2017年08月14日

2017J2 千葉 vs 山口

2017年8月11日(金・祝)
J2リーグ第27節(フクダ電子アリーナ) 観客 11,550人

ジェフ千葉   (前半0-0、後半2-1)   レノファ山口FC


1点リードの後半44分にPKを与えてしまい、FW9岸田和人に決められ
て同点に追いつかれてしまった。土壇場でPK阻止して勝利をつかんだ
ホーム讃岐戦の再現はならなかった。とはいえ、PK献上してしまった時
点で同点にはなるだろうと覚悟はしていた。アディショナルタイムは4分
と掲示されたのを見て、「1回ぐらいは得点チャンス巡ってくるかもしれな
いので、それをいかせるかどうかだな」と冷静に考えていた。そして現実
にそのチャンスは巡ってきた。

右サイドでボールを持ったMF13為田大貴が、ゴール前に位置していた
FW50指宿洋史にクロスを送る。指宿は倒れこみながらもそのボールを
ヘッドでそらし、ボールは逆サイドにいたDF3近藤直也へ渡る。近藤もヘ
ッドでゴール前にボールを送ると、そこへ走りこんできたFW8清武功暉
がヘディングシュート。これが見事に決まってアディショナルタイム3分の
ところでジェフは勝ち越しに成功。この清武のゴールが値千金の決勝ゴ
ールとなり、ジェフは最後の最後で貴重な勝点3を掴み取ったのだった。


劇的な決勝ゴールの場面、ゴールを決めた清武とアシストした近藤も確
かに評価できるのだけど、一番自分が唸らされたのは指宿のヘッドでの
パスかな。為田からきたボールは足元をめがけて蹴ってきたのかなと思
ったが、それを指宿は前に倒れこむような形からのバックヘッドによって
近藤へとつないだ。身長195cmもある指宿が瞬間的にあのプレーを選
択したってのがすごいわ。おそらく周りがしっかり見えてたのだろうな。

また、後で試合映像確認して驚いたのは、清武のゴールが決まった瞬間
にベンチからコーチやリザーブの選手たちが一斉に走ってきて清武の周
りを取り囲んだんだけど、その中で一番はしゃいでたのがフアン・エスナ
イデル監督
だったことかな(笑)。土壇場での起死回生の勝ち越しゴール
ではあったわけだけど、歓喜の輪の中に一緒に飛び込んでいったジェフ
の指揮官の姿を見たのはおそらく初めてだわ。采配云々いろいろ思うと
ころはあるけれど、あの姿見ただけでエスナイデル監督の好感度が自分
の中では上がったわ。今年のキャッチフレーズである「パシオン(情熱)」
を監督自ら体現していたんだな、あれは。


試合としては、前半は特にどちらが押していたというわけでもなく特段取
り上げるところもない感じだったが、後半はジェフが幾度もチャンスを作
りながらも決定機を外しまくってしまったという印象だった。シュート数は
ジェフ20本に対し山口はわずか5本。この数字からも引き分けてはいけ
ない試合だった。だから最後勝ちきることができてほっとしたのもまた事
実だった。


関連記事 「2016J2 千葉 vs 山口」
posted by hiro at 23:14| Comment(0) | サッカー(2017ジェフ) | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

2017J2 千葉 vs 金沢

2017年7月22日(土)
J2リーグ第24節(フクダ電子アリーナ) 観客 9,799人

ジェフ千葉   (前半2-0、後半0-0)   ツエーゲン金沢


前半4分にFW8清武功暉からのクロスをFW9ラリベイがヘッドで決めて
1点先制。ラリベイのヘディングシュートは、コースはさほど厳しくなかった
ものの弾道自体が速かったため、GK23白井裕人は反応できなかった。
また、DAZNの中継の解説者も言っていたが、ラリベイはケンペスのよう
な高さと強引さで決めきる空爆タイプではなく、瞬間的なタイミングで相手
ディフェンスをうまくかわしてフリーの形を作る。だからディフェンスに挟ま
れていてもその間隙を縫って決めきってしまえるのだろう。

その後もジェフが攻める時間が長く続いたがなかなか攻めきれず、「ちょ
っとこのまま前半終わると嫌な流れだな」と思っていた。すると前半アディ
ショナルタイムに、相手ゴール前でのボールの奪い合いからわずかに抜
け出したMF10町田也真人が左足でシュート。これがゴール隅に決まっ
てジェフは貴重な追加点を挙げた。今季の也真人は清武、ラリベイと点
取り屋がいることもあって、フィニッシャーはそちらに任せて基本はゴー
ルのお膳立てをする側に回っている。ただ、この場面では撃つならここし
かないというタイミングでのシュートをよく決めてくれたと思う。


後半も幾度かゴールチャンスはあったけれど、それはことごとく白井に防
がれてしまった。少なくとも2~3点は白井の好守によってゴールを阻ま
れており、敵ながら見事だわと唸らされてしまった。白井、いいキーパー
だわ。一方、ジェフのGK23佐藤優也も前半、FW9佐藤洸一にペナルテ
ィエリア内深くへと侵入され、そこからのラストパスからシュートを浴びる
も何とか弾き出す。後半もディフェンスの裏をとられてMF15宮崎幾笑
1対1の場面があったが、相手が頭の上を狙ってきたシュートに何とか触
り、ゴールを割らせなかった。


この試合、特に後半の金沢の狙いは明白だった。GKから最前線の選手
へと素早いフィードを送る。ここでジェフのディフェンスをかわせれば、た
ちまちゴール前でGKと1対1の状況を作れる。だから金沢は愚直にこの
攻めを繰り返してきていた。だが、ジェフもさすがにこの攻めは読んでお
り、相手FWを簡単にフリーにさせる状況は作らせなかった。どうやら金
沢は試合前練習のときからこの形を何度も練習していたようで、ジェフ対
策として特別に仕込んでいた策だったようだ。実は結ばなかったけれど、
今後もこの仕掛けをやってくるチームはあるかもしれないな。


結局試合は2-0で終了。ジェフはホーム無敗(12戦7勝5分け)を維持
することができた。次節からは四国アウェイ2連戦となる。7月29日が愛
媛、8月5日が徳島との対戦。ホームではともに勝利した相手だが、なに
せジェフはアウェイで3勝8敗1分けと大きく負け越しており、試練の2試
合となることが予想される。攻め倒して勝点持ち帰ってこられるか、それ
とも…。


関連記事
「2016天皇杯 千葉 vs 金沢」
「2016J2 千葉 vs 金沢」 「2015J2 千葉 vs 金沢」

2017年07月12日

2017J2 千葉 vs 讃岐

2017年7月8日(土)
J2リーグ第22節(フクダ電子アリーナ) 観客 9,498人

ジェフ千葉   (前半1-1、後半3-2)   カマタマーレ讃岐

前半13分  千葉 1-0 讃岐  ラリベイ
前半34分  千葉 1-1 讃岐  馬場賢治
後半20分  千葉 1-2 讃岐  高木和正
後半23分  千葉 2-2 讃岐  清武功暉
後半33分  千葉 2-3 讃岐  木島徹也(FK)
後半35分  千葉 3-3 讃岐  ラリベイ(PK)
後半38分  千葉 4-3 讃岐  ラリベイ


ジェフ1点リードで迎えた後半アディショナルタイム。5分あったアディショ
ナルタイム3分のところで、ペナルティエリア内でスルーパスを受けたFW
13木島徹也
GK23佐藤優也が倒してしまい、讃岐がPKを獲得。しか
し、このPKを優也はコースを読み切って外へ弾き出し、続くコーナーキッ
クも何とかしのぎ切ってジェフはどうにかこうにか1点差を守り切った。


最後のPKの場面、もう決められることは覚悟してた。おそらく時間的に
はPK後にワンプレーぐらいしかできないだろうけど、そのワンプレーで
勝ち越し狙いにいくしかないなとまで頭の中では考えていた。だが、優
也がPKをセーブした瞬間にこの考えが全部吹っ飛んで興奮状態に陥
り、試合の中に完全に引き込まれてしまった。

「喜ぶのまだ早いよ。コーナー(キック)すぐ来るよ、集中集中」。実際口
に出していたのか、心の中で思ってただけなのかすら今となっては覚え
ていない。ただ、自分もフィールドにいる選手たちと同じ感覚で戦ってい
たのかもしれない。コーナーキックからDF22武田有祐がヘディングシ
ュート。枠にきたこのシュートをFW8清武功暉がゴールライン上で、ヘ
ッドではね返す。そして大きくクリアすると、ここで試合終了のホイッスル。

タイムアップと同時にジェフの選手たちは一斉に絶体絶命のPKをセー
ブした優也のもとに駆け寄る。一方、讃岐の選手たちはその場に崩れ
落ちた。勝者と敗者のコントラストが鮮明に表れた瞬間だった。そして
自分は、「(信じられん)勝ったあ、勝ったよ~」と思わず口に出していた。


「壮絶な点の取り合い」、「誤審」、「退場」、「ラリベイのハットトリック」、
一言では語り尽くせないぐらい内容の濃い試合だったが、最後に優也
が全部持っていった。「自分で相手倒してPKを与え、そのPKを自らセ
ーブ」。完全なる佐藤優也劇場であり、そのドラマチックかつ劇的なエ
ンディングにジェフサポーターは完全に酔わされてしまったのだった。


内容的には全く褒められた試合ではなかったけれど、二度リードを許し
ながらもよくそれをはね返して逆転勝利を収められたと思う。特に後半
29分にはDF17大久保裕樹が2枚目のイエローカードで退場処分と
なっており、数的不利な状況に陥った直後に勝ち越されたときには、
「かなりやばいぞ、これ」と思ったのだが。

後日試合のダイジェスト映像を確認したところ、審判の判定に助けられ
た部分はあった。ジェフの3点目につながったPKをとられた讃岐の選
手のハンドはペナルティエリアの外であり、PK判定は完全に誤審だっ
た。あれは、主審はともかく線審がちゃんと判定してやらんと…。ジェフ
の1点目も讃岐サイドは「オフサイド」を主張しており、度重なる不利な
判定に讃岐の選手たちは相当ストレスたまってたんじゃないかな。

でもね、以前も書いたかもしれないけど、「誤審も含めてサッカー」なん
だよね。ジェフも熊本戦で線審の微妙な判定に惑わされてゴール奪わ
れたり、福岡戦ではゴールライン越えてたっぽいシュートがゴール認め
られないとかもあった。1試合の中では有利不利がはっきり出てしまう
こともあるけれど、1シーズン通してみると、判定に助けられることと泣
かされることはトントンぐらいの割合に落ち着くものらしい。とりあえず、
この日の審判団は後でJリーグから相当怒られたであろうことは間違い
ないだろうけれど。


ジェフがザルなだけかもしれないけど、讃岐にここまで得点奪われると
いうのは予想の範疇を越えていた。1点目のFW11馬場賢治の地を這
うようなミドル、2点目の素早いリスタートから一発で裏をとられて決め
られたMF10高木和正のゴール、そして3点目の木島の直接FK。3点
とも見事なゴールだった。讃岐の1試合複数得点は4月2日の対湘南
戦(3-0)以来16試合ぶりだったのだとか。ジェフは讃岐とレギュラー
シーズンで対戦することはもうないわけだけど、讃岐の眠っていた攻撃
力を目覚めさせてしまったのだとしたら、これから対戦するチームにとっ
てはただただ迷惑なことなのかもしれない。


関連記事
「2016J2 千葉 vs 讃岐」
「2015J2 千葉 vs 讃岐」  「2014J2 讃岐 vs 千葉」
「2014J2 千葉 vs 讃岐」  「2013天皇杯 千葉 vs 讃岐」
「2010地域決勝 決勝R 三洋電機洲本-カマタマーレ讃岐」

2017年07月08日

2017J2 千葉 vs 大分

2017年7月1日(土)
J2リーグ第21節(フクダ電子アリーナ) 観客 9,298人

ジェフ千葉   (前半1-0、後半3-1)   大分トリニータ


いつものようにいつものごとく前半からボールを支配して攻め立て、前半
33分にはFW8清武功暉の左足シュートをGK21上福元直人がはじいた
ところにFW11船山貴之が詰めてゴール。後半開始早々にDF28乾貴哉
のクロスを清武がボレーでねじ込んで2点目を挙げると、後半20分には
コーナーキックからFW9ラリベイがきれいにヘッドで合わせて3点目。後
半28分に1点返されたものの、後半35分に再びラリベイが決めて4-1。

試合終盤には、リーグ戦初出場となる2種登録のFW34古川大悟、約1
カ月半ぶりの出場となったMF21ホルヘ サリーナスを試運転的に起用
する余裕もでき、フクアリのジェフサポーターを十分満足させることがで
きたであろう完勝劇だった。


何が一番うれしいって、ラリベイが2ゴール挙げて勝利に貢献したことだ
わ。ここまで思うように点が取れないラリベイのこと叩いてたサポーター
もいたけど、本来これぐらいはやれる選手なのよ。ずっとプレー見てて
潜在能力が高いのは素人目にもわかったもの。ただ、今まではシュート
撃てるような場面がほとんどなかったり、試合勘が鈍ってここぞというと
ころで決めきれなかったりというのがあっただけ。この日2点目となった
ボール浮かしてキーパーの頭越しに決めたゴールは見事だった。ラリ
ベイが覚醒してくれればチームは間違いなく上昇気流に乗ることができ
る。後半戦も頼むぞ。


これまでサポーター間で物議をかもしていたMF15熊谷アンドリュー
アンカー起用だが、この試合での熊谷は非常にいい動きで相手のパス
をカットするシーンがしばしばあり、これまでの低評価を覆すだけのプレ
ーはできていたと思う。後半19分にMF14アランダと交代してベンチに
下がったということでスタミナ面の不安はまだあるのかもしれないが、こ
れまで結果が出なくても辛抱強く使い続けてきたフアン・エスナイデル
監督の期待に応える働きぶりだったと思う。


この試合唯一の失点は、左サイドからMF7松本怜がゴール前へとグラ
ウンダーのクロスを入れ、それをゴール前に飛び込んできたFW9後藤
優介
がきれいに合わせてやられてしまったというものだった。見事なゴ
ールでGK23佐藤優也にとってはほぼノーチャンスだったんだけど、松
本にノープレッシャーでクロスを上げさせてしまったところで既に負けだ
ったなと思った。松本についていたDF4北爪健吾がもう少し体寄せてい
い形でボール蹴らせなければ防げていた失点だったのかもしれない。


この試合見てて改めてわかったこと。エスナイデル監督は、

ボールを保持して攻め立て、相手にプレッシャーをかけ続けろ。
守備?そんなもんこっちが攻めてれば相手の攻撃時間は短くなるだろ。
「攻撃は最大の防御」って言葉習わなかったか? 
とにかく相手より多く点取って勝てばいいんだよ。

という主義者だわ。福岡からドリブラーだけど守備に不安のある為田大貴
をレンタル移籍で獲得したのもおそらく監督の意向なのだろう。日本人だ
と弱点を補う手法をとりそうなところだけど、このアルゼンチン人の指揮官
は「ストロングポイントである攻撃力にさらに磨きをかける」という方向に舵
を切っている。薄々わかってはいたけど、もう守備には期待しないわ(苦笑)。
破壊的攻撃力で相手をとにかく殴り倒してくれ。この異端サッカーでどこま
で行けるのか見届けてみようって気には少しなってきたわ。


次のホーム讃岐戦。讃岐が前へ出てきてくれればそれだけ付け入る隙も
あるだろうが、おそらく守備重視の戦術でくるだろうと予想する。引いた相
手からどうやって点を取るのか。これを攻略できない限り、J2沼から抜け
出すことはできない。どういう試合を見せてくれるのか楽しみだ。



関連記事
「2015J2 千葉 vs 大分」 「2014J2 千葉 vs 大分」
「2012DAKKANジェフ vs大分(J1昇格プレーオフ)」
「ジェフ、J1昇格ならず」 「2012DAKKANジェフ vs大分」
「2011J2 ジェフ千葉-大分トリニータ」

2017年06月14日

2017J2 千葉 vs 福岡

この日のフクアリは強風によって場外のグラウンドから巻き上げられた砂が
大量に流入。それは視界が黄色く霞むほどのすさまじさで、プレーしてた選
手たちはさぞ大変だったことだろうと思う。昨年のこの試合でも砂埃が結構
すごかったんだけど、あのとき以上だったような気がする。見ているこっちも
目は痛くなるわ、荷物から洋服から軒並み砂をかぶってしまうわで、後処理
がなかなかに大変だった。


2017年6月10日(土)
J2リーグ第18節(フクダ電子アリーナ) 観客 10,497人

ジェフ千葉   (前半0-0、後半0-0)   アビスパ福岡


相手が現在首位の福岡だったからなのか、これまでホームゲームで見てき
たジェフとはちょっと違う一面が見えたなという試合だった。ボール支配率
はいつものように圧倒的ではなかったはずだし、目に見えてハイプレスだっ
た印象もない。ハイラインも確かにハイラインなんだけど、この試合でリー
グ戦初先発したGK29山本海人が長い距離を走ってクリアするような場面
はほとんどなかった。海人仕様にラインの高さを調節していたのかどうかは
わからないけれど、この試合でジェフを初めて見た人は、「噂には聞いてた
けどビックリするほどのハイラインでもないじゃん」と思ったらしい。う~ん、
見に来た試合が悪かったかも(笑)


試合としては、決められるチャンスはあったし、決められてもおかしくないと
ころもあった。だからドローという結果自体は妥当だったと思う。試合終了間
際のMF15熊谷アンドリューのシュートはゴールラインを割っていたようにも
見えたが、審判がノーゴールと判定したのであればもうそれは仕方がない。

一方、最大のピンチは後半25分頃にGK山本海がシュートを2本立て続け
に弾き出したところだった。右サイドでパスを受けたFW21ウィリアン ポッピ
のシュートを弾き、そのこぼれ球をMF7三門雄大にシュートされるもこれも
弾き出して味方がクリア。山本海は決定機のシュートを2本止めてみせたの
だった。実は1本目のシュートを弾いたとき、三門よりももっと前にFW8松田
がいたが、弾いたところと松田の位置は微妙にずれていたために松田の
出した足は届かなかった。ということで、危うく恩返し弾を喰らうところだった
が、辛くもそれは逃れたのだった。


ホームなのでもちろん勝ちたかったが、首位の福岡相手にドローという結果
は現状中位に甘んじているジェフとしては決して悪くはない結果だったのか
もしれない。首位相手でも互角に渡り合えるということは、チームとしてのポ
テンシャルもそれなりにあるということでもあるだろうし。ただ、今季のジェフ
はアウェイが絶望的に弱いからねえ…。ここまで9試合戦って2勝6敗1分。
ホームが4勝0敗5分だから完全なる内弁慶と言っていいだろう。そして次
節からは2試合連続のアウェイゲーム。この2試合は前半戦最後の大きな
山だと思う。チームの命運を左右するアウェイ2連戦となるだろうな。


関連記事
「2015J2 千葉 vs 福岡」  「2014J2 千葉 vs 福岡」
「2013J2 千葉 vs 福岡」  「2012DAKKANジェフ vs福岡」