2017年06月25日

2017長野県中学総体北信大会 長野三陽中-長野犀陵中

第56回長野県中学校総合体育大会夏季大会北信地区予選会
6月24日(3回戦) 坂城町文化センターグランド 試合時間 1時間28分

長野市立犀陵中(長水地区)
____000 000 4=4  6安打、2四球、1失策
____000 000 1=1  4安打、3四球、1失策
長野市立三陽中(長水地区)
(犀) 栗木-清水
(三) 竹下-高橋彪

▽三塁打  佐藤、清水(犀)、竹下(三)  ▽二塁打  栗木2(犀)
posted by hiro at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球観戦(中学) | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

2017長野県中学総体東信大会 上田六中-佐久浅間中

平成29年度 第56回長野県中学校総合体育大会夏季大会
東信地区予選会<軟式野球の部>

6月24日(1回戦) 御代田町営雪窓公園球場 試合時間 1時間40分

佐久市立浅間中(佐久地区Bブロック3位)
____000 000 0=0  0安打、7四球、2失策
____002 000 X=2  3安打、1四球、0失策
上田市立第六中(上小地区2位)
(浅) 依田一-清水
(上) 阿部-寺島
posted by hiro at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球観戦(中学) | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

京都グルメ侮りがたし

第2試合終了とともに観戦を切り上げ、わかさスタジアム京都を後にした。
最寄りの西京極駅から阪急京都本線に乗って烏丸駅まで移動。烏丸駅
から地下道で直結している大丸京都店へと赴いた。ここで阿闍梨餅とガ
トーフェスタハラダでも大丸京都店でしか販売していないというティグレス
マッチャ
という商品を購入。


大丸京都店での買い物を終えた後、すぐ近くの錦市場へと移動。時刻は
15時半過ぎくらいだったと思うが、狭い路地は人でごった返していた。
ここで食べ歩きをしようと思っていたのだが、腹を決めて入っていかない
と大変だわこれは、というぐらいの人込みだった。


とりあえず錦市場の一番外れにある錦天満宮まで歩いた後、戻る形で
食べ歩き開始。といっても言うほど食べてはいないけど。食べたのは、

ロンドン焼(ロンドンヤ)←これは錦市場ではなく、新京極のお店
黄身餡ぱ(三木鶏卵)、はも天(魚力)、トロサーモンのづけ(鮮魚木村)、
チョコレートコロッケ(井上佃煮店)
ラー油きくらげ(京こんぶ千波)←これはその場では購入しただけで、帰宅後に食べた

食べた中では、はも天が感動するくらい美味かった。これだけ食べる
ためにまた錦市場来てもいいわと思えるぐらいの代物だった。食べた
後、お店で売ってたはも寿司も買おうかと思ったけど、大丸京都店で
買ったものプラスラー油きくらげも購入していたので、持ち帰るものが
増えすぎてしまうこともあって断念した。


帰宅後、阿闍梨餅とティグレス マッチャを食べてみた。阿闍梨餅は
食べたことあるので美味いことはわかってたけど、ティグレス マッチ
ャの美味さには驚かされた。ガトーハラダ恐るべし。こんなハイクオ
リティーなものを大丸京都店限定で売っていたとは…。たまたま事
前調べでみつけて今回購入したんだけど、これは京都行ったら必
ず買わなきゃいけないなと自分の中ではインプットされた。

おそらく、野球場巡りと同じように商店街食べ歩きの全国行脚をし
てる人とかも世の中にはいるんだろうな。そのジャンルもちょっと魅
力あるなあ。ちょっと足踏み入れてみたい領域ではあるかも知れな
いなと、今回錦市場へ行ってみて感じたのだった。
posted by hiro at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

2017全京都大学トーナメント 龍谷大-花園大

花園大・大江克哉投手   龍谷大vs花園大 試合結果
花園大 大江克哉 投手(3年・塔南)


第25回全京都大学野球トーナメント大会

6月17日(ファーストステージ第1日 1回戦)
わかさスタジアム京都 第2試合 試合時間 2時間00分

__大(関西六)_000 010 000=1  7安打、2四球、0失策
__大(京_滋)_001 000 01X=2  9安打、1四球、0失策
(龍) 古口〈8回〉-柴本
(花) 青山〈5回〉、大江〈4回〉-河本

▽二塁打  柴本、川井、相方(龍)


__
(8) 堀口(近江3)
(4) 相方(崇徳4)
(3) 正木(龍谷大平安2)
(D) 宮崎(敦賀気比4)
(9) 寺崎(天理3)
(7) 吉田(東海大仰星4)
(5) 川井(広陵3)
(2) 柴本(東洋大姫路2)
(6) 的場(大阪偕星学園1)
(P) 古口(福岡大大濠2)

__
(9) 福原(福井工大福井2)
(6) 三森(北大津3)
(4) 山田(北大津3)
(2) 河本(京都学園3)
(5) 小西(北嵯峨3)
(3) 多田(松山商3)
(7) 原田(光泉3)
(D) 中井(東山3)
(8) 福原(福井工大福井3)
(P) 青山(龍谷大平安3)→大江(塔南3)


花園大は3回、二死二塁から2番三森の右翼線適時打で1点先制。1点を
追う龍谷大は5回、一死二塁から8番柴本がセンター前に弾き返す適時打
を放ち、1-1の同点に追いつく。その後膠着状態の続いた試合が動いた
のは8回、花園大は二死満塁から6番多田の左前適時打で1点勝ち越
し。9回は6回から登板していた大江が龍谷大打線を三者凡退に打ち取っ
て試合終了。花園大が龍谷大との接戦を制し、勝利を収めた。


花園大では2番手で登板した大江の投球が目をひいた。ストレートはコン
スタントに140台中盤を記録し、1球だけだったが最速で148キロを記録。
4イニングを2安打1四球無失点に抑え、チームを勝利へと導いた。まあ
大江は自分があまりよく知らなかっただけで、昨年の大学選手権初出場
にも大きく貢献しており、全国舞台も踏んでいるわりと有名な投手らしい。


龍谷大は春季リーグでもエース格だった古口を先発に立て、必勝を期し
てこの試合に臨んでいたようだが競り負けて1回戦敗退に終わった。接
戦の場合ミスしたほうが負けるとはよく言われるけれど、龍谷大は2回
二死一・三塁で一塁走者が牽制死。5回二死二塁でも牽制死でチャン
スを潰し、流れをいまいち引き寄せることができなかったように見えた。

また、守備面でも8回裏一死満塁の場面でショートへのゴロをショートが
前にこぼし、本塁はかろうじてアウトにしたものの併殺は取り損ね、次打
者に勝ち越し打を浴びてしまった。春季リーグ最下位からの出直しを図
る龍谷大にとっては課題の残る試合だったのではないかと思う。
posted by hiro at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球観戦(大学) | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

2017全京都大学トーナメント 京大-京外大

わかさスタジアム京都外観   全京都トーナメント表

京大vs京外大   京大vs京外大 試合結果


第25回全京都大学野球トーナメント大会

6月17日(ファーストステージ第1日 1回戦)
わかさスタジアム京都 第1試合 試合時間 2時間00分

____大(関西学生)_000 210 000_=3  8安打、5四球、4失策
京都外国語大 (京滋二部)_201 000 001x=4  8安打、2四球、1失策
(京大) 長谷川-立平
(京外) 島-五十嵐

▽三塁打  前阪(京外)  ▽二塁打  西(京大)、上田(京外)


__
(8) 中村(天王寺2)
(9) 西村(膳所2)
(7) 石川(国立2)
(4) 西(京都市立西京2)
(6) 澁木(刈谷1)
(D) 原(彦根東1)
(2) 立平(浅野1)
(5) 北野(北野1)
(3) 泉(洛星2)
(P) 長谷川(岐阜2)

京都外大
(6) 高本(世羅1)
(5) 丸山(京都外大西4)
(8) 上田(京都外大西2)
(3) 前阪(星林4)
(9) 山田(貴志川4)
(2) 五十嵐(小樽潮陵1)
(4) 車田(早稲田摂陵1)
(D) 奥(法隆寺国際1)→HD 川﨑(麗澤瑞浪1)
(7) 下田(近江兄弟社1)
(P) 島(伏木3)


京外大は初回、一死二・三塁から4番前阪の中前適時打で2点先制。
3回は二死二塁からまたも前阪が右中間を破る適時三塁打を放ち、3
点目。対する京大は4回、二死一・二塁から8番北野の左前適時打で
1点返す。続く9番泉は四球でつないで満塁から1番中村の二ゴロを
セカンドがエラーして2点目。5回は一死三塁から5番澁木の左犠飛で
三塁走者が生還し、試合を振り出しに戻した。

6回以降は点が入らないまま迎えた9回、京外大は一死一・三塁という
一打サヨナラの好機をつかむと、9番下田の打ったあたりは高いバウン
ドでショートへ。京大のショート澁木は体勢を崩しながらも必死に本塁へ
送球したが、送球は乱れて本塁へ届かず、その間に三塁走者が生還。
京外大がサヨナラゲームで京大を降し、翌日の2回戦へと駒を進めた。


サヨナラ勝ちの京外大、9回は一死から7番車田が四球を選んで出塁。
続く8番川﨑の右前安打で車田が一気に三塁まで進塁できたのが大き
かった。川﨑のライトへの一打はさほど深いあたりではなく、一瞬暴走
かとも思われたが三塁は間一髪でセーフ。この車田の好走塁によって
サヨナラ勝ちを呼び込むことができたといっても過言ではないだろう。

試合中、「なんか声張り上げてる選手がいるな」と思い、誰だろうと思い
ながらグラウンドを注視してみたところ、京外大のサード丸山だと判明。
守備時には味方を鼓舞する感じで声を出し、その様は「やかまうるさい」
という形容がぴったり当てはまる感じだった。ユニフォームも真っ黒に汚
し、打席では気持ちいいぐらいのフルスイング。丸山からは、主将では
ないけれど4年生としてチームを率先して引っ張っていこうという気概が
感じられた。部員が20人前後と小所帯の京外大にとって、丸山はチー
ムのムードメーカーとしても必要不可欠な存在なのかもしれない。


この試合は10時試合開始だったが、京大は同日13時から自校グラウ
ンドにて東大との定期戦も重なっていた。そのため、この試合には1・2
年生中心の新人戦仕様のメンバー構成で臨んでいた。「京外大との差
は試合経験だったかな」と試合後に近くにいた観客が評していたが、そ
ういう面も実際あったのかもしれない。

先発の長谷川は3回までに3失点したがその後立ち直り、4回から8回
までの5イニングは2安打無失点に封じ込んだ。9回は不用意に与えた
四球をきっかけにサヨナラ負けを喫してしまったが、全体的にはよく投
げたと言っていいのではないかと思う。打線は、2点取った後の4回と6
回に満塁の好機を逸したのをはじめ、三者凡退に終わった3回と9回を
除く7イニングで得点圏に走者を進めながらもあと1本が出なかった。
posted by hiro at 17:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球観戦(大学) | 更新情報をチェックする