2017年06月19日

2017全京都大学トーナメント 龍谷大-花園大

花園大・大江克哉投手   龍谷大vs花園大 試合結果
花園大 大江克哉 投手(3年・塔南)


第25回全京都大学野球トーナメント大会

6月17日(ファーストステージ第1日 1回戦)
わかさスタジアム京都 第2試合 試合時間 2時間00分

__大(関西六)_000 010 000=1  7安打、2四球、0失策
__大(京_滋)_001 000 01X=2  9安打、1四球、0失策
(龍) 古口〈8回〉-柴本
(花) 青山〈5回〉、大江〈4回〉-河本

▽二塁打  柴本、川井、相方(龍)


__
(8) 堀口(近江3)
(4) 相方(崇徳4)
(3) 正木(龍谷大平安2)
(D) 宮崎(敦賀気比4)
(9) 寺崎(天理3)
(7) 吉田(東海大仰星4)
(5) 川井(広陵3)
(2) 柴本(東洋大姫路2)
(6) 的場(大阪偕星学園1)
(P) 古口(福岡大大濠2)

__
(9) 福原(福井工大福井2)
(6) 三森(北大津3)
(4) 山田(北大津3)
(2) 河本(京都学園3)
(5) 小西(北嵯峨3)
(3) 多田(松山商3)
(7) 原田(光泉3)
(D) 中井(東山3)
(8) 福原(福井工大福井3)
(P) 青山(龍谷大平安3)→大江(塔南3)


花園大は3回、二死二塁から2番三森の右翼線適時打で1点先制。1点を
追う龍谷大は5回、一死二塁から8番柴本がセンター前に弾き返す適時打
を放ち、1-1の同点に追いつく。その後膠着状態の続いた試合が動いた
のは8回、花園大は二死満塁から6番多田の左前適時打で1点勝ち越
し。9回は6回から登板していた大江が龍谷大打線を三者凡退に打ち取っ
て試合終了。花園大が龍谷大との接戦を制し、勝利を収めた。


花園大では2番手で登板した大江の投球が目をひいた。ストレートはコン
スタントに140台中盤を記録し、1球だけだったが最速で148キロを記録。
4イニングを2安打1四球無失点に抑え、チームを勝利へと導いた。まあ
大江は自分があまりよく知らなかっただけで、昨年の大学選手権初出場
にも大きく貢献しており、全国舞台も踏んでいるわりと有名な投手らしい。


龍谷大は春季リーグでもエース格だった古口を先発に立て、必勝を期し
てこの試合に臨んでいたようだが競り負けて1回戦敗退に終わった。接
戦の場合ミスしたほうが負けるとはよく言われるけれど、龍谷大は2回
二死一・三塁で一塁走者が牽制死。5回二死二塁でも牽制死でチャン
スを潰し、流れをいまいち引き寄せることができなかったように見えた。

また、守備面でも8回裏一死満塁の場面でショートへのゴロをショートが
前にこぼし、本塁はかろうじてアウトにしたものの併殺は取り損ね、次打
者に勝ち越し打を浴びてしまった。春季リーグ最下位からの出直しを図
る龍谷大にとっては課題の残る試合だったのではないかと思う。
posted by hiro at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球観戦(大学) | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

2017全京都大学トーナメント 京大-京外大

わかさスタジアム京都外観   全京都トーナメント表

京大vs京外大   京大vs京外大 試合結果


第25回全京都大学野球トーナメント大会

6月17日(ファーストステージ第1日 1回戦)
わかさスタジアム京都 第1試合 試合時間 2時間00分

____大(関西学生)_000 210 000_=3  8安打、5四球、4失策
京都外国語大 (京滋二部)_201 000 001x=4  8安打、2四球、1失策
(京大) 長谷川-立平
(京外) 島-五十嵐

▽三塁打  前阪(京外)  ▽二塁打  西(京大)、上田(京外)


__
(8) 中村(天王寺2)
(9) 西村(膳所2)
(7) 石川(国立2)
(4) 西(京都市立西京2)
(6) 澁木(刈谷1)
(D) 原(彦根東1)
(2) 立平(浅野1)
(5) 北野(北野1)
(3) 泉(洛星2)
(P) 長谷川(岐阜2)

京都外大
(6) 高本(世羅1)
(5) 丸山(京都外大西4)
(8) 上田(京都外大西2)
(3) 前阪(星林4)
(9) 山田(貴志川4)
(2) 五十嵐(小樽潮陵1)
(4) 車田(早稲田摂陵1)
(D) 奥(法隆寺国際1)→HD 川﨑(麗澤瑞浪1)
(7) 下田(近江兄弟社1)
(P) 島(伏木3)


京外大は初回、一死二・三塁から4番前阪の中前適時打で2点先制。
3回は二死二塁からまたも前阪が右中間を破る適時三塁打を放ち、3
点目。対する京大は4回、二死一・二塁から8番北野の左前適時打で
1点返す。続く9番泉は四球でつないで満塁から1番中村の二ゴロを
セカンドがエラーして2点目。5回は一死三塁から5番澁木の左犠飛で
三塁走者が生還し、試合を振り出しに戻した。

6回以降は点が入らないまま迎えた9回、京外大は一死一・三塁という
一打サヨナラの好機をつかむと、9番下田の打ったあたりは高いバウン
ドでショートへ。京大のショート澁木は体勢を崩しながらも必死に本塁へ
送球したが、送球は乱れて本塁へ届かず、その間に三塁走者が生還。
京外大がサヨナラゲームで京大を降し、翌日の2回戦へと駒を進めた。


サヨナラ勝ちの京外大、9回は一死から7番車田が四球を選んで出塁。
続く8番川﨑の右前安打で車田が一気に三塁まで進塁できたのが大き
かった。川﨑のライトへの一打はさほど深いあたりではなく、一瞬暴走
かとも思われたが三塁は間一髪でセーフ。この車田の好走塁によって
サヨナラ勝ちを呼び込むことができたといっても過言ではないだろう。

試合中、「なんか声張り上げてる選手がいるな」と思い、誰だろうと思い
ながらグラウンドを注視してみたところ、京外大のサード丸山だと判明。
守備時には味方を鼓舞する感じで声を出し、その様は「やかまうるさい」
という形容がぴったり当てはまる感じだった。ユニフォームも真っ黒に汚
し、打席では気持ちいいぐらいのフルスイング。丸山からは、主将では
ないけれど4年生としてチームを率先して引っ張っていこうという気概が
感じられた。部員が20人前後と小所帯の京外大にとって、丸山はチー
ムのムードメーカーとしても必要不可欠な存在なのかもしれない。


この試合は10時試合開始だったが、京大は同日13時から自校グラウ
ンドにて東大との定期戦も重なっていた。そのため、この試合には1・2
年生中心の新人戦仕様のメンバー構成で臨んでいた。「京外大との差
は試合経験だったかな」と試合後に近くにいた観客が評していたが、そ
ういう面も実際あったのかもしれない。

先発の長谷川は3回までに3失点したがその後立ち直り、4回から8回
までの5イニングは2安打無失点に封じ込んだ。9回は不用意に与えた
四球をきっかけにサヨナラ負けを喫してしまったが、全体的にはよく投
げたと言っていいのではないかと思う。打線は、2点取った後の4回と6
回に満塁の好機を逸したのをはじめ、三者凡退に終わった3回と9回を
除く7イニングで得点圏に走者を進めながらもあと1本が出なかった。
posted by hiro at 17:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球観戦(大学) | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

2017大学選手権 岡山商大-和歌山大

第66回全日本大学野球選手権大会
6月7日(2回戦) 神宮球場 試合時間 2時間23分

和歌山大_(近__畿)_103 000 000=4  _6安打、6四球、1失策
岡山商科大(中国地区)_000 100 000=1  10安打、2四球、1失策
(和) 貴志〈9回〉-眞鍋
(岡) 蔵本〈2回1/3〉、近藤〈6回2/3〉-平

▽三塁打  大畑(和)  ▽二塁打  大畑、眞鍋(和)、田中彼(岡)


和歌山大
(7) 田淵(京都・鳥羽2)
(5) 大畑(智弁和歌山3)
(2) 眞鍋(高川学園4)
(8) 池内(丸亀4)
(D) 西林(和歌山商3)→HD 太田(済美4)
(4) 宮井(向陽2)
(3) 馬場(奈良・郡山2)
(9) 山口(桐蔭4)
(6) 田頭(市岡3)
(P) 貴志(桐蔭2)

岡山商大
(5) 盛田(藤蔭2)
(6) 田中彼(関西4)
(8) 菊川(興陽4)
(9) 槇(丹原2)
(7) 佐々木(安佐北4)
(D) 古田(柳ヶ浦2)
(3) 一安(興譲館4)→H 戸村(創志学園2)
(2) 平(日本航空2)
(4) 高橋(岡山東商4)
(P) 蔵本(神戸国際大付4)→近藤(安佐北4)
posted by hiro at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球観戦(大学) | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

2017オープン戦 札幌国際大-帝京平成大

札幌国際大vs帝京平成大1   札幌国際大vs帝京平成大2


3月20日 寿銚子スタジアム 試合時間 2時間33分

札幌国際大(札幌学生二部)
___000 100 000=1  7安打、2四死球、3失策
___000 010 10X=2  7安打、4四_球、0失策
帝京平成大(千葉県大学二部)
(札) 矢野目〈3回〉、田村〈3回〉、小野?〈2回〉-小石澤
(帝) 木村〈7回〉、正木〈1回〉、高丸〈1回〉-原田

▽二塁打  山内(札)、椎名(帝)

*場内アナウンスあり


札幌国際は4回、先頭の4番小石澤(北海学園札幌4)が四球で出塁。バント
で送って一死二塁から代打石川(北海道尚志学園3)の中前適時打で1点先
制。対する帝京平成は5回、先頭の9番山田(市船橋1)が中前安打で出塁。
暴投で山田が二塁へ進んだ後、1番椎名(千葉敬愛2)が右翼線へと運ぶ適
時二塁打を放ち、1-1の同点に追いつく。

帝京平成は7回、先頭の8番原田(学法福島1)のショートへのゴロをショート
が一塁へ悪送球し、原田は二塁まで進塁。山田がバントで送って一死三塁
から椎名の遊ゴロの間に原田が生還して帝京平成1点勝ち越し。そしてこれ
がそのまま決勝点となった。


帝京平成は、先発の木村(我孫子4)が7回を投げて7安打2四死球1失点。
7イニング中4イニングで先頭打者の出塁を許すなど、決して安定感のある
内容ではなかったが、三振も9つ奪えていたからか、数字ほど打ち込まれた
という印象はなかった。また、三度けん制で一塁走者を刺し、ピンチが広が
るのを未然に防げていたのも大きかった。

右サイドハンドからテンポよく投げ込んでくる正木(水城2)とサウスポーの
高丸(帝京1)は、1イニングをいずれも三者凡退で危なげなく抑えた。先発
の右オーバーハンドの木村を加えた3人のタイプの異なる投手の継投によ
って、帝京平成は1点差ゲームを制したのだった。


札幌国際は、先発の矢野目(福知山成美2)が3回を投げて2安打3四球無
失点。2回には一死満塁のピンチを招いたが、内野ゴロ2つで得点は与えず
に切り抜けた。札幌国際のリーグ戦開幕は5月3日とまだ1カ月以上先なの
で、今はまだこれから徐々に調子を上げていくという段階なのだろう。ちなみ
に、昨年のリーグ戦での登板頻度を確認してみたところ、矢野目はチームの
エース格の投手であるようだ。

札幌だと室内練習場でもない限り、今の時期に土の上で練習することはでき
ないだろう。このオープン戦は合宿に入って4日目で組まれ、実戦としてはま
だ2試合目だったようだ。4月8日にリーグ戦が開幕する帝京平成とはチーム
の仕上がり具合に雲泥の差があったはずなので、3失策と守備に乱れこそ出
たものの、接戦に持ち込めたこと自体をむしろ評価すべきなのかもしれない。
posted by hiro at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球観戦(大学) | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

2017オープン戦 千工大-東北工大

3月12日 千葉工大茜浜球場 試合時間 3時間20分

東北工業大(仙台六大学)
___000 010 010=_2  _7安打、_7四死球、2失策
___025 200 24X=15  15安打、11四死球、2失策
千葉工業大(千葉県大学二部)
(東) 亀山〈2回2/3〉、田中〈2回1/3〉、滝田〈2回〉、小野〈1回〉-吉田
(千) 小菅〈5回〉、鈴木隼〈2回〉、中野〈2/3回〉、根岸〈1回1/3〉-平内、三輪

▽三塁打  三輪、石井隆(千)  ▽二塁打  小川2、平内(千)


千工大は2回、二死三塁から7番石井翔(志学館4)の中前適時打で1点先制。
なおも連続四球で満塁の後、1番小笠原(拓大紅陵2)も中前適時打を放ち、
2点目。3回には二死一・三塁から6番小川(足立学園2)の右越え2点適時二
塁打。さらに8番平内(八戸学院光星4)と9番峯岸(志学館3)も適時打で続き、
この回計5点。4回にも小川の2打席連続となる中越え2点適時二塁打でリー
ドを9点まで広げる。なんとか反撃したい東北工大だったが、5回の相手失策
による1点と8回の押し出し四球による1点の計2点にとどまり、終盤には投手
陣も崩れてさらに失点を重ね、大敗を喫した。


大勝の千工大。打線では小川が2本の適時二塁打を含む3安打4打点と活躍。
引っ張り専門ではなく右方向にも長打が打てるあたりは、相手からするとちょっ
と厄介な存在となるかもしれない。投げては先発の小菅(土浦三4)が5回を3
安打2四球1失点。序盤は制球に苦しみ、5回には味方の失策で1点を失った
が、なんとか無難にまとめたのではないかと思う。

東北工大は、先発の亀山(浪岡3)が7安打4四球7失点で3回もたずに降板。
後続の投手も軒並み制球が悪く、4投手で計11四死球では勝負にならないの
も無理はなかった。打線も6回の無死満塁で得点を挙げられないなど、今一つ
といったところだったが、そんななか1番久慈(塩釜4)は3安打2盗塁と一人気
を吐いていた。だが、クリンナップの3人で11打数2安打と振るわなかったこと
も響き、久慈は5打席中4打席出塁したものの、一度も生還できずに終わった。
posted by hiro at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球観戦(大学) | 更新情報をチェックする