2017年08月14日

2017J2 千葉 vs 山口

2017年8月11日(金・祝)
J2リーグ第27節(フクダ電子アリーナ) 観客 11,550人

ジェフ千葉   (前半0-0、後半2-1)   レノファ山口FC


1点リードの後半44分にPKを与えてしまい、FW9岸田和人に決められ
て同点に追いつかれてしまった。土壇場でPK阻止して勝利をつかんだ
ホーム讃岐戦の再現はならなかった。とはいえ、PK献上してしまった時
点で同点にはなるだろうと覚悟はしていた。アディショナルタイムは4分
と掲示されたのを見て、「1回ぐらいは得点チャンス巡ってくるかもしれな
いので、それをいかせるかどうかだな」と冷静に考えていた。そして現実
にそのチャンスは巡ってきた。

右サイドでボールを持ったMF13為田大貴が、ゴール前に位置していた
FW50指宿洋史にクロスを送る。指宿は倒れこみながらもそのボールを
ヘッドでそらし、ボールは逆サイドにいたDF3近藤直也へ渡る。近藤もヘ
ッドでゴール前にボールを送ると、そこへ走りこんできたFW8清武功暉
がヘディングシュート。これが見事に決まってアディショナルタイム3分の
ところでジェフは勝ち越しに成功。この清武のゴールが値千金の決勝ゴ
ールとなり、ジェフは最後の最後で貴重な勝点3を掴み取ったのだった。


劇的な決勝ゴールの場面、ゴールを決めた清武とアシストした近藤も確
かに評価できるのだけど、一番自分が唸らされたのは指宿のヘッドでの
パスかな。為田からきたボールは足元をめがけて蹴ってきたのかなと思
ったが、それを指宿は前に倒れこむような形からのバックヘッドによって
近藤へとつないだ。身長195cmもある指宿が瞬間的にあのプレーを選
択したってのがすごいわ。おそらく周りがしっかり見えてたのだろうな。

また、後で試合映像確認して驚いたのは、清武のゴールが決まった瞬間
にベンチからコーチやリザーブの選手たちが一斉に走ってきて清武の周
りを取り囲んだんだけど、その中で一番はしゃいでたのがフアン・エスナ
イデル監督
だったことかな(笑)。土壇場での起死回生の勝ち越しゴール
ではあったわけだけど、歓喜の輪の中に一緒に飛び込んでいったジェフ
の指揮官の姿を見たのはおそらく初めてだわ。采配云々いろいろ思うと
ころはあるけれど、あの姿見ただけでエスナイデル監督の好感度が自分
の中では上がったわ。今年のキャッチフレーズである「パシオン(情熱)」
を監督自ら体現していたんだな、あれは。


試合としては、前半は特にどちらが押していたというわけでもなく特段取
り上げるところもない感じだったが、後半はジェフが幾度もチャンスを作
りながらも決定機を外しまくってしまったという印象だった。シュート数は
ジェフ20本に対し山口はわずか5本。この数字からも引き分けてはいけ
ない試合だった。だから最後勝ちきることができてほっとしたのもまた事
実だった。


関連記事 「2016J2 千葉 vs 山口」
posted by hiro at 23:14| Comment(0) | サッカー(2017ジェフ) | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

2017ソフトボールフェスタ in ちば 男子日本代表-男子リーグ選抜

ZOZOマリンスタジアム   代表vsリーグ選抜1

代表vsリーグ選抜2   代表vsリーグ選抜 試合結果

日本代表選手一覧   日本リーグ選抜選手一覧


男子ソフトボールの自分の知識って、「闘犬センターというチームがあった」
ぐらいしかなかったりする。今回改めて調べてみたら、その闘犬センターも
既に15年ぐらい前にチームはなくなっていた。2004年から東日本と西日
本に分かれてリーグ戦を行っていることも知らなかったし、チーム名を聞い
てもひとつもわからなかった。それぐらい縁遠い存在だったわけだけど、今
回千葉で試合をするにあたって先日見た女子との違いを確認したかったこ
ともあり、ZOZOマリンスタジアムに足を運んだのだった。


8月6日 ZOZOマリンスタジアム 試合時間 1時間46分

男子日本リーグ選抜_010 000 0=1  2安打、0四球、0失策
男子 TOP JAPAN_ 210 010 X=4  9安打、5四球、0失策
(リーグ) 寺原〈2回〉、浅野〈2回〉、櫻田〈1回1/3〉、立石〈2/3回〉-北澤、黒岩
(代_表) 松田〈3回〉、高橋〈2回〉、岡崎〈1回〉、山脇〈1回〉-片岡、大石

▽本塁打  松田(代表=1回2ラン)、池田(リーグ=2回ソロ)
▽二塁打  森田(代表)


男子日本リーグ選抜
(6)_(平林金属/日体大)→6 西岡(豊田自動織機/松山工高)
(4)_下井倉(デンソー/鹿屋農高)→4 橋本(ジェイテクト/徳島科学技術高)
(8)2 黒岩(トヨタ自動車/大村工高)
(5)_筒井(大阪桃次郎/日体大)→5 野中(オール福岡/日体大)
(D)1 立石(高知パシフィックウェーブ/日体大)
(7)_池田(愛媛ウエスト/広島経済大)→7 乗本(ダイワアクト/立命館大)
(2)_北澤(埼玉県庁クラブ/早大)→H8 古賀(日本エコシステム/日体大)
(9)_西角(大阪グローバル/神戸学院大)
(3)_高野(大阪桃次郎/日体大)
(P)_寺原(旭化成/日向工高)→浅野(ホンダエンジニアリング/中部大一高)
__→櫻田(トヨタ自動車/大村工高)→立石

男子 TOP JAPAN
(7)_森田(豊田自動織機/須崎工高)
(4)_澤田(大阪桃次郎/国士舘大)→H5 米良(旭化成/延岡学園高)
(3)_浦本(ホンダエンジニアリング/国士舘大)→3 小見山(平林金属/岡山商大)
(1)D 松田(平林金属/京産大)
(9)2 大石(ホンダエンジニアリング/大村工高)
(8)_川田(旭化成/日向工高)
(2)_片岡(高知パシフィックウェーブ/日体大)→9 床井(ホンダエンジニアリング/文星芸大附高)
(6)_古敷谷(高知パシフィックウェーブ/日体大)
(5)4 糸瀬(ホンダエンジニアリング/大村工高)
(P)_松田→高橋(高知パシフィックウェーブ/日体大)→岡崎(大阪桃次郎/明徳義塾高)
__→山脇(デンソー/高知工高)


日本代表は初回、二死一塁から4番松田の右越え2ランHRで先制。
2回は、リーグ選抜が6番池田の中越えHR、日本代表は二死三塁か
ら2番澤田が中前適時打を放ち、1点ずつ取り合う。2点差のまま進ん
だ試合が動いたのは5回、日本代表は無死二・三塁から5番大石がサ
ードを強襲する適時打を放って4点目。その後スコアは動かず、4-1
で日本代表が勝利を収めた。

日本代表9安打、リーグ選抜2安打という結果が示す通り、2回までに
6安打した日本代表のほうがよく振れていたという印象だった。リーグ
選抜は、4回以降一人も走者を出すことができずに終わってしまった。


ソフトボールは中堅と両翼までの長さは基本同じなんだとか。先日見た
女子は67mだったのに対し、男子は76m。それでもこの試合では2本
サク越えのあたりが飛び出した。女子と男子の一番の違いはやはりパ
ワーに差があるところなのかな。男子の場合、ツボにはまると軽くオー
バーフェンスしてくる。その他にも、ファウルボールや打ち上がったフラ
イを見ても女子と比べて飛距離が出てるのは明確にわかった。でも、
パワー勝負だと外国勢相手には分が悪い気もするけどどうなんだろ。

ZOZOマリンのスコアボードには球速表示があって、この試合でも使用
されていた。ファストボールは120キロ台中盤、チェンジアップ系の球は
80~90キロ台が概ねのアベレージだった。野球に比べるとマウンドか
らホームベースまでの距離は近いので、球速30~40キロほど差のあ
る球を打ち返す打者には、それなりの技量が求められるよなと改めて
思ったのだった。
posted by hiro at 00:08| Comment(0) | ソフトボール | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

2017女子ソフトボール強化試合 NZ代表-日立

女子ソフト強化試合   ソフトボール仕様のゼットエーボールパーク

ニュージーランド代表のハカ   NZ代表vs日立 1
試合前、「ハカ」を披露するニュージーランド代表の選手たち

NZ代表vs日立 2   NZ代表vs日立 3

NZ代表選手一覧   日立選手一覧


7月23日 ゼットエーボールパーク 試合時間 1時間19分

ニュージーランド代表_000 00=_0  _4安打、1四_球、1失策
日立サンディーバ__ 222 5X=11  14安打、2四死球、0失策
(ニ) ホワイト〈2回1/3〉、ベッグ〈1回2/3〉-グラディン
(日) 泉花穂〈5回〉-清原

▽三塁打  槌谷、倉本、田邊(日)


ニュージーランド代表
(8)_モーレンドーフ(#7)
(4)_クーパー(#14)
(9)_ホアニ(#25)→R ウェラヒコ(#24)→9 ホアニ(*再出場
(1)D ホワイト(#19)
(5)_アンドリューズ(#9)
(6)_ブレイクウェル(#3)
(2)_グラディン(#23)
(3)_ハーン(#4)
(7)_テュアラ(#10)
(P)_ホワイト→ベッグ(#18)

日立サンディーバ
(8)_槌谷(日体大)
(7)_田邊(環太平洋大)
(5)_林(京都西山高)
(6)_倉本(木更津総合高)
(3)_松畑(日体大)
(2)_清原(園田学園女子大)
(D)_鈴木(日出高)
(9)_市川(日出高)
(4)_松岡(京都西山高)
(P)_泉花穂(早大)


初回から日立がヒットを連ねて着々と得点を重ねていった。初回から4回
までに毎回の14安打をニュージーランドの2人の投手に浴びせ、得点は
5番松畑の3打席連続適時打をはじめとする8本の適時打で10点プラス
犠飛による1点の計11得点。問答無用の完勝だった。日本の女子ソフト
ボールって自分が考えてた以上にめちゃめちゃ強いのかな? ニュージ
ーランドは世界ランキング5位なんだけど、この相手を日本リーグの単独
チームが完膚なきまでに叩きのめしてしまうのだから。

ニュージーランドは、試合直前になって先発投手がホキアンガから4番DP
指名選手)に入っていたホワイトへ変更となったようだ。ホキアンガに何か
アクシデントがあったのかもしれないが、急遽マウンドに上がったのであろ
うホワイトは準備不足からか日立打線の餌食となってしまった。打線もわ
ずか4安打と振るわなかったが、先頭打者のモーレンドーフは「走り打ち」
も見せつつ2安打を放ち、攻撃陣の中ではただ一人存在感を示していた。


ソフトボールを生観戦したのは今回初めてだったけど、野球見慣れてる
せいか、やはり塁間が短いなと感じた。一瞬、「これゴロ転がったらみん
な内野安打になるんじゃないの?」と思ったが、野手も相当前に守って
いるので内野安打が頻発するということはなかった。また、「外野の間
抜けたらみんなランニングホームランか?」とも思ったが、仮設フェンス
に両翼67m(センターは表示なし)の表示があり、めちゃ広いわけでも
ないからか、外野抜けるあたり打った選手も三塁までは行けても一気
に本塁までとはならなかった。

投手は、スピードボール投げてくるのと同じ腕の振りでチェンジアップ投
げてくるのがすごすぎるわ。打者は基本スピードボール待ちなんだろう
けど、そこにチェンジアップ混ぜられるとタイミングとるの異様に難しそう。
最初からチェンジアップ待ちであれば打てるんだろうけどね。投手として
は、どのタイミングでチェンジアップ使うかというのも打者との駆け引きの
ひとつなんだろうな。
posted by hiro at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトボール | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

2017J2 千葉 vs 金沢

2017年7月22日(土)
J2リーグ第24節(フクダ電子アリーナ) 観客 9,799人

ジェフ千葉   (前半2-0、後半0-0)   ツエーゲン金沢


前半4分にFW8清武功暉からのクロスをFW9ラリベイがヘッドで決めて
1点先制。ラリベイのヘディングシュートは、コースはさほど厳しくなかった
ものの弾道自体が速かったため、GK23白井裕人は反応できなかった。
また、DAZNの中継の解説者も言っていたが、ラリベイはケンペスのよう
な高さと強引さで決めきる空爆タイプではなく、瞬間的なタイミングで相手
ディフェンスをうまくかわしてフリーの形を作る。だからディフェンスに挟ま
れていてもその間隙を縫って決めきってしまえるのだろう。

その後もジェフが攻める時間が長く続いたがなかなか攻めきれず、「ちょ
っとこのまま前半終わると嫌な流れだな」と思っていた。すると前半アディ
ショナルタイムに、相手ゴール前でのボールの奪い合いからわずかに抜
け出したMF10町田也真人が左足でシュート。これがゴール隅に決まっ
てジェフは貴重な追加点を挙げた。今季の也真人は清武、ラリベイと点
取り屋がいることもあって、フィニッシャーはそちらに任せて基本はゴー
ルのお膳立てをする側に回っている。ただ、この場面では撃つならここし
かないというタイミングでのシュートをよく決めてくれたと思う。


後半も幾度かゴールチャンスはあったけれど、それはことごとく白井に防
がれてしまった。少なくとも2~3点は白井の好守によってゴールを阻ま
れており、敵ながら見事だわと唸らされてしまった。白井、いいキーパー
だわ。一方、ジェフのGK23佐藤優也も前半、FW9佐藤洸一にペナルテ
ィエリア内深くへと侵入され、そこからのラストパスからシュートを浴びる
も何とか弾き出す。後半もディフェンスの裏をとられてMF15宮崎幾笑
1対1の場面があったが、相手が頭の上を狙ってきたシュートに何とか触
り、ゴールを割らせなかった。


この試合、特に後半の金沢の狙いは明白だった。GKから最前線の選手
へと素早いフィードを送る。ここでジェフのディフェンスをかわせれば、た
ちまちゴール前でGKと1対1の状況を作れる。だから金沢は愚直にこの
攻めを繰り返してきていた。だが、ジェフもさすがにこの攻めは読んでお
り、相手FWを簡単にフリーにさせる状況は作らせなかった。どうやら金
沢は試合前練習のときからこの形を何度も練習していたようで、ジェフ対
策として特別に仕込んでいた策だったようだ。実は結ばなかったけれど、
今後もこの仕掛けをやってくるチームはあるかもしれないな。


結局試合は2-0で終了。ジェフはホーム無敗(12戦7勝5分け)を維持
することができた。次節からは四国アウェイ2連戦となる。7月29日が愛
媛、8月5日が徳島との対戦。ホームではともに勝利した相手だが、なに
せジェフはアウェイで3勝8敗1分けと大きく負け越しており、試練の2試
合となることが予想される。攻め倒して勝点持ち帰ってこられるか、それ
とも…。


関連記事
「2016天皇杯 千葉 vs 金沢」
「2016J2 千葉 vs 金沢」 「2015J2 千葉 vs 金沢」

2017年07月20日

2017神奈川2回戦 私的注目カードは麻布大付が勝利

地名がついたごく平凡な名称の高校出身の自分にとって、カタカナ名
称の高校には異様に関心があったりする。聖隷クリストファーは見て
みたいと思いつつもいまだに観戦できていない。今夏はオイスカと横
須賀の「スカスカ対決」を磐田城山球場に見に行こうかとも考えてい
たが、結局実現はしなかった。アレセイアも数年前からマークしてい
て、今回ようやくタイミングがあったというわけだ。

麻布大付は、3年前まで麻布大渕野辺という高校名だった。自分にと
っては、麻布大学も渕野辺という地名も全く縁もゆかりもないけれど、
逆に謎過ぎて興味を惹きつけられていた部分はあった。ちょっと調べ
てみたところ、麻布大学って今話題の獣医学部がある大学なのね。
完全に理系の大学なので自分とは縁遠いのも当然と言えば当然だっ
た。ちなみに麻布大学と麻布高校は別法人であり、関係はないらしい。


第99回全国高等学校野球選手権神奈川大会

7月16日(2回戦) 
サーティーフォー保土ヶ谷球場 第2試合 試合時間 2時間42分

アレセイア湘南__000 000 200=2  _5安打、2四球、2失策
____000 303 20X=8  13安打、5四球、0失策
(ア) 村岡〈4回0/3〉、井深〈3回〉、駒澤〈1回〉-平野
(麻) 永井〈6回〉、野水〈2/3回〉、射水〈1回1/3〉、永井〈1回〉-幡生

▽本塁打  射水(麻=7回2ラン)
▽二塁打  廣田、宇留志、佐藤(ア)、藤崎、大内、米田(麻)


麻布大付は4回、一死二塁から4番幡生(#2)の左前適時打で1点先制。
5番藤崎(#3)が左越え二塁打で続き、二・三塁から6番大内(#9)の左
前適時打で2点目。さらに7番萩原(#5)のスクイズがバントヒットとなって
3点目。6回には二死一・二塁から1番川村(#7)の左前適時打に送球エ
ラーが重なり、二者生還。なおも安打と四球で満塁から振り逃げの間に三
塁走者が還り、この回計3点。

6点を追うアレセイアは7回、二死一塁から4番廣田(#3)の左越え適時
二塁打で1点返すと、5番宇留志(#7)もセンター左への二塁打で続いて
もう1点。2点返して点差を4点に縮めたが、麻布大付はすぐさま射水(#
10)がレフトへ2ランHRを放ち、点差は再び6点に。アレセイアは8回9
回も走者を出したものの得点は挙げられず、スコアは動かないまま試合
終了。麻布大付が8-2でアレセイアを降し、3回戦進出を決めた。


「ここで代えるかあ」と思わずため息をつきそうになった。6回裏の攻撃で
3点加えてリードを6点に広げたところで、麻布大付ベンチはここまで1四
球を与えたのみで無安打投球を続けていた先発の永井(#1)をライトへ
回し、2番手として野水(#11)をマウンドへと送った。麻布大付の監督
としては、点差がついたのでエースを少しでも休ませ、次の試合に備え
て控え投手に夏の大会のマウンドを踏ませようと考えたのだろう。ベンチ
ワークとしては間違っていないし、その考え方も理解はできる。でもねえ、
永井が素晴らしい投球をしていたので、どこまでいけるのか見てみたい
という思いも自分にはあった。だから交代したときはちょっと残念に思っ
たのだった。

アレセイアは、先発の村岡(#1)が3回まで麻布大付打線を1安打無失
点に抑えていたが、4回に3点を献上。5回の先頭打者に内野安打を許
したところで降板となった。確かに麻布大付・永井投手の出来を見た感
じでは、アレセイアの監督があの時点で「3点以上点差が広がると追い
つくのが困難になる」と考えてもおかしくはなかった。だから目先を変え
るために継投に入ったのだろうけれど、結果的には村岡をもう少し引っ
張ったほうがよかったのかなと思った。村岡は4回に連打こそ浴びたけ
れどまだまだボールに力はありそうだったし、せめて守備には残してお
いたほうがよかったのかなと。


永井を降ろした麻布大付は7回8回を投げた2人の投手が精彩を欠き、
眠っていたアレセイア打線に火をつけてしまった感じになり、9回は永井
を再びマウンドに上げざるを得なくなった。一方のアレセイアも継投によ
って失点を防ぐことはできなかった。ともに継投策がうまくはまらず、双
方の監督ともに思惑とは少し違った展開となってしまった試合だったの
かなと思う。
posted by hiro at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球観戦(高校) | 更新情報をチェックする