2017年08月20日

2017オープン戦 皇學館大-鹿屋体育大

大市大G客席   大市大G客席裏
ネット裏スタンドの裏側が運動部の部室棟になっていた。
部室棟が先で、後付けでスタンド作ったのかな? それとも同時なのか…


大市大G最上段から   皇學館大vs鹿屋体大


8月19日 大阪市立大G 試合時間 3時間18分

鹿屋体育大(九州地区)_101 210 102=8  10安打、10四死球、3失策
皇學館大_(東海地区)_120 001 012=7  16安打、_2四_球、4失策
(鹿) 上井〈5回〉、塩澤〈2回2/3〉、河野〈1回1/3〉-後藤
(皇) #12〈3回〉、脇田〈1回〉、#58〈1回1/3〉、中山也〈3回2/3〉-#22、#13、
__ 柳井谷

▽本塁打  萩原(鹿=9回ソロ)
▽三塁打  #4(皇)  ▽二塁打  #3、#17(皇)

*場内アナウンスなし(そもそも放送設備がないっぽい)
posted by hiro at 23:23| Comment(0) | 野球観戦(大学) | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

2017オープン戦 慶大B-至学館大

8月14日 慶大G 試合時間 1時間27分
(試合開始 9:47 ~ 同終了 11:14。うち雨天中断 10:45 ~ 11:14 の29分間)

至 学 館 大__000 00=0  1安打、1四球、0失策
慶応義塾大B_000 00=0  3安打、0四球、0失策
(至) 井村-吉村
(慶) 衛藤-嶋田
*5回終了時点で降雨のためノーゲーム


<投手成績>
至学館大
井村  5回_球数59、打者18、安打3、四球0、三振2、自責0
慶大B
衛藤  5回_球数72、打者17、安打1、四球1、三振2、自責0


慶大の先発・衛藤(慶応志木3)は5回一死までパーフェクトピッチング。
その後、5番山川(いなべ総合学園4)に中前安打されたのをきっかけ
に一死三塁のピンチを招くも後続を断ち、無失点で切り抜けた。一方、
至学館大の先発・井村(高蔵寺3)も1回2回と3人ずつで抑える順調
な立ち上がり。3回以降はイニング1本ずつ安打を許したもののこちら
も要所を締め、無失点で5回を投げ終えた。


3回が終了する10:15過ぎあたりからパラパラと雨が降り出し、その
後本降りの雨となった。5回の攻防あたりのときには雨脚が強くなって
いたので、イニング終了とともに中断に入るだろうということは容易に
想像がついた。結局約30分の中断中も雨脚は一向に収まらず、11:
14に降雨ノーゲームとなった。

自分は5回まで終了しているから試合成立なのかなと思っていたん
だけど、ホームチームである慶大の属する東京六大学連盟は7回ま
で終了しないと降雨コールドゲームとはならないのかな? 連盟の
HP見てもその規定は見つけられなかったので確信はないんだけど、
試合後のアナウンスでノーゲームと言っていたし、慶大硬式野球部
のHPでもノーゲームとしていたのでおそらくそういうことなんでしょう。
posted by hiro at 00:33| Comment(0) | 野球観戦(大学) | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

2017全京都大学トーナメント 龍谷大-花園大

花園大・大江克哉投手   龍谷大vs花園大 試合結果
花園大 大江克哉 投手(3年・塔南)


第25回全京都大学野球トーナメント大会

6月17日(ファーストステージ第1日 1回戦)
わかさスタジアム京都 第2試合 試合時間 2時間00分

__大(関西六)_000 010 000=1  7安打、2四球、0失策
__大(京_滋)_001 000 01X=2  9安打、1四球、0失策
(龍) 古口〈8回〉-柴本
(花) 青山〈5回〉、大江〈4回〉-河本

▽二塁打  柴本、川井、相方(龍)


__
(8) 堀口(近江3)
(4) 相方(崇徳4)
(3) 正木(龍谷大平安2)
(D) 宮崎(敦賀気比4)
(9) 寺崎(天理3)
(7) 吉田(東海大仰星4)
(5) 川井(広陵3)
(2) 柴本(東洋大姫路2)
(6) 的場(大阪偕星学園1)
(P) 古口(福岡大大濠2)

__
(9) 福原(福井工大福井2)
(6) 三森(北大津3)
(4) 山田(北大津3)
(2) 河本(京都学園3)
(5) 小西(北嵯峨3)
(3) 多田(松山商3)
(7) 原田(光泉3)
(D) 中井(東山3)
(8) 福原(福井工大福井3)
(P) 青山(龍谷大平安3)→大江(塔南3)


花園大は3回、二死二塁から2番三森の右翼線適時打で1点先制。1点を
追う龍谷大は5回、一死二塁から8番柴本がセンター前に弾き返す適時打
を放ち、1-1の同点に追いつく。その後膠着状態の続いた試合が動いた
のは8回、花園大は二死満塁から6番多田の左前適時打で1点勝ち越
し。9回は6回から登板していた大江が龍谷大打線を三者凡退に打ち取っ
て試合終了。花園大が龍谷大との接戦を制し、勝利を収めた。


花園大では2番手で登板した大江の投球が目をひいた。ストレートはコン
スタントに140台中盤を記録し、1球だけだったが最速で148キロを記録。
4イニングを2安打1四球無失点に抑え、チームを勝利へと導いた。まあ
大江は自分があまりよく知らなかっただけで、昨年の大学選手権初出場
にも大きく貢献しており、全国舞台も踏んでいるわりと有名な投手らしい。


龍谷大は春季リーグでもエース格だった古口を先発に立て、必勝を期し
てこの試合に臨んでいたようだが競り負けて1回戦敗退に終わった。接
戦の場合ミスしたほうが負けるとはよく言われるけれど、龍谷大は2回
二死一・三塁で一塁走者が牽制死。5回二死二塁でも牽制死でチャン
スを潰し、流れをいまいち引き寄せることができなかったように見えた。

また、守備面でも8回裏一死満塁の場面でショートへのゴロをショートが
前にこぼし、本塁はかろうじてアウトにしたものの併殺は取り損ね、次打
者に勝ち越し打を浴びてしまった。春季リーグ最下位からの出直しを図
る龍谷大にとっては課題の残る試合だったのではないかと思う。
posted by hiro at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球観戦(大学) | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

2017全京都大学トーナメント 京大-京外大

わかさスタジアム京都外観   全京都トーナメント表

京大vs京外大   京大vs京外大 試合結果


第25回全京都大学野球トーナメント大会

6月17日(ファーストステージ第1日 1回戦)
わかさスタジアム京都 第1試合 試合時間 2時間00分

____大(関西学生)_000 210 000_=3  8安打、5四球、4失策
京都外国語大 (京滋二部)_201 000 001x=4  8安打、2四球、1失策
(京大) 長谷川-立平
(京外) 島-五十嵐

▽三塁打  前阪(京外)  ▽二塁打  西(京大)、上田(京外)


__
(8) 中村(天王寺2)
(9) 西村(膳所2)
(7) 石川(国立2)
(4) 西(京都市立西京2)
(6) 澁木(刈谷1)
(D) 原(彦根東1)
(2) 立平(浅野1)
(5) 北野(北野1)
(3) 泉(洛星2)
(P) 長谷川(岐阜2)

京都外大
(6) 高本(世羅1)
(5) 丸山(京都外大西4)
(8) 上田(京都外大西2)
(3) 前阪(星林4)
(9) 山田(貴志川4)
(2) 五十嵐(小樽潮陵1)
(4) 車田(早稲田摂陵1)
(D) 奥(法隆寺国際1)→HD 川﨑(麗澤瑞浪1)
(7) 下田(近江兄弟社1)
(P) 島(伏木3)


京外大は初回、一死二・三塁から4番前阪の中前適時打で2点先制。
3回は二死二塁からまたも前阪が右中間を破る適時三塁打を放ち、3
点目。対する京大は4回、二死一・二塁から8番北野の左前適時打で
1点返す。続く9番泉は四球でつないで満塁から1番中村の二ゴロを
セカンドがエラーして2点目。5回は一死三塁から5番澁木の左犠飛で
三塁走者が生還し、試合を振り出しに戻した。

6回以降は点が入らないまま迎えた9回、京外大は一死一・三塁という
一打サヨナラの好機をつかむと、9番下田の打ったあたりは高いバウン
ドでショートへ。京大のショート澁木は体勢を崩しながらも必死に本塁へ
送球したが、送球は乱れて本塁へ届かず、その間に三塁走者が生還。
京外大がサヨナラゲームで京大を降し、翌日の2回戦へと駒を進めた。


サヨナラ勝ちの京外大、9回は一死から7番車田が四球を選んで出塁。
続く8番川﨑の右前安打で車田が一気に三塁まで進塁できたのが大き
かった。川﨑のライトへの一打はさほど深いあたりではなく、一瞬暴走
かとも思われたが三塁は間一髪でセーフ。この車田の好走塁によって
サヨナラ勝ちを呼び込むことができたといっても過言ではないだろう。

試合中、「なんか声張り上げてる選手がいるな」と思い、誰だろうと思い
ながらグラウンドを注視してみたところ、京外大のサード丸山だと判明。
守備時には味方を鼓舞する感じで声を出し、その様は「やかまうるさい」
という形容がぴったり当てはまる感じだった。ユニフォームも真っ黒に汚
し、打席では気持ちいいぐらいのフルスイング。丸山からは、主将では
ないけれど4年生としてチームを率先して引っ張っていこうという気概が
感じられた。部員が20人前後と小所帯の京外大にとって、丸山はチー
ムのムードメーカーとしても必要不可欠な存在なのかもしれない。


この試合は10時試合開始だったが、京大は同日13時から自校グラウ
ンドにて東大との定期戦も重なっていた。そのため、この試合には1・2
年生中心の新人戦仕様のメンバー構成で臨んでいた。「京外大との差
は試合経験だったかな」と試合後に近くにいた観客が評していたが、そ
ういう面も実際あったのかもしれない。

先発の長谷川は3回までに3失点したがその後立ち直り、4回から8回
までの5イニングは2安打無失点に封じ込んだ。9回は不用意に与えた
四球をきっかけにサヨナラ負けを喫してしまったが、全体的にはよく投
げたと言っていいのではないかと思う。打線は、2点取った後の4回と6
回に満塁の好機を逸したのをはじめ、三者凡退に終わった3回と9回を
除く7イニングで得点圏に走者を進めながらもあと1本が出なかった。
posted by hiro at 17:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球観戦(大学) | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

2017大学選手権 岡山商大-和歌山大

第66回全日本大学野球選手権大会
6月7日(2回戦) 神宮球場 試合時間 2時間23分

和歌山大_(近__畿)_103 000 000=4  _6安打、6四球、1失策
岡山商科大(中国地区)_000 100 000=1  10安打、2四球、1失策
(和) 貴志〈9回〉-眞鍋
(岡) 蔵本〈2回1/3〉、近藤〈6回2/3〉-平

▽三塁打  大畑(和)  ▽二塁打  大畑、眞鍋(和)、田中彼(岡)


和歌山大
(7) 田淵(京都・鳥羽2)
(5) 大畑(智弁和歌山3)
(2) 眞鍋(高川学園4)
(8) 池内(丸亀4)
(D) 西林(和歌山商3)→HD 太田(済美4)
(4) 宮井(向陽2)
(3) 馬場(奈良・郡山2)
(9) 山口(桐蔭4)
(6) 田頭(市岡3)
(P) 貴志(桐蔭2)

岡山商大
(5) 盛田(藤蔭2)
(6) 田中彼(関西4)
(8) 菊川(興陽4)
(9) 槇(丹原2)
(7) 佐々木(安佐北4)
(D) 古田(柳ヶ浦2)
(3) 一安(興譲館4)→H 戸村(創志学園2)
(2) 平(日本航空2)
(4) 高橋(岡山東商4)
(P) 蔵本(神戸国際大付4)→近藤(安佐北4)
posted by hiro at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球観戦(大学) | 更新情報をチェックする