2017年04月23日

2017オープン戦 JR東日本-東農大北海道オホーツク

4月23日 JR東日本柏球場 試合時間 2時間54分

東農大北海道オホーツク
___000 201 000=_3  10安打、_2四球、0失策
___411 200 02X=10  _8安打、12四球、2失策
JR東日本
(東) アドゥワ〈3回〉、江藤〈0/3回〉、宮本〈5回〉-石井
(J)_平木〈6回〉、太田〈1回〉、西田〈1回〉、永谷〈1回〉-鈴木、中村

▽本塁打  嘉数(J=3回ソロ)  ▽二塁打  三橋(東)、拝崎(J)


JR東日本は初回、一死一・二塁から4番丸子達也(早大)がライトフェンス
直撃の適時打を放って1点先制。5番安田紘規(青学大)は四球を選んで
満塁となった後、6番拝崎諒(関東学院大)の右翼線適時二塁打で二者を
迎え入れ3-0。7番東條航(早大)が四球を選んで再び満塁から内野ゴ
ロの間に三塁走者が生還して4点目。続く2回は5番安田の右前適時打、
3回は9番嘉数駿(駒大)の左越えソロ本塁打でJR東日本はリードを6点
まで広げる。

東農大オホーツクの反撃は4回、無死一・三塁から5番知花大義(沖縄・石
川1)の左前適時打で1点。さらに相手投手の暴投で三塁走者が生還して
2点目。しかしその裏、JR東日本は5番安田の押し出し四球と内野ゴロの
間に2点を加え、点差は再び6点に。東農大オホーツクは6回、一死一・三
塁から代打の松本大吾(桐生一2)がライト前に弾き返して1点返すも、JR
東日本は8回に2番佐々木孝樹(早大)の投手強襲適時打と代打 影山潤
二(中大)の右犠飛で2点追加してダメ押し。9回の東農大オホーツクは3
人で打ち取られて反撃ならず。10-3でJR東日本が東農大オホーツクを
降した。


JR東日本では4番に入った丸子が鋭いあたりを飛ばしていた。初回の先
制打はフェンスを直撃するもあたりがよすぎてシングル止まり。2回の2打
席目もカウント的には追い込まれながらもセンター前へと運んでチャンス
を広げ、続く安田に適時打が生まれた。3打席目以降は3四球と勝負して
もらえなかったが、それだけ相手から警戒されてしまったということだろう。


東農大オホーツクは、先発のアドゥワ大(九州国際大付3)が3回まで投げ
て5安打5四球6失点。初回から4四球を与えるなど乱れ、終始苦しいピッ
チングだった。直球変化球ともストライクをとるのに一苦労といった感じで、
素人目に見てフォームのバランスが悪くて球筋が安定してこないのではな
いかなと思った。

アドゥワが厳しい内容だった一方、3番手で登板した右サイドハンドの宮本
誉士樹(鎮西4)は序盤の悪い流れを断ち切るピッチングができたのでは
ないかと思う。おそらく当初の予定よりも早くマウンドに上がったのではな
いかと思うが、サイドからスピードの乗った力のありそうな球を放っていた。
疲れが出てきたのであろう5イニング目に捕まって2失点してしまったが、
被安打はわずか2本ということで十分合格点を与えられる内容だったので
はないかと思う。

東農大オホーツクはスタメンに3人の1年生を起用。4番に座ったタイシン
ガーブランドン大河(沖縄・石川)は2安打を記録。適時打を放った知花、
9番サードで起用された三橋勇太(近大付)も最初の打席で二塁打を打つ
など、全員が社会人の強豪相手に臆することなくいいところを見せていた。
ちょっと気になったのは、ブランドンも知花も投手登録されている選手なん
だけど、大学では野手でいくっていうことなのかな?

2016年04月17日

2016オープン戦 トヨタ自動車東日本-関東学院大

トヨタ東vs関東学院大


4月10日 関東学院大球場 試合時間 2時間31分

______000 000 021=3  7安打、3四球、0失策
トヨタ自動車東日本_000 000 40X=4  9安打、4四球、1失策
(関)_久保田〈6回〉、日名子〈1/3回〉、渡会〈0/3回〉、桃田〈2/3回〉、小西〈1回〉
__-具志堅、浅川
(ト)_山﨑〈3回〉、中里〈3回〉、吉橋〈1回2/3〉、阿世知〈1回1/3〉-内山

▽二塁打  竹内大、正木(関)、北見(ト)


関東学院大
(3)  正木(筑陽学園4)
(9)  宍倉(横浜4)→H 照沼(佐久長聖4)→6 長田:おさだ(日大藤沢3)
(8)  拝崎(横浜4)
(D)  秦(我孫子東4)
(7)  東原(東海大相模4)→R 江崎大(佐賀商1)
(4)  石野(聖光学院3)
(5)  大石(駒大苫小牧4)→H 神南:かんなみ(啓新1)
(6)  伊藤祐(大湊3)→H9 甲斐翔(神戸国際大付4)
(2)  具志堅(沖縄尚学3)→H 竹内大(東海大相模1)→2 浅川(九州学院4)
(P)  久保田(前橋育英1)→日名子(向上2)→渡会(湘南学院2)→桃田(波佐見4)
__→小西(三田松聖1)

トヨタ自動車東日本
(6)  林(筑波大)
(4)  北見(関東学院大)
(D)  小野(甲府工高)
(7)8 大谷(前沢高)
(5)3 羽田野(関東学院大)
(2)  内山(八戸工大一高)
(3)  村上(栄徳高)→H7 関口(東農大)
(8)  向川戸(盛岡中央高)→H75 高橋(花巻東高)
(9)  後藤(盛岡大)
(P)  山﨑(一戸高)→中里(花巻東高)→吉橋(武蔵大)→阿世知(神奈川大)

*場内アナウンスは、関東学院大側も社会人仕様の呼び捨てで統一


0-0で迎えた7回裏、トヨタ東は四球・犠打・四球・左前安打で一死満塁か
ら後藤洋祐が押し出し四球を選び1点先制。この後、林竜希の左前適時打
と北見昂之の中越え2点適時二塁打で3点加えてこの回計4点。対する関
東学院大は8回表、代打 甲斐翔太が右前安打。続く2人目の代打 竹内大
貴の左中間二塁打で無死二・三塁とすると、正木慎也が右中間へと弾き返
す適時二塁打ですぐさま2点を返す。9回表にも一死三塁から内野ゴロの
間に1点返して1点差まで詰め寄ったが、最後の打者は右飛に倒れて試合
終了。トヨタ東が4-3で勝利を収めた。


JABA静岡大会に出場していたトヨタ東はこの試合の前日も試合を行って
おり、山﨑慎也、中里優介、吉橋幸治の3投手は2日続けての登板だった。
山﨑、中里の2人は無失点に抑えたが、3番手の吉橋が2イニング目の8
回に捕まり2失点。二死三塁で関東学院大の4番秦広明を迎えたところで
吉橋は降板し、阿世知暢がマウンドへ。この試合で最も盛り上がった場面
だったように思うが、阿世知は秦をどん詰まりの三ゴロに打ち取り、火消し
成功。9回も続投した阿世知は1点こそ奪われたが、どうにか逃げ切った
のだった。

関東学院大は、先発のルーキー・久保田倫太郎が6回まで投げて6安打を
打たれたものの要所を締めて無失点で切り抜けた。6回までに打者22人と
相対して無四球、3ボールまでいったのもわずか2人と制球も安定していた。
球数がわずか66で済んだのも無駄な四球を出さなかったあたりが要因だ
ろう。リーグ戦でも十分戦力として働いてくれそうだ。


この試合は1時間3分で5回までを終了していたが、最終的な試合時間は2
時間31分。つまり残りの4イニング(しかも9回裏はなし)で1時間28分もか
かったわけだ。7回以降に試合が動いたこともあるが、関東学院大の2番手
以降の投手が制球を乱して四球を連発し、試合のペースが極端に落ちたの
も確かだった。関東学院大の鈴木聡監督は試合後のミーティングで選手に
説教していたが、打たれるならまだしも四球四球で自滅してしまった投手陣
に怒り心頭だったのだろうと思われる。

2015年03月22日

2015オープン戦 桐蔭横浜大B-弘前アレッズ

桐蔭大vs弘前アレッズ 試合終了


3月21日 桐蔭学園野球場 試合時間 2時間09分

弘前アレッズ__002 000 000=2  5安打、2四球、3失策
桐蔭横浜大B__110 000 11X=4  9安打、5四球、1失策
(弘) 山口〈2回〉、木村〈1回〉、横山〈2回〉、佐藤〈1回〉、葛西〈1回〉、下山〈1回〉
_ -白戸、森山
(桐) 岩崎〈2回〉、尾関〈2回〉、新名〈2回〉、吉岡龍〈2回〉、那須〈1回〉
_ -広瀬、中山、小澤祐

▽二塁打  紙谷、鈴木(弘)、田港、横溝(桐)

*場内アナウンスあり(通常大学野球では選手名は△△くんと敬称付きでアナウンスされるが、
  この試合では桐蔭横浜大側も選手名は弘前アレッズと同様に呼び捨てだった)

2014年11月19日

2014千葉県社会人対大学対抗戦 クラブ選抜-二・三部選抜

第19回千葉県社会人対大学対抗戦

11月16日 天台球場 試合時間 2時間43分

クラブ選抜___013 000 020=6  10安打、3四球、2失策
二・三部選抜__210 000 22X=7  10安打、8四球、3失策
(ク) 土橋〈3回〉、齋藤〈1回〉、東丸〈2回〉、福田〈0/3回〉、花ヶ崎〈2回〉-宮沢、西廣
(二) 佐上〈1回〉、若林〈1回〉、木村〈0/3回〉、宮内〈1回〉、鵜瀬〈3回〉、丹波〈2回〉、
__ 小笠原〈1回〉-和久、谷口、関

▽本塁打  岩堀(二=1回ソロ)
▽三塁打  西廣(ク)  ▽二塁打  安田(ク)、岡野、柴崎(二)


クラブ選抜
(6)  中村(Oceans/八千代高)→5 山口(YBC柏/日体大)
(4)  安田(千葉熱血MAKING/法大)→4 三浦(サウザンリーフ市原/苫小牧工高)
(D)  星谷(千葉熱血MAKING/東京実高)
(3)2 西廣(YBC柏/城西大)
(5)3 楠美(NITC/拓大紅陵高)→R3 泉澤(Oceans/北海道大)
(7)  小笹(Oceans/城西国際大)→H7 片岡(NITC/拓大紅陵高)
(9)  中田(サウザンリーフ市原/東金高)
(2)6 宮沢(千葉熱血MAKING/藤沢西高)
(8)  長谷川(BIG WINGS印西/千葉英和高)→8 阿部(BIG WINGS印西/明大中野高)
__→H8 大橋(BIG WINGS印西/明大中野高)
(P)  土橋(YBC柏/日体大)→齋藤(サウザンリーフ市原/生浜高)
__→東丸(千葉熱血MAKING/学館浦安高)→福田(Oceans/北海道大)
__→花ヶ崎(YBC柏/山梨学院大付高)

二・三部選抜
(8)  岩堀(千葉工大3/東海大望洋)
(7)  中野(千葉大3/川和)→H7 竹谷(千葉商大4/銚子商)
(9)  豊田(千葉経済大4/銚子商)
(D)  岡野(淑徳大4/敬愛学園)
(3)  柴崎(千葉商大2/東洋大牛久)→H3 岡澤(千葉工大3/東海大望洋)
(5)  木内(淑徳大1/千葉経大付)→H5 ジャラリ(麗澤大2/習志野)
(6)  椎名(日本橋学館大1/土浦日大)→H6 野崎(千葉工大2/大田原)
(2)  和久(淑徳大2/宇都宮北)→2 谷口(日本橋学館大2/明徳義塾)
__→2 関(千葉大2/弘前)
(4)  石橋(千葉工大3/成東)→H4 寺川(千葉経済大3/敬愛学園)
(P)  佐上(千葉商大4/水戸農)→若林(淑徳大4/佐渡)→木村(帝京平成大1/我孫子)
__→宮内(千葉科学大3/銚子商)→鵜瀬(千葉経済大2/敦賀気比)
__→丹波(日本橋学館大2/八千代西)→小笠原(千葉商大2/三沢商)



1点を追う二・三部選抜は8回裏、ヒット2本と四球で一死満塁から4番岡
野のセカンドを強襲するタイムリー安打で同点。なおも満塁から5番岡澤
が押し出し四球を選んで1点勝ち越し。9回表は7番手の小笠原が3人で
打ち取り、二・三部選抜が逆転また逆転のシーソーゲームを制した。


二・三部選抜は7人の投手がベンチ入りしていたが、3回までに4人の投
手が登板。4回頭から5人目の鵜瀬がマウンドに上がった。「残り3人で
まだ6イニングあるけど大丈夫?」とは薄々感じていた。こういった選抜
チームの試合で複数の投手が投げるとなると、全員の状態がいいという
ことはまずない。だから予定のイニングよりも繰り上がって登板するとい
う事態も当然あるだろう。鵜瀬も予定より早目の登板だったはずだが、3
イニングを1安打無失点に抑え、序盤で投手を使い過ぎた分をきっちり
穴埋めして見せたのだった。

二・三部選抜は5回から和久に代わって谷口がマスクをかぶることになっ
た。投手の鵜瀬は敦賀気比出身で、捕手の谷口は明徳義塾出身。敦賀
気比と明徳義塾の2人がコンビを組むという千葉の下部リーグとは思え
ないような豪華なバッテリーが実現した。谷口の明徳義塾から日本橋学
館大というルートも謎だなと最初思ったけど、この日クラブ選抜の監督を
務めていた河野和洋氏(明徳義塾出身)が日本橋学館大のコーチをして
いるので、そういった縁で谷口は進学してきたのかもしれない。


クラブ選抜は4人の投手がベンチ入りしていたが、7回には早くも4人目
の福田が登板。しかし、その福田が乱調で3人と対戦してアウトを一つも
取れず。「もう投手いないし、どうすんだろ」と思っていたら、河野監督は
すかさず5番手として外野手登録されている花ヶ崎をマウンドへと送った。

「一応投手できる野手がいたのか」とひとまず安心した。そして、「本職じ
ゃない投手が、今まで出てきた投手の中で一番速い球投げるってどうい
うことだよ」と驚かされることになった。結果的には逆転を許して負け投手
になってしまったけれど、花ヶ崎は目を見張るほどのいい球を放っていた。
投手で十分いけそうだけど、打つのが好きなのかな。まあYBC柏には絶
対的なエースもいるから、野手のほうが出場機会に恵まれるというのもあ
るのかもしれないけれど。

2014年03月16日

2014東海社会人・愛知大学対抗戦 永和商事ウイング-名城大

第14回東海社会人・愛知大学野球対抗戦

3月15日 瑞穂球場 第2試合 試合時間 2時間32分

______000 001 001=2  5安打、5四死球、1失策
永和商事ウイング_000 201 00X=3  3安打、5四_球、1失策
(名) 足立〈3回2/3〉、川口〈1/3回〉、加藤〈2回〉、名倉〈1回〉、島村〈1回〉
_ -小塚、近藤良
(永) 神谷〈7回〉、渡辺〈2回〉-松林

▽三塁打  寺村(名)


名  城  大
(4)  冨田(東邦4)
(6)  野田賢(愛知啓成3)
(8)9 近藤弘(享栄4)
(3)  寺村(長浜北4)
(7)  犬飼(愛産大工4)
(5)  村田(高岡商3)→5 坪井(市岐阜商1)
(D)  柳田(伊香4)→HD 高木(東邦1)
(9)  杉本(享栄3)→R8 吉浦(名古屋国際1)
(2)  小塚(名市工芸4)→2 近藤良(市岐阜商4)→H 上野(市岐阜商2)
(P)  足立(三重2)→川口(享栄4)→加藤(栄徳4)→名倉(三重・川越4)
__→島村(桑名工3)

永和商事ウイング
(8)  平松(大体大)
(4)  相本(徳山大)
(5)  甲川(桐蔭横浜大)
(D)  中居(遠野高)
(7)  清水(中部大)→7 上本(天理大)
(3)  酒井(常葉菊川高)
(9)  築地(名産大)
(6)  樫岡(東亜大)
(2)  松林(吉備国際大)
(P)  神谷(杜若高)→渡辺(日本ウェルネススポーツ専門学校北九州)


永和商事は4回裏、6番酒井嵩裕の左前タイムリー安打と相手失策で2点
を先制。対する名城大は6回表一死三塁から内野ゴロの間に1点を返すも、
永和商事はその裏、酒井が2打席連続打点となる犠牲フライを放ち、再び
リードは2点に。追い込まれた名城大は9回表、一死一・三塁から相手失
策で1点を返したが反撃はそこまで。3-2で永和商事が辛くも逃げ切った。


永和商事は、先発の神谷貴之が7回を投げて5安打1失点。3回には二死
満塁というピンチを迎えたが、三振を奪ってそのピンチを切り抜けた。印象
としては終始落ち着いたマウンドさばきで、調子が悪くても悪いなりに試合
を作ってくれそうな投手だなと思った。一方、2番手の渡辺康介は2イニン
グで与四球3と制球面でちょっと不安をのぞかせていた。自分が監督なら
競った場面で投入するのはちょっと怖いなと思ったくらいだった。球に力は
ありそうだったので、コントロールが改善されれば計算できる投手にはなり
そうだけどね。


名城大では、2番手として登板した川口祥平が自分の中で強く印象に残っ
た。川口は先発の足立一が2点を失い、さらに二死一・二塁という場面で
登板。打者を捕邪飛に打ち取ってピンチを脱した。結局このイニング限り
で交代となったので、打者1人、わずか5球のみの登板だった。

川口が強く印象に残った理由、それは彼の投球フォームにあった。川口は
アンダースローなんだけど、腕の出てくる位置がかなり左下から、つまり正
面から見て三塁側のほうから出てきているように見えた。打者1人だけに
しか投げなかったので、プレートから三塁側のほうに寄って踏んでいたの
かどうかすらもわからないけれど、投球動作に入って上げた左足を下ろす
位置が三塁側のほうに寄っていることは確かだろう。川口と相対したのは
右打者だったんだけど、右打者から見ると普通の下手投げ投手以上に背
中のほうからボールが来る感覚に陥るのではないだろうか。また、この試
合では対戦しなかったけど、左打者は左打者で自分のほうに向かってボ
ールが投げ込まれてくるように感じるかもしれない。フォームは流麗であり、
なおかつ相当打ちづらそうなタイプの投手だなと思った。

残念ながら4年生の川口を自分が見る機会はもうないと思う。社会人でで
も続けてくれればうれしいのだが。ちょっと自分に表現力がないのでうまく
伝わらなかったかもしれないけど、ぜひ一度見ていただきたい投手ではあ
る。まあもしかしたら愛知ではすでに有名な投手なのかもしれないけれど。