2018年09月25日

2018関甲新学生秋季リーグ 白鷗大-作新学院大

作新学院大・入江空投手   白鷗大・山田啓太投手
作新学院大 入江空 投手(2年・宇都宮工)__白鷗大 山田啓太 投手(2年・東海大相模)

白鷗大vs作新学院大   白鷗大vs作新学院大 5回終了


9月17日 白鷗球場 試合時間 2時間22分

作新学院大_010 001 000=2  6安打、4四_球、1失策
___010 110 10X=4  6安打、4四死球、0失策
(作) 入江-水口
(白) 山田啓-小川

▽本塁打  照井(作=2回ソロ)
▽二塁打  北間(作)、ラミレス(白)


作新学院大
(5)_田口(栃木工1)
(8)_大塚(青藍泰斗3)
(6)_倉持(栃木工3)
(9)_北間(足利南2)
(D)_藤野(作新学院2)
(3)_照井(宇都宮南3)
(4)_細野(伊勢崎商2)
(2)_水口(作新学院2)
(7)_田代(作新学院2)→H 藤巻(作新学院1)
(P)_入江(宇都宮工2)

__
(8)_金子(国学院栃木3)
(4)_山田和(大牟田2)
(7)_龍(久留米商4)
(3)_大下(白鷗大足利3)
(5)_ラミレス(文星芸大付3)→R6 中西(酒田南1)
(D)_渡辺駿(久留米商3)→HD 松元(聖望学園2)
(6)5 保立(霞ヶ浦3)
(2)_小川(白鷗大足利4)
(9)_藤田(青藍泰斗3)
(P)_山田啓(東海大相模2)


この試合、白鷗の選手たちは左袖に喪章をつけていた。学校関係者か
硬式野球部関係者のどなたかが亡くなられたのかな。そんな中、先発
したサウスポーの山田啓は腕を振る左袖に喪章がついていると気にな
るからなのか、右袖に喪章をつけていた。


2回に作新学院は6番照井の左越えソロHR、白鷗は一死三塁から7番
保立がスクイズを決めて1点ずつ取り合う。白鷗は4回、二死二塁から
8番小川の中前適時打で1点勝ち越し。続く5回には一死二・三塁から
暴投で三塁走者が生還して3点目。作新学院は6回に一死三塁から5
番藤野の左前適時打で1点返すも、白鷗は7回に一死三塁から2番山
田和の中犠飛で4点目を挙げ、再び点差は2点に。この2点リードを白
鷗先発の山田啓が守り切り、4-2で白鷗が作新学院を降した。


白鷗は、山田啓が本塁打1本を含む6安打を打たれながらも8奪三振2
失点の力投で完投勝利を挙げた。カウント追い込んでからボールが続
いて四球を出す場面が何度かあったのは気になったけれど、全体を通
して見るとテンポよく小気味いい投球で最初から最後まで押し切ったな
という印象だった。

打線の中では5番のラミレスがちょっと別格だなと感じた。ラミレスはス
イングスピードが他の選手とはまるで違ってとにかく速い。すぐに大学
の先輩にあたるフェルナンドのことを自分は思い出した。ラミレスのス
イングは、バックネットに当たったファウル見ただけでもゾッとするほど
だった。最初の打席で放ったセンターオーバーの一打は、日本人の体
の強さでは決して打てないあたりだなと思った。


作新学院は、先発のサウスポー入江が粘り強く投げ抜いて6安打4失
点で完投するも報われなかった。入江は180cmを超える身長がある
わけではないけれど、上から投げ下ろしてくる感じなのでスケールを感
じさせ、かつ見栄えのする投球フォームだなと思った。まだ2年生なの
で伸びしろもありそうだし、今後楽しみな投手ではないかと思う。

作新学院は、前出のラミレスの打席時に「ラミレスシフト」を敷いていた
ようなんだけど、センターの選手は右中間寄りに守っていたようだ。だ
からセンター定位置よりやや左へ飛んだ打球だったけど、センターの
選手は全く追いつくことができず、二塁打になった。普通プルヒッター
向けのシフトだと左半分を厚くして右半分は手薄になるはずなんだけ
ど、ラミレスは右にも強いあたりが打てるという傾向があるのだろうか。
外野手3人の守備位置をちゃんと見ておけばよかったなと後で思った
のだった。
posted by hiro at 23:37| Comment(0) | 野球観戦(大学) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください