2017年01月13日

やんばるくいな荘の夜

2016年12月24日の夜は、やんばるくいな荘という国頭村にある民宿
に泊まった。宿に着いたのは17時過ぎだっただろうか。まずは民宿で飼
っている(食用ではない)というヤギにごあいさつした後、受付へ。食事は
19時半からだとのこと。食べに行くところが近くにはないだろうと考えて、
いつもは素泊まりなんだけど夕食だけはつけておいたのだ。

夕食の時間まではテレビ見たりしながらうだうだと過ごした。沖縄テレビ
でやっていた「ひーぷー☆ホップ」という番組に出ていた「あーりー」と呼
ばれてた子が目にとまった。優香に南国テイストを加えたような雰囲気
を持った美形の子だった。山入端(やまのは)ありささんという方らしい。
東京のテレビではこの子見られないよなあ。ちょっと残念。


夕食は、宿の外にある三角小屋と呼ばれるところで別の宿泊客と一緒
にとることになる。三角小屋の中には囲炉裏があり、薪を燃やして暖を
とることもできる。19時半過ぎに三角小屋に赴くと、既に2組のご夫妻
がいらっしゃっていた。地元沖縄の方と山梨から来られた方だとのこと
だった。まだ食事は来ていなかったので、2組のご夫妻としばし歓談。

しばらくすると、ようやく料理が運ばれてきた。クリスマスということで鶏
もも肉がメインディッシュだった。宿のおばちゃんは花を持ってきてテー
ブルに置き、普段はお金とっているビールを無料でサービスしてくれた。
そしてここから、おばちゃんの独演会が始まった。宿と離れたところに
ある最近オープンしたカフェの話からいろいろと20分ぐらいしゃべって
っただろうか。いいキャラクターしたおばちゃんだった。でも客のパーソ
ナルなことには全く興味がないらしく、しゃべるだけしゃべり倒したらあ
っさり引き揚げていってしまった(笑)


この夕食が最高に楽しかった。食事中の会話では笑いが絶えず、今ま
でこんなに笑ったことが果たしてあっただろうかというぐらい自分はゲラ
ゲラ笑っていた。その場で全く初めて会った人たちとあんなに打ち解け
て楽しい時間を共有できるとは思わなかった。


会話の一部を抜粋してみると…、これほとんど「沖縄あるある」だな。

・宿の人の話によると、「この民宿周辺にはヤンバルクイナはいないけど、近くにあるコン
ビニの裏で鳴き声を聞いたことがある」とか。(←ちょっと待て、この民宿の周りのほうが
よっぽど緑がいっぱいでヤンバルクイナ出そうなのに、どうして大きな道路に面したコン
ビニの裏なんかにいるんだよ。おかしくないか(笑))
・沖縄は食堂文化が発達しているので、食事するなら食堂がおススメ
(なかま食堂、軽食の店ルビー、お食事処波布など)
・沖縄のケチャップ焼きそばや沖縄ちゃんぽん(長崎ちゃんぽんとは全くの別物)
を食べてみてほしい
・沖縄のA&W(ファストフード店)では、ドライブスルーではなく駐車場で注文。
店員さんが注文した商品を車まで持ってきてくれてその場で食べる
・あぐー豚よりも値段が安いやんばる豚のほうがうまい
・米と魚は沖縄よりも他所のほうがうまいとか(沖縄の魚は温暖な海で育っているので、
身が締まってないらしい)
・沖縄は縦の上下関係が緩くて、人間関係は基本横並び
・沖縄では湯船につかる習慣がないので、家に湯船があっても物置になっていたり、
夏の水浴び用でしか使わない
・沖縄の料理屋の店主は、自分では「これダメだな」と思ったメニューでも、
とりあえず客に出してみる
・沖縄の店は開店時間に行っても全く準備ができていないことがある
(前日宴会があっただかで、サラダバーのサラダが全く用意されてなかった)
・沖縄では待ち合わせ時間通りに来る人はまずいない。待ち合わせ時間の段階では
まだ風呂に入ってて、それから家出てくる人もいるとか


*もちろん必ずしもということではなく、そういう傾向がみられるということ
_なので、「そんなことない」って反論はなしで


人間関係が横並びっていうのは自分にも心当たりがあった。国頭で宿を
とるにあたって、ネット予約ができなかったので電話で予約をとった。
最初、やんばるくいな荘ではなく別の宿に予約の電話をかけたんだけど、
電話応対がえらく横柄だった。「客商売やってるのにこんな態度でいいん
だろうか」とこっちが心配になるほどだった。結局部屋の空きはなかった
んだけど、最後にはガチャ切りされるというオチまでついた。別に対して
腹は立たなかったんだけど、ホテルの従業員と客の間柄でもあくまで対
等な立場ということなのかもしれない(宿泊料金の高いリゾートホテルは
こんなことないと思うが)。


宿泊に快適さを求めるのであれば、国頭にも高級リゾートホテルがある
のでそちらに泊まればいいのではないかと思う。でも、この宿では人の
温かみを感じることのできる時間を提供してもらえた。これはこれでなか
なかすることのできない経験であり、旅のいい思い出になった。きれい
な海が見られる国頭にはまた来たいし、やんばるくいな荘もまた泊まり
たい宿になった。でもね、おばちゃん。部屋の鍵が曲がってたのはちゃ
んと直しておいてね(毎度鍵穴にうまく入らなくて大変だったんだから)。


やんばるくいな荘  http://www.yanbarukuinasou.com/
Okinawa Rail(カフェ)  http://www.okinawarail.com/
posted by hiro at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

5年ぶりに沖縄へ(その4)

かいぎんスタジアム国頭からすぐの海岸
国頭球場そばの海岸1    国頭球場そばの海岸2


球場から10分ちょっと歩いて「ゆいゆい国頭」という道の駅までやってきた。
時刻は13時を回ったところだった。ここから歩いて20~30分程のところに
ある辺士名バスターミナルから辺戸岬方面へのバスが出るのは15時だった。
「時間が余りすぎてしまう…」。ということで、道の駅の向かい側にあるフジレ
ンタカーで車借りて辺戸岬を目指すことにした。バスだと辺戸岬しか行けな
いけど、車なら辺戸岬以外の観光地も巡ることができるからね。

飛び込みだった(というか、国頭のレンタカー屋さんはネット予約ができなかっ
た)が、あっさり車は借りることができた。名護で借りてもよかったんだけど、
名護~辺戸岬は片道50キロなのに対し、国頭~辺戸岬は片道20キロ程度。
朝4時台に起きて移動開始してたので、疲労も考慮して神経使う車の運転は
最小限度にとどめたかったというのが実際のところだった。


辺戸岬(沖縄本島最北端の岬)
辺戸岬2    辺戸岬1
遠くに見える島は鹿児島の与論島

辺戸岬3    辺戸岬4

崖の上まで波しぶきが押し寄せてきていた。波が相当荒いってことなのかな。


茅打(かやう)ちバンタ
茅打ちバンタ1    茅打ちバンタ2

ここは観光客の数もまばらで、どちらかというと穴場的スポットなのかも。


大石林山
大石林山1    大石林山2

大石林山3    大石林山4

山頂からは雄大な景色を眺めることができる。


「車運転してると景色見る余裕ないなあ」というごく当たり前のことを感じつつ、
3時間強のドライブで車を返却。道の駅で買い物した後、その日の宿へと向か
ったのだった。
posted by hiro at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

5年ぶりに沖縄へ(その3)

2016年12月24日(土)


沖縄バス  那覇バスターミナル 5:507:36 銀原
<名護東線  バス代1,500円>

夜明け前だったからか、車内は寒くてガタガタ震えていた。暖房入れてほ
しいくらいだったけど、そもそも沖縄のバスには暖房なんか最初からない
のかも。まさか沖縄で寒さに震える事態に遭遇するとは思わなかった。
銀原バス停から徒歩10分ちょっとで金武町ベースボールスタジアム着。


金武町ベースボールスタジアム
金武町球場 遠目から    金武町球場内観

金武町球場スコアボード    金武町球場ネット裏客席


「2016中学新人戦沖縄県大会 那覇鏡原中-金武中」
*入場無料、パンフ300円 (試合開始8:58~試合終了10:32


沖縄バス  銀原 10:4711:24 名護十字路
<名護東線  バス代820円>

銀原から名護へと行く途中でバスは辺野古を通る。辺野古のキャンプ・
シュワブ正門ゲート周辺では、辺野古への普天間基地移設反対派の座
り込みが行われていた。ただ、自分がバスの車内からパッと見たところ
では、そこにいた人たちから殺伐とした空気は感じられなかった。たまた
ま自分が見た人たちがそういうオーラをまとってなかっただけかもしれな
いが。この3日後の12月27日より、3月から中断されていた移設工事
は再開されることになったのだった。

名護東線の名護十字路バス停とその後乗る辺士名線の名護十字路バ
ス停は、同一名称だが別の場所にある。同一名称のバス停が複数個
所にあるっていうのは結構厄介で、その事実をあらかじめ知ってないと
バスを時間通りに乗り継ぐことはできない。歩いて2~3分の距離では
あるが、銀原から乗ったバスが10分近く遅れていたこともあり、急いで
辺士名線の名護十字路バス停へと移動した。


沖縄バス  名護十字路 11:3812:19 半地共同売店前
<辺士名線  バス代940円>

辺士名線からの車窓
辺士名線の車窓から1    辺士名線の車窓から2

海岸線を走る辺士名線の車窓から見える景色は、「これ、ほんとに日本
なのか?」と感嘆してしまうくらい見事なものだった。きれいな海の向こう
には、屋我地島、古宇利島を望むことができ、2つの島と島の間にかか
っている古宇利大橋もうっすらとではあるが見ることができる。画像では
よさがいまいち伝わらないのがもどかしいところだ。


かいぎんスタジアム国頭
沖縄中学新人大会立看板    かいぎん国頭内観

かいぎん国頭スコアボード    かいぎん国頭スコアボード裏


バス停から徒歩5分程度のかいぎんスタジアム国頭に着くと、目の前
で行われている試合はまだ4回に入ったところだった。先に行ってきた
金武町とこの国頭では、この日大会1・2回戦の3試合が行われること
になっており、国頭の試合はまだ2試合目だった。ハシゴであれば「間
に合ったあ」で終わりなんだけど、この日は沖縄本島最北端の辺戸岬
へと観光に行く予定にしていた。第3試合を見ていると辺戸岬へ行く時
間がなくなってしまうので、観戦は翌日へ持ち越しとなった。
posted by hiro at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

5年ぶりに沖縄へ(その2)

2016年12月23日(金)


ANA2159便  成田空港 18:1521:30 那覇空港

成田からの便は外国人客がやたらと多かった。というか、日本人より外国
人のほうが多かったような気さえした。旅行後、父にこの話をしたら、「国
際便で成田に着いて、そのまま乗り継ぎで那覇へ行く人たちだったんじゃ
ないの」と言われた。なるほど、そういうことなら納得いくわな。

機内ではイヤホンで音楽を聴けるのだが、その中に落語をやってるチャン
ネルがあり、立川志の輔の落語を初めて聴いた。「ディアファミリー」という
演目だったが、志の輔の独演会のチケットがすぐ売り切れる理由がわかっ
たような気がした。また、松田聖子の「瑠璃色の地球」はいい曲だなと改め
て実感したのだった。


ゆいレール  那覇空港 22:0022:10 旭橋

18:15出発の飛行機が成田を飛び立ったのは19時頃で、那覇に降り立
ったのは21:45頃だった。那覇空港駅の改札できっぷを買い、自動改札
を通ろうとしたら、「え?きっぷ入れるとこがない…」。二度見したけどやっ
ぱりない。で、いったん改札から下がって、他の人がどうしてるのかを観察。
すると、本来定期などをタッチする部分にきっぷをかざして改札を通ってい
た。そう、きっぷをよく見るとQRコードがついていたのだ。

降りるときも同じように自動改札のタッチ部にきっぷのQRコード部分をか
ざして通過し、通り過ぎたところにきっぷの回収箱があるのでそこに捨て
るのだ。こんなの初めて遭遇したら戸惑うに決まってるわ。2014年秋か
らQR乗車券は導入されたらしく、最後に沖縄来たのが2011年秋だった
自分がこの乗車券のことを知っているわけはなかった。
posted by hiro at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

5年ぶりに沖縄へ(その1)

前回、2011年の沖縄への旅
「沖縄再訪に至るまでの経緯」__「沖縄リベンジ(計画編)」
「沖縄リベンジ(前編)」_____「沖縄リベンジ(後編)」


2016年12月第4週に沖縄へ行くまでに、三度沖縄行きの計画を
立てては頓挫していた。

11月5日(土),6日(日)
社会人野球RBC杯(5日 宜野座、6日 読谷平和の森)
12月3日(土),4日(日)
沖縄県国頭地区中学校新人大会(3日 かいぎん国頭)
沖縄県中頭地区中学校新人大会(4日 うるま市石川)
12月10日(土),11日(日)
沖縄県中頭地区中学校新人大会(10日 うるま市石川)
宮崎市長杯社会人大学選手権大会(11日 久峰)

最初のRBC杯は、移動の交通手段は確認したけれどそれ以上話は進
展せずに終わった。二度目の12月第1週は飛行機やバスの時間も調
べ、かなり具体的なところまで計画は立てた。しかし、前日のうちに名
護まで移動しなければならなかったのだが、個人的な事情で羽田を発
てるのが15時以降だったため、飛行機に遅れが出た場合名護への移
動が難しくなりそうだったので断念した。また、三度目の12月第2週は
沖縄から宮崎へ飛ぶというかなり派手な計画だったが、費用対効果の
部分でかなり問題ありということで早々に見送った。ということで、12月
第4週の沖縄行きは実に四度目の企図でようやく実現したのだった。


今回の沖縄は、「ANAじゃらんパック」というのを利用した。2泊3日で
37,000円程度するはずだったんだけど、羽田以外の空港を出発空港
に指定すると、7,000円引きのクーポンが使用できるオプションがつい
ていた。そこで成田から那覇へのANA便を調べたところ、1日1本だけ飛
んでいることがわかった。しかも余裕で空席ありだったので、迷わず成田
から那覇へと飛ぶことにした。自分の家からだと、羽田も成田も行くのに
かかる時間はさほど変わらない。ならば割安で行ったほうがいいもんね。

2泊3日とはいえ、宿泊は那覇での1泊分だけだったので、2泊目につい
ては自分で別途手配。「ANAじゃらんパック」が3万円ちょっとで、別途手
配した宿が4,600円。飛行機と宿で約35,000円というところで落ち着
いた。自分が旅に出た23~25日は3連休だったので、飛行機の時間に
よっては平気で3~4万円は金額跳ね上がる設定になっていた。だから
金額高くなる時間は避けて、どうにか安い金額で行けるところを探し出し
たのだった。
posted by hiro at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする