボール投げてんのかなと思ったくらいだけど、どうなんでしょ。
まあチェンジアップ系の球を投げてるのは間違いないんだろうけど、3
イニングで5三振を喫したあたりからも初見である同朋大の各打者は
かなりタイミングがとりづらかったようだ。平山は被安打3で3失点だっ
たけど、完璧に捉えられたあたりは吉川(東浦2)に打たれた左越え2
ランのみだった。


この試合は頻繁に選手交代が行われ、同朋大は20人、東大は26人
の選手が出場。スコアつける分には非常にありがたくない試合だった
わけだけど、スタメンで出て最後まで出場したのは、同朋大が9番ショ
ートの新川:あらかわ(美濃加茂2)、東大が6番DHの森末(戸山1)の
2人のみだった。
posted by hiro at 15:35| Comment(0) | 野球観戦(大学) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください