2017年07月20日

2017神奈川2回戦 私的注目カードは麻布大付が勝利

地名がついたごく平凡な名称の高校出身の自分にとって、カタカナ名
称の高校には異様に関心があったりする。聖隷クリストファーは見て
みたいと思いつつもいまだに観戦できていない。今夏はオイスカと横
須賀の「スカスカ対決」を磐田城山球場に見に行こうかとも考えてい
たが、結局実現はしなかった。アレセイアも数年前からマークしてい
て、今回ようやくタイミングがあったというわけだ。

麻布大付は、3年前まで麻布大渕野辺という高校名だった。自分にと
っては、麻布大学も渕野辺という地名も全く縁もゆかりもないけれど、
逆に謎過ぎて興味を惹きつけられていた部分はあった。ちょっと調べ
てみたところ、麻布大学って今話題の獣医学部がある大学なのね。
完全に理系の大学なので自分とは縁遠いのも当然と言えば当然だっ
た。ちなみに麻布大学と麻布高校は別法人であり、関係はないらしい。


第99回全国高等学校野球選手権神奈川大会

7月16日(2回戦) 
サーティーフォー保土ヶ谷球場 第2試合 試合時間 2時間42分

アレセイア湘南__000 000 200=2  _5安打、2四球、2失策
____000 303 20X=8  13安打、5四球、0失策
(ア) 村岡〈4回0/3〉、井深〈3回〉、駒澤〈1回〉-平野
(麻) 永井〈6回〉、野水〈2/3回〉、射水〈1回1/3〉、永井〈1回〉-幡生

▽本塁打  射水(麻=7回2ラン)
▽二塁打  廣田、宇留志、佐藤(ア)、藤崎、大内、米田(麻)


麻布大付は4回、一死二塁から4番幡生(#2)の左前適時打で1点先制。
5番藤崎(#3)が左越え二塁打で続き、二・三塁から6番大内(#9)の左
前適時打で2点目。さらに7番萩原(#5)のスクイズがバントヒットとなって
3点目。6回には二死一・二塁から1番川村(#7)の左前適時打に送球エ
ラーが重なり、二者生還。なおも安打と四球で満塁から振り逃げの間に三
塁走者が還り、この回計3点。

6点を追うアレセイアは7回、二死一塁から4番廣田(#3)の左越え適時
二塁打で1点返すと、5番宇留志(#7)もセンター左への二塁打で続いて
もう1点。2点返して点差を4点に縮めたが、麻布大付はすぐさま射水(#
10)がレフトへ2ランHRを放ち、点差は再び6点に。アレセイアは8回9
回も走者を出したものの得点は挙げられず、スコアは動かないまま試合
終了。麻布大付が8-2でアレセイアを降し、3回戦進出を決めた。


「ここで代えるかあ」と思わずため息をつきそうになった。6回裏の攻撃で
3点加えてリードを6点に広げたところで、麻布大付ベンチはここまで1四
球を与えたのみで無安打投球を続けていた先発の永井(#1)をライトへ
回し、2番手として野水(#11)をマウンドへと送った。麻布大付の監督
としては、点差がついたのでエースを少しでも休ませ、次の試合に備え
て控え投手に夏の大会のマウンドを踏ませようと考えたのだろう。ベンチ
ワークとしては間違っていないし、その考え方も理解はできる。でもねえ、
永井が素晴らしい投球をしていたので、どこまでいけるのか見てみたい
という思いも自分にはあった。だから交代したときはちょっと残念に思っ
たのだった。

アレセイアは、先発の村岡(#1)が3回まで麻布大付打線を1安打無失
点に抑えていたが、4回に3点を献上。5回の先頭打者に内野安打を許
したところで降板となった。確かに麻布大付・永井投手の出来を見た感
じでは、アレセイアの監督があの時点で「3点以上点差が広がると追い
つくのが困難になる」と考えてもおかしくはなかった。だから目先を変え
るために継投に入ったのだろうけれど、結果的には村岡をもう少し引っ
張ったほうがよかったのかなと思った。村岡は4回に連打こそ浴びたけ
れどまだまだボールに力はありそうだったし、せめて守備には残してお
いたほうがよかったのかなと。


永井を降ろした麻布大付は7回8回を投げた2人の投手が精彩を欠き、
眠っていたアレセイア打線に火をつけてしまった感じになり、9回は永井
を再びマウンドに上げざるを得なくなった。一方のアレセイアも継投によ
って失点を防ぐことはできなかった。ともに継投策がうまくはまらず、双
方の監督ともに思惑とは少し違った展開となってしまった試合だったの
かなと思う。
posted by hiro at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球観戦(高校) | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

2017神奈川2回戦 星槎国際湘南、本田の好投で快勝

第99回全国高等学校野球選手権神奈川大会

7月16日(2回戦) 
サーティーフォー保土ヶ谷球場 第1試合 試合時間 1時間47分

_____000 000 000=0  _3安打、2四球、1失策
星槎国際湘南_ 100 021 20X=6  10安打、1死球、1失策
(上) 吉次〈6回0/3〉、田村〈2回〉-今野
(星) 本田〈9回〉-田島

▽本塁打  有賀(星=7回2ラン)
▽三塁打  大城(星)  ▽二塁打  田島、半田、有賀、杉田(星)


星槎は初回、一死二・三塁から4番松下(#3)の中犠飛で1点先制。その後、
5回は二死からの3連打で2点、6回は一死一塁から代打杉田(#13)の左翼
線適時二塁打で4点目。7回には2番有賀(#9)の中越え2ランHRでリードを
6点まで広げる。投げては、プロ注目の本田(#1)が上矢部打線をわずか3安
打に抑え込んで完封。6-0で星槎が上矢部を降し、3回戦へと駒を進めた。


星槎の本田は4回までに10奪三振。3回二死までの8個のアウトはすべて三
振でとっており、9個目のアウトとなった2番島田(#4)の打ったあたりがセカ
ンドへと転がったとき、スタンドからはどよめきが起きたほどだった。このペー
スで三振取り続けたらすごいことになるなと思ったが、5回以降は7回までイ
ニング1個ずつの上積みにとどまり、8回9回は奪三振なし。次を見据えて5
回以降意識的に省エネ投球に切り替えたのか、それとも上矢部打線が本田
の球に慣れてきてバットに当てることはできるようになったのか。実際見てい
てもそこのところはよくわからなかった。

星槎は6回に代打で出てきた杉田の二塁打で貴重な追加点を挙げたわけだ
が、杉田が打席前のネクストに入っていたときにその場で腕立て伏せを始め
たのにはちょっと驚いた。以前、プロテニス選手の藤原里華が試合中に腕立
てをしていたというのが話題になっていたけど、藤原が腕立てする理由って
「腕を疲れさせて力みを抜くことによってスイングを安定させるため」とかだっ
たっけか。杉田も藤原の考え方に共鳴して同じやり方を実践しているのかも
しれない。実際それで結果残してるわけだからありっちゃありなんだろうな。


上矢部は先発の吉次(#1)が7回途中まで投げて9安打1死球6失点。有賀
に2ランを打たれたところで降板となった。その吉次の投球で驚いたのは、た
まに織り交ぜていたスローカーブでストライクをとれていたことだった。山なり
の球を投げる投手って結構いるんだけど、その球でストライクをとれている投
手ってほとんど見たことない。だが吉次はその球をきちんとコントロールでき
ていた。あの球使ってもカウント悪くしないで投球を組み立てられる投手って
かなり稀有な存在だと思う。力及ばず敗れたものの、自分の力は出し切るこ
とができた投球だったのではないだろうか。
posted by hiro at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球観戦(高校) | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

2017J2 千葉 vs 讃岐

2017年7月8日(土)
J2リーグ第22節(フクダ電子アリーナ) 観客 9,498人

ジェフ千葉   (前半1-1、後半3-2)   カマタマーレ讃岐

前半13分  千葉 1-0 讃岐  ラリベイ
前半34分  千葉 1-1 讃岐  馬場賢治
後半20分  千葉 1-2 讃岐  高木和正
後半23分  千葉 2-2 讃岐  清武功暉
後半33分  千葉 2-3 讃岐  木島徹也(FK)
後半35分  千葉 3-3 讃岐  ラリベイ(PK)
後半38分  千葉 4-3 讃岐  ラリベイ


ジェフ1点リードで迎えた後半アディショナルタイム。5分あったアディショ
ナルタイム3分のところで、ペナルティエリア内でスルーパスを受けたFW
13木島徹也
GK23佐藤優也が倒してしまい、讃岐がPKを獲得。しか
し、このPKを優也はコースを読み切って外へ弾き出し、続くコーナーキッ
クも何とかしのぎ切ってジェフはどうにかこうにか1点差を守り切った。


最後のPKの場面、もう決められることは覚悟してた。おそらく時間的に
はPK後にワンプレーぐらいしかできないだろうけど、そのワンプレーで
勝ち越し狙いにいくしかないなとまで頭の中では考えていた。だが、優
也がPKをセーブした瞬間にこの考えが全部吹っ飛んで興奮状態に陥
り、試合の中に完全に引き込まれてしまった。

「喜ぶのまだ早いよ。コーナー(キック)すぐ来るよ、集中集中」。実際口
に出していたのか、心の中で思ってただけなのかすら今となっては覚え
ていない。ただ、自分もフィールドにいる選手たちと同じ感覚で戦ってい
たのかもしれない。コーナーキックからDF22武田有祐がヘディングシ
ュート。枠にきたこのシュートをFW8清武功暉がゴールライン上で、ヘ
ッドではね返す。そして大きくクリアすると、ここで試合終了のホイッスル。

タイムアップと同時にジェフの選手たちは一斉に絶体絶命のPKをセー
ブした優也のもとに駆け寄る。一方、讃岐の選手たちはその場に崩れ
落ちた。勝者と敗者のコントラストが鮮明に表れた瞬間だった。そして
自分は、「(信じられん)勝ったあ、勝ったよ~」と思わず口に出していた。


「壮絶な点の取り合い」、「誤審」、「退場」、「ラリベイのハットトリック」、
一言では語り尽くせないぐらい内容の濃い試合だったが、最後に優也
が全部持っていった。「自分で相手倒してPKを与え、そのPKを自らセ
ーブ」。完全なる佐藤優也劇場であり、そのドラマチックかつ劇的なエ
ンディングにジェフサポーターは完全に酔わされてしまったのだった。


内容的には全く褒められた試合ではなかったけれど、二度リードを許し
ながらもよくそれをはね返して逆転勝利を収められたと思う。特に後半
29分にはDF17大久保裕樹が2枚目のイエローカードで退場処分と
なっており、数的不利な状況に陥った直後に勝ち越されたときには、
「かなりやばいぞ、これ」と思ったのだが。

後日試合のダイジェスト映像を確認したところ、審判の判定に助けられ
た部分はあった。ジェフの3点目につながったPKをとられた讃岐の選
手のハンドはペナルティエリアの外であり、PK判定は完全に誤審だっ
た。あれは、主審はともかく線審がちゃんと判定してやらんと…。ジェフ
の1点目も讃岐サイドは「オフサイド」を主張しており、度重なる不利な
判定に讃岐の選手たちは相当ストレスたまってたんじゃないかな。

でもね、以前も書いたかもしれないけど、「誤審も含めてサッカー」なん
だよね。ジェフも熊本戦で線審の微妙な判定に惑わされてゴール奪わ
れたり、福岡戦ではゴールライン越えてたっぽいシュートがゴール認め
られないとかもあった。1試合の中では有利不利がはっきり出てしまう
こともあるけれど、1シーズン通してみると、判定に助けられることと泣
かされることはトントンぐらいの割合に落ち着くものらしい。とりあえず、
この日の審判団は後でJリーグから相当怒られたであろうことは間違い
ないだろうけれど。


ジェフがザルなだけかもしれないけど、讃岐にここまで得点奪われると
いうのは予想の範疇を越えていた。1点目のFW11馬場賢治の地を這
うようなミドル、2点目の素早いリスタートから一発で裏をとられて決め
られたMF10高木和正のゴール、そして3点目の木島の直接FK。3点
とも見事なゴールだった。讃岐の1試合複数得点は4月2日の対湘南
戦(3-0)以来16試合ぶりだったのだとか。ジェフは讃岐とレギュラー
シーズンで対戦することはもうないわけだけど、讃岐の眠っていた攻撃
力を目覚めさせてしまったのだとしたら、これから対戦するチームにとっ
てはただただ迷惑なことなのかもしれない。


関連記事
「2016J2 千葉 vs 讃岐」
「2015J2 千葉 vs 讃岐」  「2014J2 讃岐 vs 千葉」
「2014J2 千葉 vs 讃岐」  「2013天皇杯 千葉 vs 讃岐」
「2010地域決勝 決勝R 三洋電機洲本-カマタマーレ讃岐」

2017年07月08日

2017J2 千葉 vs 大分

2017年7月1日(土)
J2リーグ第21節(フクダ電子アリーナ) 観客 9,298人

ジェフ千葉   (前半1-0、後半3-1)   大分トリニータ


いつものようにいつものごとく前半からボールを支配して攻め立て、前半
33分にはFW8清武功暉の左足シュートをGK21上福元直人がはじいた
ところにFW11船山貴之が詰めてゴール。後半開始早々にDF28乾貴哉
のクロスを清武がボレーでねじ込んで2点目を挙げると、後半20分には
コーナーキックからFW9ラリベイがきれいにヘッドで合わせて3点目。後
半28分に1点返されたものの、後半35分に再びラリベイが決めて4-1。

試合終盤には、リーグ戦初出場となる2種登録のFW34古川大悟、約1
カ月半ぶりの出場となったMF21ホルヘ サリーナスを試運転的に起用
する余裕もでき、フクアリのジェフサポーターを十分満足させることがで
きたであろう完勝劇だった。


何が一番うれしいって、ラリベイが2ゴール挙げて勝利に貢献したことだ
わ。ここまで思うように点が取れないラリベイのこと叩いてたサポーター
もいたけど、本来これぐらいはやれる選手なのよ。ずっとプレー見てて
潜在能力が高いのは素人目にもわかったもの。ただ、今まではシュート
撃てるような場面がほとんどなかったり、試合勘が鈍ってここぞというと
ころで決めきれなかったりというのがあっただけ。この日2点目となった
ボール浮かしてキーパーの頭越しに決めたゴールは見事だった。ラリ
ベイが覚醒してくれればチームは間違いなく上昇気流に乗ることができ
る。後半戦も頼むぞ。


これまでサポーター間で物議をかもしていたMF15熊谷アンドリュー
アンカー起用だが、この試合での熊谷は非常にいい動きで相手のパス
をカットするシーンがしばしばあり、これまでの低評価を覆すだけのプレ
ーはできていたと思う。後半19分にMF14アランダと交代してベンチに
下がったということでスタミナ面の不安はまだあるのかもしれないが、こ
れまで結果が出なくても辛抱強く使い続けてきたフアン・エスナイデル
監督の期待に応える働きぶりだったと思う。


この試合唯一の失点は、左サイドからMF7松本怜がゴール前へとグラ
ウンダーのクロスを入れ、それをゴール前に飛び込んできたFW9後藤
優介
がきれいに合わせてやられてしまったというものだった。見事なゴ
ールでGK23佐藤優也にとってはほぼノーチャンスだったんだけど、松
本にノープレッシャーでクロスを上げさせてしまったところで既に負けだ
ったなと思った。松本についていたDF4北爪健吾がもう少し体寄せてい
い形でボール蹴らせなければ防げていた失点だったのかもしれない。


この試合見てて改めてわかったこと。エスナイデル監督は、

ボールを保持して攻め立て、相手にプレッシャーをかけ続けろ。
守備?そんなもんこっちが攻めてれば相手の攻撃時間は短くなるだろ。
「攻撃は最大の防御」って言葉習わなかったか? 
とにかく相手より多く点取って勝てばいいんだよ。

という主義者だわ。福岡からドリブラーだけど守備に不安のある為田大貴
をレンタル移籍で獲得したのもおそらく監督の意向なのだろう。日本人だ
と弱点を補う手法をとりそうなところだけど、このアルゼンチン人の指揮官
は「ストロングポイントである攻撃力にさらに磨きをかける」という方向に舵
を切っている。薄々わかってはいたけど、もう守備には期待しないわ(苦笑)。
破壊的攻撃力で相手をとにかく殴り倒してくれ。この異端サッカーでどこま
で行けるのか見届けてみようって気には少しなってきたわ。


次のホーム讃岐戦。讃岐が前へ出てきてくれればそれだけ付け入る隙も
あるだろうが、おそらく守備重視の戦術でくるだろうと予想する。引いた相
手からどうやって点を取るのか。これを攻略できない限り、J2沼から抜け
出すことはできない。どういう試合を見せてくれるのか楽しみだ。



関連記事
「2015J2 千葉 vs 大分」 「2014J2 千葉 vs 大分」
「2012DAKKANジェフ vs大分(J1昇格プレーオフ)」
「ジェフ、J1昇格ならず」 「2012DAKKANジェフ vs大分」
「2011J2 ジェフ千葉-大分トリニータ」

2017年06月30日

ハシゴにスリリングな要素はいらんて

2017年6月24日(土)


前日、仕事終わりで小諸まで移動してきて宿泊。ほんとは軽井沢で泊ま
ったほうが移動効率はよかったんだけど、さすがに軽井沢には夜遅く着
いて泊まれるような安宿はなかった。


しなの鉄道  小諸 7:017:09 御代田

御代田駅から徒歩15分ほどで雪窓公園球場着。


「2017長野県中学総体東信大会 上田六中-佐久浅間中」
(試合開始8:21~試合終了10:01


10:05頃に球場を後にして御代田駅へと戻る。電車の時間までは結構
ギリギリだったので、走ったり歩いたりを繰り返しながら息も絶え絶えで
駅へとたどり着いた。Suicaなどは使えないので券売機でテクノさかき駅
までのキップを買っていると、駅員さんに声をかけられた。

駅員 「お客さん、どちらまで?」
自分 「長野方面、坂城までです」
駅員 「長野方面ですか…」
自分 「小諸まで行けば乗り換え接続ありますよね」

こんなやり取りを交わした。なんでそんなこと聞いてきたんだろうとも思った
が、電車が来る直前だったのであまり深くは考えずに改札済ませてホーム
へと入っていった。そして、駅員さんが聞いてきた意味は電車に乗ってか
らわかった。車内で、「上田~西上田間で人身事故が発生したので、小諸
から先は運転を見合わせています」という放送が入ったのだ。駅員さんは
自分にそのことを伝えたかったのかもしれない。確かに急いではいたが、
それぐらい聞く余裕はあったからそのとき教えてくれればよかったのに。


しなの鉄道  御代田 10:1910:28 小諸

毎日の通勤時もそうだけど、電車が不通になった場合に迂回経路を行くか、
その場にとどまって復旧を待つかという判断は結構難しい。小諸からだと
JR小海線に乗って佐久平まで行き、佐久平から新幹線で1駅の上田へ出
るという手もある。上田まで行ければあとは2駅なので、そこからタクシーを
使うこともできる。ただ、テクノさかきまでのキップをすでに買ってしまってい
た(御代田でキップ買う前に駅員さんが運転見合わせのことを教えてくれれ
ば、キップを小諸までにすることもできた)ので、小諸から先の分は無駄に
なってしまう。小諸から次に出発する小海線の電車は11:00ちょうどがあ
った。それまでに判断しなければと思っていたところ、

「(10:31発の電車が)田中まで動きます」とのアナウンスが流れた。田中
は小諸から2つ先の駅である。田中で完全に立往生してしまうといよいよ迂
回すらできなくなる。ただ、電車が止まった理由が電気系統トラブルとかだ
とほんとにいつ復旧するかわからないけれど、人身事故であればある程度
の時間が経てば復旧することは確かだ。そう考えて迂回策は捨てて、田中
まで動くという電車に乗ることにした。

結局田中でもしばらく停車したけれど、その後動き出したらあとは普通に動
いてくれて、当初の予定よりも約40分遅れでテクノさかき駅へと到着。そこ
から15分ほど歩いて12時ちょうどくらいに坂城町文化センターグランドへ
とたどり着いた。


「2017長野県中学総体北信大会 長野三陽中-長野犀陵中」
(試合開始12:43~試合終了14:11

もし御代田で10:19発に乗れなかった場合、次の電車は11:22までなか
った。11:22だと電車遅延もあわさった結果、12:43の試合開始には間
に合わなかった可能性が高い。御代田で必死こいて走って電車乗ったの
が結果的には幸いしたわけだ。まあ電車乗っているときは、「時間に余裕
あるから大丈夫大丈夫」と思っていたのでさほど焦ってはいなかったけど、
思いのほかスリリングなハシゴになってしまった。ほんと、広神行ったとき
のこと
思い出したわ。あのときほどではなかったけど、ヒヤヒヤするのはも
う勘弁だな。
posted by hiro at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | その他野球 | 更新情報をチェックする