2017年02月23日

WBC台湾代表と中国代表は日本で最終調整

<台湾代表>
2月23日(木)~3月1日(水)まで神戸で大会直前合宿を行うようです。
http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2017/02/20170220840801.html

使用球場は、ほっともっとフィールド神戸。26日(日)は日本新薬、28日(火)は
新日鐵住金広畑と交流試合が行われます。ただし、日本新薬戦は入場可能で
すが、新日鐵住金広畑戦は非公開で行われるようです。


<中国代表>
2月22日(水)~3月1日(水)まで鹿児島で大会直前合宿を行うようです。
使用球場は鴨池市民。
http://www.kagoshima-yokanavi.jp/taiken/sport/camp.html

鹿児島でスポーツキャンプを行っているチームの毎日の動静はこちらで確認できます。
http://www.kagoshima-kankou.com/news/

「2017年鹿児島県プロスポーツキャンプ情報について」の項目に「スポーツキャ
ンプ情報」というPDFファイルがあり、その日の予定が掲載されます。ただ、当日
にならないと予定がわからないというところがやや不便ではありますが…。
(追記:前日夜のうちに翌日の予定としてPDFファイルがUPされるようです)

鴨池市民球場年間予定
http://k-kyujo.com/page6.html

こちらでは中国代表のキャンプは24日(金)~28日(火)となっており、
鹿児島市観光サイトの情報とは微妙に違います。こちらのほうが情報
としては新しいのかなと思います。

巨人軍公式サイトの3軍日程(これは直リンク不可そうなので、アドレス出しません)
よると、25日(土)は、ひむかスタジアムで12:30から巨人3軍と練習試合が
組まれています。また、翌26日(日)は韓国プロ野球KTウィズ2軍と練習試合
が組まれているという情報もありますが、詳細は不明です。
posted by hiro at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | その他野球 | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

ワールドサイバー大学??

学生野球おもてなし_韓国の高校、大学が合宿_南さつま市
〈1月24日(火) 南日本新聞〉

_韓国・ワールドサイバー大学と、仁倉(インチャン)高校の野球部が、南さつま
市で1カ月を超える合宿中だ。歓迎セレモニーが19日夜、市内のかせだドーム
であり、市民らがもてなした。
_初めての滞在となるワールドサイバー大は15日から28人が訪れた。6回目
の仁倉高は27人が8日にキャンプイン。いずれも2月17日までの予定で、市内
のかせだ交流センターさんぱるに宿泊し、加世田運動公園などで練習している。
(記事引用終わり)


仁倉高校が今年も来ているのはいいとして、ずっと毎年来ていた漢陽大学に代
わって初めて加世田にやってきたワールドサイバー大学。ググっても大学の詳
細が出てこないんだが…。大学名ほんとにあってるか、これ。それにしても謎め
いた学校だな。というか、謎過ぎてわけがわからん。興味はそそられるところだ
けど、2年続けて加世田にはさすがに行けないわ。Ustreamでベースボールフ
ェスタの試合の中継とかしてくれんもんかなあ(←視聴者は3ケタいかないと思うが)


関連記事
「2016ベースボールフェスタ in 南さつま 仁倉高-中部学院大B」
「2年連続の南九州遠征(第1日)」
posted by hiro at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | その他野球 | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

アンディ・マルテ、事故死したのか…

【MLB】ドミニカからの訃報相次ぐ、元インディアンスのA.マルテ事故死
ISM 1月23日(月)

現地22日、かつてクリーブランド・インディアンスなどでプレーした
アンディ・マルテ内野手が故郷のドミニカ共和国で交通事故のため
死去した。33歳だった。
<中略>
マルテは2005年に期待の若手有望株として21歳でアトランタ・ブレ
ーブスでメジャーデビュー。そのオフには二度のトレードを経てクリー
ブランド・インディアンスへ移籍したが伸び悩み、2011年から3年間
はメジャーでの出場なしに。2014年にアリゾナ・ダイヤモンドバック
スで6試合に出場したが、ここ2年は韓国でプレーしていた。
(記事引用終わり)


マルテは、一昨年と昨年の2年間は韓国のKTウィズに在籍していた。
KTはKBO(韓国野球委員会)に正式加盟して一軍戦参戦初年度となる
2015年、宮崎や鹿児島で春季キャンプを行った。自分はそのときに新
日鐵住金かずさマジックとのオープン戦を鹿児島県霧島市の国分球場
で観戦している。マルテはそのときに一度見ただけだったが、その試合
ではレフトへ豪快な本塁打を叩き込んだのが印象に残っている。

「2015プロアマ交流戦 かずさマジック-KTウィズ」


3番サードで先発出場したマルテの全打席
__1回二死無走者 (投手:中根久貴)
___BBBB四球
__3回二死無走者 (投手:中根久貴)
___SSの後、4球目を打って遊飛
__6回一死一塁 (投手:本多俊弘)
___の後、2球目を打って左越え本塁打 (2打点)
____=ストライク、=ボール、=ファウル

6回で退いたので3打席で終了。2の1,1四球,1本塁打,2打点。
守備機会としてはゴロを2本さばいたが、特に印象はなし。


KTは2016年から春季キャンプをアメリカで行うようになったので、日本
に来ていたのは一昨年だけだった。だから国分でKTの試合を観戦して
いなければ、おそらくマルテのことは知らないままだっただろう。NPBの
球団がマークしているという報道も目にしたことがあったので、いつの日
か再び日本で見られることもあるのかもしれないなと思っていたのだが。
才能ある選手がこういう形で命を落としてしまうのは残念としか言いよう
がない。合掌。
posted by hiro at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | その他野球 | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

とても興味深い世代間交流戦

11月23日、佐賀県で個人的にとても興味深い試合が行われていたようだ。


第2回世代間交流親善軟式野球大会
会 場:唐津市野球場
組合せ:成年-中学選抜、古希-学童選抜

___000 010 00_=1
中学選抜_000 100 01x=2
(延長8回タイブレーク)
___000 000 0=0
学童選抜_021 020 X=5


成年と中学生の対戦はともかく、古希(一般的には70歳のこと)と学童
(小学生)の対戦はちょっと絵面が想像しにくいんだが…。祖父と孫が試
合してるような感じってことだよね、これ。第2回ってことは昨年から始ま
ったんだろうけど、この大会すごく見てみたいわ。佐賀県軟式野球連盟
のHPに試合結果が載っていたんだけど、おそらく事前に試合の告知は
なかったんではないかと思う。そうなると事前に試合の情報を掴むのっ
てかなり難しいだろうな。


野球の世界って、プロ・社会人・大学・高校にはそれぞれに統括してい
る組織があるので、つい20年ぐらい前まではそれぞれの団体の枠を
超えたつながりってほぼなかったのではないかと思う。それが、プロが
社会人と交流戦をできるようになり、数年前にはプロと大学生の試合
も可能になった。社会人と大学は昔からオープン戦なんかではちょい
ちょい対戦してたのだろうけど、大学と高校のオープン戦なんてのも
最近はちらほら見かけるようになった。もっとも、大学と高校も知らな
いだけで昔から意外と試合組んだりはしてたのかもしれないけれど。

「プロvs社会人」、「プロvs大学」、「社会人vs大学」、「大学vs高校」、
ブログのジャンル分けにもある通り、自分はこのカテゴリーの違うチー
ム同士の交流戦はこれまでに観戦したことがある。ということで、まだ
観戦したことがないのは、「プロvs高校」、「社会人vs高校」ということ
になる。プロと高校はおそらく今後も対戦が実現することはないでしょ
う。社会人と高校となると、自分はこれまでに確か一度か二度ではあ
るけど、社会人のクラブチームと高校生の間でオープン戦の予定が
組まれているのを目にしたことはある。残念ながら予定があわなくて
見には行けなかったのだが。

あと意外なところでは、社会人のクラブチームと女子硬式野球チーム
の間でオープン戦の予定が組まれているのを見て、驚いたこともある。
もっとも、試合がちゃんと行われたのかどうかは定かではない。そもそ
も男女間だとパワーの差が歴然としているので、試合するのは結構危
険な気もするけどどうなんだろ。

2011年に自分はマスターズ甲子園の埼玉予選を見に行ったことがあ
るんだけど、その大会の決勝戦と同じ日にエキシビジョンマッチとして
マスターズ埼玉選抜と女子硬式野球高校生チームというカードが組ま
れていた。見に行きたかったんだけど、開始時間が全くわからなくて観
戦断念したんだったかな。このときは、記憶はあいまいだけど女子高
校生チームのほうが勝ったと記憶している。


こういった交流戦は、力量差がありすぎると試合にならないという事態
にもなりかねないので、マッチメイクとしてはなかなか難しいところもあ
ると思う。でも普段対戦しないチーム同士の対戦が実現するってだけ
でわくわくする部分もまたあるのよね。自分がこういう対戦をわりと多
く見に行っているのは、試合展開が読みにくいのでその分興味をそそ
られるという部分が大きいのかもしれない。
posted by hiro at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他野球 | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

どうにかハシゴ観戦成功(辰野町荒神山→大芝公園)

10月22日(土)


前夜、辰野で宿泊していたので、徒歩で辰野町荒神山球場へ。

辰野町荒神山球場は、本来バックスクリーンがあるべきところにバックネット
が張ってあった。どうやら球場を2面使いするためのものらしい。スコアボード
もカウントランプも客席すらないチープな球場だった。試合中、BSOのカウン
トは中学生の野球部員が手動で行っていたが、グラウンドのほうに向けてい
るためネット裏からは全く見えない。場内アナウンスも遠くでかすかに聞こえ
るだけで聴きとることはほぼ無理。ネット裏は芝生スペースだったが、朝露で
濡れていて座れる状態ではなかった。


「2016長野県中学新人戦南信大会 茅野永明中-飯田緑ヶ丘中」
(試合開始8:57~試合終了10:32


試合は6回コールドで終わり、球場から徒歩10分ちょっとのJR飯田線
宮木駅へと移動。

宮木 10:5611:19 北殿

北殿駅からは徒歩45分程度で大芝公園野球場へと到着。


12時過ぎに大芝公園に着いたら、既に第2試合まで終わっていた。第1試合
9時開始で3時間経過した段階で2試合終わってるというのはどういうことな
んだろうか。2試合目が10-0だったのでコールドゲームだっただろうことは
想像つくけど、進行早過ぎだろ。メンバー交換が12時半、試合開始は12時
50分と場内にアナウンスされたが、実際の試合開始はもうちょっと早かった。


宮木駅の電車は、10:56を逃すと次は12:46までなかった。
当初の第3試合開始は13時半ということだったので、

宮木 12:4612:59 伊那松島(北殿の2つ手前の駅)

伊那松島からはタクシーで球場入りするつもりだった。球場の最寄り駅である北
殿は無人駅なのでタクシー停まってなさそうだったし、伊那松島から球場までは
7キロ程度なので10~15分で着くだろうと計算していた。それで試合開始には
間に合うだろうと思っていたのだが、実際にはこれでは全く間に合わなかった。

電車の便が不便なのはあらかじめわかっていたので、当然レンタカープランも
頭にはあった。けれど調べたところ、朝8時過ぎからレンタカー借りられそうなと
ころは岡谷にしかなかった。岡谷から辰野が車で30分程度かかるらしく、辰野
で9時開始の試合に間に合うかは微妙だったのでレンタカーも頭から消したの
だった。結果的には自分がとった選択でしかハシゴを成功させることはできな
かったわけだ。ちなみに、大芝公園野球場の電話番号は公園管理事務所につ
ながるようなので、恐らく試合の進行状況を事前に確認することはできなかった
のではないかと思う。


「2016長野県中学新人戦南信大会 駒ヶ根赤穂中-飯田鼎中」
*パンフ200円 (試合開始12:45~試合終了14:36

一昨年もこの大会には来ていたので、パンフがあることはわかっていた。一昨
年は諏訪市清水町野球場では販売がなく、下諏訪スタジアムでは球場正面に
机出してパンフを売っていた。辰野町荒神山球場にはそもそも机出すような場
所もないので販売していないことはわかっていたが、大芝公園野球場でも外で
販売はしていなかった。結局本部席を訪ねて行って購入したのだった。
posted by hiro at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | その他野球 | 更新情報をチェックする