2018年09月05日

2018東都大学秋季リーグ 中大-駒大

9月1日 神宮球場 第2試合 試合時間 2時間16分

___000 200 000=2  6安打、2四球、1失策
___001 000 000=1  6安打、1四球、1失策
(駒) 辻本〈7回2/3〉、白銀〈1回1/3〉-長
(中) 畠中〈5回0/3〉、水谷〈4回〉-古賀、了海、田畑

▽二塁打  酒井良、若林(駒)


__
(8) 若林(駒大苫小牧2)
(7) 緒方(京都外大西2)
(4) 菅野:かんの(向上4)
(3) 岡田耕(敦賀気比4)
(5) 平野(静岡3)
(2) 長:おさ(智弁和歌山4)
(9) 酒井良(修徳4)
(D) 巴山:はやま(知徳4)→HD 鵜飼(中京大中京1)
(6) 新田:にった(市呉1)
(P) 辻本(静岡4)→白銀:しろがね(柏日体4)

__
(7) 中田(藤枝明誠1)→2 了海(国学院久我山3)→R4 中川(宇治山田商1)
(8) 五十幡(佐野日大2)
(6) 牧(松本一2)
(9) 吉田叡(佐野日大4)
(D) 堀内(県岐阜商4)→HD 大工原(桐光学園3)
(5) 内山(習志野2)→R 國吉(習志野4)
(3) 小野寺(白鷗大足利3)
(2) 古賀(福岡大大濠1)→H7 倉石(東海大市原望洋2)
(4) 石田(習志野1)→H 五十嵐滉(関東一3)→2 田畑(浦和学院4)
(P) 畠中(樟南2)→水谷(浜田2)


中大は3回、二死一・三塁から3番牧の中前適時打で1点先制。先制
を許した駒大は4回、二死二・三塁から7番酒井良が左中間を破る適
時二塁打で二者が生還し、逆転に成功。その後試合は膠着状態に入
り、駒大1点リードのまま9回へ。最終回の中大は二死から6番内山
が左前安打で出塁したものの、続く7番小野寺は遊ゴロに倒れてゲー
ムセット。駒大が中大とのロースコアの争いを制した。


駒大は無死一塁で4番の岡田耕という場面が4回と6回の二度あった
んだけど、いずれもベンチからの指示は送りバントだったようだ。4回
は1点ビハインド、6回は1点リードという状況だったけど、まだ1点の
重みが増す終盤ではなかったので打たせてくるかなあと思っていた自
分の予想は外れた。駒大の大倉孝一監督はわりと手堅い攻めをして
くる人なのかな。

駒大は酒井良の逆転打が出る前の打者・長のときにちょっと興味深
い仕掛けをしてきた。一死二・三塁、カウント1ボール2ストライクから
の4球目にまず三塁走者がスタート。打者の長はバットに当ててゴロ
を転がすという軟式野球ではよく見られる「ボテラン」を仕掛けてきた
のだ。打球は一塁線に転がり、成功したかに見えたが、中大のファー
スト小野寺がよく打球を見切り、最終的には切れてファウルとなった。
硬式野球でこの戦術やってくるチームはあまり見たことないので、失
敗に終わったとはいえ「お~っ」とちょっと感心したのだった。


中大ではとにかく足が速いという評判を聞いていた五十幡に注目して
いた。2番センターで先発出場した五十幡は、二ゴロ・バント一邪飛・
バント投ゴロ・犠打で3の0という結果に終わった。確かに自分の足を
いかそうという意図は感じたし、実際足も速かったんだけど、その足を
活かせるだけの打力がまだ伴ってきていないのかなとも感じた。出塁
できないと自慢の足も活きないわけだからね。代走とか足のスペシャ
リストとして出てくれば、またそれはそれで脅威になるんだろうけれど。
posted by hiro at 00:19| Comment(0) | 野球観戦(大学) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください