2017年09月27日

2017J3 北九州 vs 富山

ミクスタメインスタンド   ミクスタバックスタンド

ミクスタ電光掲示板   北九州vs富山 試合中

海のボールパーソン   北九州vs富山 試合結果
海上には「海ポチャ」ボールを拾い上げる船が待機(通称「海のボールパーソン」)


2017年9月23日(土)
J3リーグ第24節(ミクニワールドスタジアム北九州) 観客 4,843人

ギラヴァンツ北九州   (前半0-1、後半0-1)   カターレ富山


試合始まってしばらくは互角の展開かなと感じていたが、だんだんと富
山のほうがボールはスムーズに回るようになり、それに伴って富山が押
しこむ流れへと変わっていったように思う。そんな流れから富山に先制
点が生まれたのは前半28分。左サイドからのフリーキックでゴール前
に送られたボールを、ファーサイドにいたMF14佐々木陽次が直接蹴り
込んでゴール。北九州の選手は一人だけ佐々木陽に対応していたが、
巧みに動き回ってマークをかいくぐり、フリーの状態を作り出した佐々木
陽が一枚上手だった。


後半に入ると前半の流れからは一変して、北九州が一方的に押し込ん
で富山ゴールへと迫るようになった。特に後半10分過ぎからは怒涛の
攻めと言っていいぐらい何度も決定機を作ったが決めきれなかった。
ただ、シュートは撃ってるんだけどことごとく枠を外していた。シュート精
度の低さに富山は助けられたという部分はあったのかもしれない。

後半は北九州が圧倒的に攻め込みながらもゴールを奪えず、1点ビハ
インドのまま迎えた後半アディショナルタイム。北九州は自陣ゴールに
近いところでパスカットされてボールを失うと、MF13佐々木一輝にミド
ルシュートを叩き込まれて万事休す。試合を決定づける2点目を奪った
富山が北九州を降し、6試合ぶりの勝点3を手にしたのだった。


J3の試合って今回初めて見たけど、一発で流れを引き寄せられるよう
な突出した存在の選手がいないからか、双方とも全員がハードワーク
して試合を自分たちのペースに引き込もうとしているなというのは感じ
た。技術的にはJ2より劣る(といっても両チームともつい最近までJ2に
在籍していたのだが)のかもしれないけど、泥臭いプレーの応酬でもそ
れはそれで見応えがあった。個人的には、風貌(顔中髭だらけで髪の
毛は後ろで縛っていた)から外国人かなと思っていた北九州の選手が、
普通に日本人(MF41刀根亮輔)だったのがツボだった。遠目からだと
どう見ても怪しげなスペイン人といった風情だったのだが…。
posted by hiro at 23:56| Comment(0) | サッカー(ジェフ以外) | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

2017九州地区大学北部九州二部秋季リーグ 久留米工大-折尾愛真短大

久留米工大vs折尾愛真短大   久留米工大vs折尾愛真短大 試合結果


第98回九州地区大学選手権 北部九州ブロック大会 二部一次リーグ

9月23日 鳥栖市民球場 試合時間 2時間30分

久留米工業大_101 100 010=4  11安打、4四_球、0失策
折尾愛真短大_001 200 000=3  _9安打、3四死球、0失策
(久) 澤邉〈4回〉、下川智〈2回〉、野﨑〈3回〉-伊妻、寺松
(折) 石本〈7回2/3〉、岩﨑〈1回1/3〉-向野

▽二塁打  西山、伊妻、山中、椛島(久)、岡本2(折)


久留米工大
(5)1 野﨑(敬徳4)
(9)_西山(飯塚1)
(D)4 杉原(祐誠2)
(3)_山中(長門3)
(7)_下川央(有明2)→2 寺松(祐誠3)
(6)_坂本(祐誠3)
(2)_伊妻(飯塚2)→R8 金栗(三井3)
(4)5 下川夢(熊本・城北1)
(8)_山下(武庫荘総合3)→H 椛島(祐誠1)→R7 徳永(唐津商2)→7 前田(飯塚1)
(P)_澤邉(佐世保実2)→下川智(佐賀学園1)→野﨑

折尾愛真短大
(8)_植松(稲築志耕館2)
(9)_瀧山(折尾愛真2)
(2)_向野:むくの(明徳義塾1)
(3)_田中(島根中央2)
(4)_田上(希望が丘1)
(7)_高鶴(飯塚1)
(D)_岩瀬(折尾愛真1)
(5)_吉田(飯塚1)→H 國武(八幡工2)→5 坪根(希望が丘1)
(6)_岡本(伊万里農林1)
(P)_石本(大分1)→岩﨑(大分1)
posted by hiro at 00:29| Comment(3) | 野球観戦(大学) | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

2017高校秋季福岡南部大会 沖学園-福岡工大城東

沖学園vs福岡工大城東   沖学園vs福岡工大城東 試合結果


第141回九州地区高等学校野球福岡南部大会

9月23日(4回戦) 小郡市野球場 試合時間 1時間56分

福岡工大城東_100 040 000=5  11安打、2四死球、0失策
___ 000 000 000=0  _5安打、2四死球、2失策
(福) 中村総-上村
(沖) 齊藤-平川

▽三塁打  竹之内(福)
posted by hiro at 23:57| Comment(0) | 野球観戦(高校) | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

2017J2 千葉 vs 水戸

2017年9月16日(土)
J2リーグ第33節(フクダ電子アリーナ) 観客 7,334人

ジェフ千葉   (前半1-0、後半1-1)   水戸ホーリーホック


ずっと降り続いていた雨が影響したのかはわからないけれど、水戸はパス
ミスが散見され、決していい出来ではなかったと思う。そんな相手から後半
5分までに2点をリード。だが、相手が流れを譲り渡してくれてるのに自分
たちもミスをして相手を生き返らせてしまうのが今のジェフ。ほぼ自滅に近
い形で後半25分に失点すると水戸が息を吹き返してしまい、最後の最後
までヒヤヒヤさせられる展開となってしまった。それでもなんとか逃げ切っ
て6試合ぶりに勝利は挙げたが、「もっとすっきりと勝てる試合だったのに」
という思いも残った。


これまでいいところを見せられていなかったMF13為田大貴がやっと自分
の持ち味を発揮できた試合だったように思う。前半早々から積極的にシュ
ートを放っていき、42分には左足からのクロスでMF18矢田旭の先制ゴ
ールをアシスト。この矢田のゴールは低めのクロスにうまく左足を振り抜
いて合わせた見事なダイレクトボレーだった。そして、後半5分には得意の
ドリブルからの右足シュートでゴールを決め、貴重な2点目をチームにもた
らした。

為田のプレー見てると、昨季までジェフに在籍していた井出遥也(ガンバ
大阪)の姿がダブるのよね。井出もドリブルで相手をかわしてフィニッシュ
まで持ち込むことのできる選手だった。守備がいまいちという似なくてい
いところまで似てるけど(苦笑)。井出や長澤和輝(浦和レッズ)といったド
リブルでボール運べる選手が今季のジェフには不在だったので、為田の
ような選手を戦力化できると大きいのよね。もっとも、水戸が為田を自由
にさせ過ぎてたという部分もあったのは確かではあるが。


失点を喫したシーンは、FW8清武功暉のバックパスをFW38前田大然
にかっさらわれて、飛び出してきたGKもかわされて無人のゴールに蹴り
込まれてしまったというものだった。前田には後半開始早々にもペナル
ティエリア内でGKがかわされてあわや失点というシーンがあった。あれ
決められてれば2-2のドローで終わってた可能性も十分あったと思う。
試合では圧倒してるのに安易なミスからの失点で自分たちの首を絞め
てしまっている。こういう失点している限り、今後上位争いに割って入っ
ていくのは難しいのではないかなという気がするな。


2試合の出場停止が明け、3試合ぶりに復帰したMF15熊谷アンドリュ
のプレーぶりはやはり安定していた。熊谷と同じく出場停止明けだっ
DF3近藤直也も戻ったことで、チームは落ち着きを取り戻したなとも
感じた。ちょっと驚いたのは、熊谷を後半25分で下げ、DF5多々良敦
を投入したことだった。多々良を熊谷が入っていたアンカーの位置に
そのまま据えたのだ。久々の出場となった多々良だったが、慣れない
ポジションながらも落ち着いてプレーできていたと思う。熊谷の代役不
在に悩んでいたフアン・エスナイデル監督が多々良に白羽の矢を立て
るとは思わなかったわ。というか、多々良まだ使う気あったのね(苦笑)

多々良のようになかなかチャンスを与えられない選手で、もう一度起用
してみてほしいのはFW16菅嶋弘希である。このままでは東京ヴェル
ディにレンタルバックとなってしまうのだろうけれど、昨季可能性を感じ
させるプレーを見せていた菅嶋を干してしまっているのはもったいなさ
すぎる。監督のやりたいサッカーの中に菅嶋が組み込まれていないの
はほんとに残念でならない。


関連記事
「2016J2 千葉 vs 水戸」  「2016J2 水戸 vs 千葉」
「2015J2 千葉 vs 水戸」  「2014J2 千葉 vs 水戸」
「2014J2 水戸 vs 千葉」  「2013J2 千葉 vs 水戸」
「2012DAKKANジェフ vs水戸」
「2012DAKKANジェフ vs水戸(アウェイ)」
「2011J2 ジェフ千葉-水戸ホーリーホック」
posted by hiro at 00:39| Comment(0) | サッカー(2017ジェフ) | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

八王子から小野路へ

9月10日(土)


途中、JR中央線の遅れなどもあり、京王相模原線の南大沢駅に着いた
のは10時過ぎだった。駅前にあるイトーヨーカドーへ行き、鯛焼きとパン
2個を購入。鯛焼きが朝飯、そしてそのときそうなるとは思ってなかった
が、パン2個が昼食と夕食になった。

それにしても…、以前南大沢来たときも思ったけど、駅周辺がほんとにお
しゃれな感じだよなあ。先日行った吉祥寺でも思ったけど、ゆっくり散策し
てみたいような街並みなんだわ。まあ実際には用事なくて来ることはない
だろうから、のんびりふらふらしたりってことはなかなかできないんだけど。


京王バス  南大沢駅 10:3210:40 西小学校前


出発前、運転手さんが降りてきて、「八学グランド以外へ行く人いませんか
あ?」とこれから乗ろうとしている乗客に声をかけていた。バスには第3試
合に出る都立東高校の選手とマネージャーさんたちが乗ろうとしていたこ
ともあり、それなりに混んでいたのだ。八王子高校上柚木グラウンドの最
寄りバス停である西小学校前よりも前で降りる人は優先的にバス前方に
乗ってもらい、円滑に下車できるようにという配慮だったらしい。

選手やマネージャーの集団を見て、ふと東高校ってどこにあるんだろうと
思った。あとあと調べてみたところ、江東区東砂にある学校らしい。荒川
挟んで反対側には江戸川区球場があるという立地である。だから東京で
もだいぶ東のほうにある学校なのよね。

なんとなくのイメージだけど、東京の春秋の予選で使われる試合会場は、
東京でも西部のほうに集中している気がする。東高校も江戸川区球場
が会場のブロックに入れば移動も楽だっただろうけれど、抽選の結果遠
路はるばる八王子まで試合しに来ることになったわけだ。しかもバスを
チャーターするでもなく普通に公共交通機関を使っての移動。「遠くまで
大変だね、ご苦労さま」とねぎらいの言葉の一つもかけたくなるわな。
実際は心の中でそう思っただけだったけど。


八王子高校上柚木グラウンド
八学上柚木G1   八学上柚木G2.


バス停からは徒歩5分程で八王子高校上柚木グラウンドに到着。高校
の練習グラウンドなんだから当然と言えば当然なんだけど、「見る場所
ないなあ」というのが率直な感想だった。

観戦スペースとなる通路はグラウンドよりも高い位置にあるので、基本
どこから見てもグラウンドを見下ろす形になる。ネット裏スペースにはパ
イプイスが用意されていたので自分はそこから見たけど、ネット裏はバ
ックネットの他に金網が間に入るので「二重ネット」のような感じになる。
これはかつて客席がなかった頃のジャイアンツ球場と似ているなと思っ
た。今では想像もできない感じだけど、ジャイアンツ球場も一昔前まで
はかなり厳しい観戦環境だったのよね。

あと、建物が邪魔で捕手は死角に入ってしまっていた。つまりネット裏
からだと捕手は見えないので暴投か捕逸かの判別はできない(これは
直近で行った球場だと豊橋市営球場もそうだった)。幸いにもそういう
判断を求められるシチュエーションはなかったけど、観戦のベストポジ
ションはネット裏ではなくどうやら三塁側寄りのほうらしい。


「2017高校秋季東京都一次予選 城西大城西-朋優学院」

(試合開始11:34~試合終了13:28


西小学校前バス停からの南大沢駅行きは13:25、橋本駅行きは13:
30
。ともに13時台はこれ1本しかない。ということで、選択の余地はな
く南大沢駅まで徒歩ということになった。上り坂はあるし、日差しはきつ
いしでかなり体力を消耗させられた。正確に時間は計ってなかったけど、
30分近く歩いたのかな。


京王相模原線_____南大沢 14:0314:09 京王永山
神奈川中央交通バス__永山駅 14:1614:33 下堤


バスは遅れていたので、実際に下堤に着いたときには14:40を過ぎ
ていた。5分程歩いて小野路球場に着くと、第2試合の日体大-明星
大はまだ終わっていなかった。というか、バスの車内で途中経過チェ
ックしたときは9回表で日体大が1点リードという状況だったが、その
9回表に明星大が追いついたようだ。そしてこの試合は延長13回ま
でもつれることになり、ちょうどいいタイミングで来たはずが1時間以
上待機ということになったのだった。


小野路球場
小野路球場1   小野路球場2


「2017首都大学秋季リーグ 筑波大-武蔵大」
(試合開始16:15~試合終了18:18


下堤バス停から鶴川駅方面へと向かうバスは、18時台は1時間に1
本しかない。18:33を逃すと次は19:33までなかった。いいタイミン
グで試合終わってくれて助かった。球場から鶴川駅までの距離は約
3.4キロ。真っ暗な中、その距離を歩く元気はなかったな。


神奈川中央交通バス  下堤 18:3318:46 鶴川駅


小田急線は渋谷区代々木付近での沿線火災の影響で遅れが出ており、
新宿~経堂間は不通になっていた。仕方ないので登戸まで行ってから
JR南武線に乗り換え、武蔵小杉経由で千葉方面へと帰ったのだった。

ちなみに、自分は小野路球場の試合に間に合わなかった場合、試合見
ずに帰るつもりだった。「あれ?小野路の試合スルーして小田急線で帰
ってたら、ちょうど火災に遭遇してた?」と思ったけど、そもそも下堤から
のバスが15:33までなかったので、小田急線の車両が火災に遭った
16時過ぎに新宿駅近くまで行ってることはあり得なかった。その時間だ
と新百合ヶ丘駅あたりにいただろうから、結局電車遅れには巻き込まれ
てただろうけれど。
posted by hiro at 02:27| Comment(4) | ノンジャンル | 更新情報をチェックする